AltiumLiveが復活...お見逃しなく!

Judy Warner
|  投稿日 August 25, 2021  |  更新日 September 6, 2021
AltiumLive Connect 2022の紹介

AltiumLiveが復活します。一段と充実して!

AltiumLiveが復活したことをお知らせします!例年10月に開催されるユーザー カンファレンスの計画を、多くの方が心待ちにしていました。AltiumLive San Diegoは、公衆衛生状況の変化などのさまざまな理由から2022年1月26 ~ 28日に変更されました。 

まったく新しい拡張形式で行われるAltiumLiveは、直接参加もオンライン参加も可能なハイブリッドなカンファレンスになる予定です。現在、ヨーロッパでは、直接参加のカンファレンスを復活させることはできませんが、2022年のカンファレンスでは、ライブストリーミング、ライブイベントとの双方向体験、オンデマンド コース、trackによって、グローバルなAltiumLiveコミュニティにアクセスを提供し、コミュニティにふさわしいものにする予定です。

学び、関係を深め、アイディアを共有 (継続の予定)

昨年のイベントのフィードバックに基づいて、参加者が最も価値を感じているもの、つまり優れた基調講演、Altium DesignerとAltium 365のトレーニング、専門的な開発のdesign trackを引き続き提供する予定です。また、皆さまの知識と技術を次のレベルに引き上げる新しいtechnology trackのラインナップも作成済みです。 

もちろん、AltiumLiveに「魔法」を宿らせてきた「楽しさ」という旗印を私たちが追い求めていることも忘れてはなりません (ロボットバトルの戦士やZoomルームのグルーピーの登場を期待しています!)。 

新しい場所、新しい没入型体験

PCB設計を成功させるには単に回路基板をレイアウトするだけでは不十分であることを、設計技術者は知っています。電源分配の管理方法、プログラミング、テスト、シミュレーション、シグナルインテグリティー、EMI/EMC、サプライチェーン インテリジェンス、製造の注意事項に対する理解はどれも、エレクトロニクス製品やシステムの全体的な成功につながるものです。 

エレクトロニクスの卓越した設計と開発は、人、ツール、機器、サービスが密接に結合したエコシステムの状況下で実行されるものですが、各エンティティが切り離され、プロセスがばらばらになっていると感じることがよくあります。この問題への取り組みを念頭に置いて、私たちは今年のカンファレンスを「AltiumLive 2022 Connect」と名づけ、密接につながったエコシステムをお届けします!前に述べたように、弊社は組み込みシステム、シミュレーション、EMC、サプライチェーン ソリューション、製造などのトピックをカバーするtechnical trackを開発しています。

さらに、サンディエゴ コンベンション センターで開催されるIPC APEX EXPOとの同時開催が決定しました。この没入型体験は、世界最大のPCB製造トレードショーとカンファレンスでIPCに直接、触れる機会をもたらすものです。オプションとして、AltiumLiveが始まる前に開催されるカンファレンス企画に参加するよう、別途登録することも可能です。


今後の予定
今のところ必要なことは、カレンダーに印をつけて予定を空けておくことだけです!イベントが近づいたら、新しいAltiumLive 2022 ConnectのWebサイトにサインアップして、最新情報を入手してください。

それまでは、AltiumLiveのWebサイト、電子メール、ニュースレター、ポッドキャスト、すべてのソーシャルメディア チャンネルを通して、さらにエキサイティングなニュースをお楽しみください。AltiumLive 2022 Connectで再び皆さまとご一緒できますことを、アルティウムのチーム一同で楽しみにしています!
 

筆者について

筆者について

Judy Warnerは、25年以上にわたりエレクトロニクス業界で彼女ならではの多様な役割を担ってきました。Mil/Aeroアプリケーションを中心に、PCB製造、RF、およびマイクロ波PCBおよび受託製造に携わった経験を持っています。 また、『Microwave Journal』、『PCB007 Magazine』、『PCB Design007』、『PCD&F』、『IEEE Microwave Magazine』などの業界出版物のライター、ブロガー、ジャーナリストとしても活動しており、PCEA (プリント回路工学協会) の理事も務めています。2017年、コミュニティー エンゲージメント担当ディレクターとしてAltiumに入社。OnTrackポッドキャストの管理とOnTrackニュースレターの作成に加え、Altiumの年次ユーザー カンファレンス「AltiumLive」を立ち上げました。世界中のPCB設計技術者にリソース、サポート、支持者を届けるという目的を達成すべく熱心に取り組んでいます。

最新の記事

Altium Roadshow 2022 Tokyo - Day 2 Altium Roadshow 2022は、アルティウム製品の最新動向およびテクノロジーを紹介するイベントです。リリースされたばかりのAltium Designer 22の新機能など、米国で年1度に開催するPCB設計サミット「AltiumLive」で紹介されるコンテンツをいち早くご案内します。第2日目は、マルチボード・プロジェクトのシステム設計、クラスやルームの概念に焦点をあてたベストプラクティス、ドキュメンテーション、MCADのコラボレーションについて紹介します。 このビデオでは次の内容について解説します: マルチボード・プロジェクトのシステム設計 Altium Designerを使用してMCADの制約を満たしながら基板間インターフェースを実現する方法を示しながら、複数のPCBのシステム設計と実装について深く掘り下げます。 Altium Designer ベストプラクティス (Part 2) このセッションでは、クラスやルームの概念を駆使することにより設計要件を予め整理し、デザインルールへ落とし込む工程について紹介します。さらに各ルールの複雑な標的の設定やそれぞれの優先順位付けを構築し、検証する方法を解説します。またOutput Jobsを介してのActiveBOM、Draftsman、部品座標データや 基板製造ファイルの設定、及びAltium 365 Workspaceにおける最終的な製造へのリリース用ファイルの生成にも焦点をあてます。 製造と実装のためのドキュメンテーション ビデオを見る
Altium Roadshow 2022 Tokyo - Day 1 Altium Roadshow 2022は、アルティウム製品の最新動向およびテクノロジーを紹介するイベントです。リリースされたばかりのAltium Designer 22の新機能など、米国で年1度に開催するPCB設計サミット「AltiumLive」で紹介されるコンテンツをいち早くご案内します。第1日目は、シミュレーション、回路設計機能に焦点をあてたベストプラクティス、コンポーネントライブラリについて紹介します。 このビデオでは次の内容について解説します: Altium Designer 22の紹介 このセッションでは、Altium Designer 22のエキサイティングな改良点についてご案内します。シミュレーション結果/測定の改善、デザインルールに含まれるデジグネータの自動更新、IPC-4761経由のサポート、Draftsmanの改善、回路図のクロスリファレンス、トレースグロスなどが含まれます。 シミュレーションを用いた設計分析 本セッションでは、動作点、AC/DCスイープ、波形表示/編集を伴う過渡状態シミュレーションのための更新フローと回路セットアップを紹介します。 Altium Designer ベストプラクティス (Part 1) 本セッションでは、回路設計を階層的にトップダウンまたはボトムアップで構成することのメリットと、回路図ディレクティブとPCBプランニングが基板レイアウトに与える影響についてレビューします。さらに、回路図ではなくPCBにてクラスを作成することの危険性についても言及します。 ビデオを見る
ホームに戻る