Maker FaireおよびOpen Source Hardware SummitでのPCB設計ツール

Judy Warner
|  September 20, 2017

maker faire

 

 

「メイカー」ムーブメントが一般の人々の間で盛り上がったことを受け、Maker Mediaは2006年、第1回Maker Faireをサンフランシスコのベイエリアで開催しました。それ以来、2014年までに、ニューヨーク市とサンフランシスコで開催された2つの主力イベントを訪れた参加者は215,000名に上りました。その間、これらの大規模イベントから、Featured Maker Faire、Mini-Maker FaireSchool Maker Faireが世界各地で生まれました。

 

 

Maker Faireについてご存知ない場合、Webサイトの説明が最も分かりやすいでしょう。

 

 

「Maker Faireは、地上最大の展示発表会です。家族で楽しめる、発明と創造と役に立つ情報がいっぱいの展示会であり、メイカームーブメントのお祭りです。科学展示会や農産物品評会、さらには完全に新しい要素からなるMaker Faireに出展するメイカーは、技術愛好家、クラフト作家、教育者、機械いじり愛好家、技術者、科学部、著者、芸術家、学生、企業など多岐にわたり、年齢も経歴もまちまちです。そこは人々が自分で作った物を見せ合う場所であり、自分が学んだことを共有する場所でもあります」

 

 

Screaming Circuits at Makerfaire

 

 

Altiumがメイカーコミュニティの一員として、CircuitMakerと呼ばれる無償のEDAツールを提供していることを意外に思う方もいるでしょう。このツールを使うことで、独創的なメイカーは無償のPCB設計ツールを使用し、CircuitMakerコミュニティに参加することができます。これまでに、世界中の何百もの技術的なメイカーが、このソフトウェア上で協力して、電源からニキシー管時計までのさまざまなモノを製作してきました。

 

 

 

ニューヨーク市で開催されるMaker Faireは、2つの主力イベントの1つです。9月23 ~ 24日、Altiumのアプリケーションエンジニア(AE)であるColby Siemerと私自身を含む少人数のチームが、主催者としてこのイベントに参加しました。下の写真は、創意に富む展示作品を撮影したものです。準備でき次第ビデオも共有する予定ですので、是非ご覧ください。それまでの間、昨年のSan Diego Maker Faireのビデオをお楽しみください。また、Maker mediaはMakeという非常に多彩で人気のある雑誌を出版しています。

 

 

 

メイカー文化は一般に、オープンソース ハードウェアに対応しています。メイカー文化で注目されている領域には、エレクトロニクスロボティクス3Dプリンタなどの技術者主導型研究と、金属加工や木工などのより従来型の作業、さらにはその前身である伝統美術および工芸が含まれます。

 

 

 

このつながりから、Siemerの9月の予定にはOpen Source Hardware Associationの年次サミットが入っていました。2017年のサミットは、コロラド州デンバーの市庁舎で10月5日に開催され、オープンソース ハードウェアのハッカーたちが意見を交わし、講演を聴き、仲間をつくるためにやって来ます。

 

 

 

世界有数の専門職向けPCB設計ツール(Altium Designer)を製造しているAltiumが、メイカーとハードウェアハッカーのコミュニティにかかわり、そのための無償ソフトウェアツールを提供するのはなぜなのか、不思議に思う方もいるでしょう。ここで説明させてください。Altiumのルーツは、タスマニア大学に通うオーストラリア出身の2人の若いイノベーターが、ハードウェア製品を開発しようとした頃に遡ります。当時、ECADツールを使えたのは、豊富な資金とミニコンピューター(または専用のエンジニアリングステーション)を持つ大企業だけでした。

 

 

 

Nick MartinとDave Warrenは、これらのツールを使用できないことを歯がゆく思い、ちょうど登場したばかりで、2人がメイカー/ハッカーとなる基盤となったパーソナルコンピューターの初期バージョンを使用して、自身のためにソフトウェアツールを開発しました。これは、エレクトロニクス史における「EDAのビッグバン」と呼ばれることもあります。Altiumは、フル機能つきのEDAツールを誰もが使えるようにしたいと考えた、MartinとWarrenの精神を受け継いでいます。これまでに、いくつかの非常に優れたアイディアと卓越したPCB設計者が、創造性と革新性に富むメイカーおよびハードウェアハッカーのコミュニティから出現しています。だからこそ、弊社は引き続き、CircuitMakerCircuit Studioなどの無償または低コストツールを製造および対応し、豊富な機能を搭載することで、(私たちもその一員である)これらのすばらしいコミュニティの力になりたいと考えています。

 

 

是非、お住いの地域で開催されるMaker Faireを見つけて、目覚ましい創造的な展示の世界を満喫してください。文字どおりに「地上最大の展示発表会」です!

