データ管理-弱点の評価

投稿日 April 10, 2019
更新日 July 9, 2020

PDFをダウンロードしてオンラインで学ぶ

プロジェクトは、開発が終了して製品をまもなく製造担当に引き渡す段階にあります。開発の観点では、設計、部品、モデル、BOM(部品表)、ドキュメントなど全てがリリースできる状態です。スケジュールおよび予算通りに設計が完了し、眠れない夜を過ごす日々も終わったところで、打ち上げをしようと呼びかける時期です。まもなく、起こり得る事態についていくつか質問を受け、これまでのプロジェクトの経緯を思い出しました。部品の供給元はフットプリントが適切な新しい部品を調達したか?製造担当に本当に最新バージョンのデザインが引き継がれているか?先日の設計レビューの後、BOMが更新されているか?社外のメカニカルチームが、必要な筐体の最終調整を行ったことを確認したか?そして突然、達成と喜びであったはずの瞬間が、思い描いていた最終的な休暇戦略を不確かなものにする瞬間に転じてしまうかもしれません。成功を祈るほかありません。 

開発後のストレス障害 

この開発後の段階における懸念は、ハイテク業界の多くの企業にとっては非常によくあることです。その理由は、多くの企業が依然としてECADデー タ資産の管理を十分に行えず、その結果、操作ミスが発生しやすいシステムでは、問題が見過ごされることが多々あるからです。ECADデータ管理のこれらの問題箇所は、プロセス内のさまざまな手順に起因することが考えられます。以下はその典型例です。

 • ECADの設計を手作業で抜き取り検査する 

• 手書きの署名を集める 

• エンジニアに、変更バージョンの追加を忘れやすいCAD環境外での手作業を別途行わせている

 • カスタムデータの管理プロセス (BOM、モデル、フットプリント、部品番号) を手作業で行っている

 • プロセスを手作業でリリースおよび変更する 

• 全てのタイプのユーザーへのアクセスが管理されていない 

ECADデータの管理プロセスがコントロールされていないこのような状況は、企業の収益に深刻な影響を与えています。どの顧客も、機能が豊富なソリューションを求め、そのためより複雑な電子部品にしか満足しない可能性があります。製品開発がさらに複雑化し、市場からの製品差別化の要請やうまく切り抜けるべき規制上の制約などを受け、技術関連企業はますます増大する複雑な製品データを管理するソリューションを探す途方もないプレッシャーにさらされています。

高度に進化した新しい電子製品の複雑さは、ECADデータそのものにとどまらず、開発環境の多くが複数分野(機械、ソフトウェアなど)にわたることで、データ管理を指数関数的に難しくしています。さらに、これらの開発チームは、異なるタイムゾーンおよび地域に分散されていることが多く、十中八九異なるツールおよびアプリケーションを使用しています。これらの複雑な要因が積み重なった状況では、データ管理全体を統一できる堅牢な統