 

 

Marcus Cheung

 

 

Makerfaire Dragon float

 

 

Bike at Makerfaire

 

 

Judy at Makerfaire

 

 

 

About Author

About Author

Judy Warner has held a unique variety of roles in the electronics industry for over 25 years. She has a background in PCB Manufacturing, RF and Microwave PCBs and Contract Manufacturing, focusing on Mil/Aero applications. 

She has also been a writer, blogger, and journalist for several industry publications such as Microwave Journal, PCB007 Magazine, PCB Design007, PCD&F, and IEEE Microwave Magazine, and an active board member for PCEA (Printed Circuit Engineering Association). In 2017, Warner joined Altium as the Director of Community Engagement. In addition to hosting the OnTrack Podcast and creating the OnTrack Newsletter, she launched Altium's annual user conference, AltiumLive. Warner's passion is to provide resources, support, and advocate for PCB Design Engineers worldwide.

most recent articles

Altium Designerによるプリント基板の設計 プリンテッドエレクトロニクスは3D印刷と同様に一般化しつつあります。急速に広がりつつあるこの技術により、製造の分野において新しい可能性が生まれ、技術者や設計者は、これまで対応できなかった市場に製品を送り出すことが可能になりました。新しい基板とインクは、生体医療から航空宇宙、家電機器まで、様々な用途に対応するために開発されています。 この技術に対応できる契約製造業者が多数、出現したことで、コスト競争が激しくなりつつあります。試作と量産を迅速に行えることは多くの可能性を秘めています。Altium 365®を使用すれば、設計プロセス全体で製造業者と情報を常に直接共有できます。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 現在のプリンテッドエレクトロニクス設計で使用する独自の配線技法 プリンテッドエレクトロニクス用にレイヤー構成を指定する方法 プリンテッドエレクトロニクス用にビアを配置する方法 製造業者がすぐに使用できるデザインパッケージを作成する方法 Altium 365を使用して製造業者と直接、情報を共有する方法 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
Altium Designer 21:より優れた設計手法 設計プロセスでは多くの場合、退屈な繰り返し作業が求められます。Altium Designer 21では、ユーザーの皆様からのフィードバックを基に長く使用されている機能に見直しを加え、ユーザーエクスペリエンスを改善するとともにパフォーマンスと安定性の向上が行われており、より優れた環境で設計を行うことができます。これらの改良点により、既存の設計タスクが合理化され、リアルな3Dモデリングで精巧なリジッド設計またはリジッドフレキシブル設計を完成させることができます。 さらに、Altium 365®はAltium Designerの最新リリースで、従来にも増して重要な役割を果たしています。詳しくご覧ください。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 SPICEシミュレーションの拡張 リジッドフレキシブル設計: 基板プランニングとレイヤースタックの定義 高速設計:トロンボーンとノコギリ歯のチューニング 回路設計の改良:一般的なコンポーネントとネットのプロパティ Altium 365:プロジェクト履歴、競合回避、コメント 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
58:23 設計の規模に関わらず必要とされるデータの整合性と管理 今日の設計者が直面する課題はますます広範囲になり、複雑化しています。それとは対照に、作成した設計データを正しく編成、管理、共有する時間は少なくなっています。専任の担当者を置くことができなければ、設計者に選択を任せてしまうことになります。彼らはECADデータ管理システムを自分で実装して保守するかもしれません。あるいは、正しいデータ管理をあきらめ、誤った設計データが製造業者に送られる危険性や、さらには、顧客に供給される最終製品が誤ったデータで製造されるリスクを許容するかもしれません。 このオンデマンドWebセミナーでは、設計の規模に関わらず必要とされるデータの整合性とデータを正確に管理するメリットについて解説し、ECADデータ管理を効率的にするソリューションを紹介します。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 ライブラリ、設計、ワークフロー、共同作業者を1か所に整理し、どのようなデバイスでも、どこからでもアクセスや表示を行えるようにする。 デザインの履歴を、コンポーネントの変更から製造側の結果まで、およびその中間の全てを含めて保守し、以前のバージョンを迅速、かつ簡単に復元する。 根本的に整理され、検索可能で、多くのパラメーターを含む新しいコンポーネントを作成し、入手可能性、コスト、ライフサイクル状態を保証する。 コスト、入手可能性、製造性、信頼性の問題があるコンポーネントを使用している設計を迅速に識別し、更新する。 チームのメンバー、マネージャー、顧客、社外のサービスプロバイダーと設計をリアルタイムで、設計サイクルのどの時点でも簡単に共有およびレビューできるようにし、共同で作業を行う。 MCAD設計者のツールと統合し、MCAD設計者と共同で作業を行う。 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
Back to Home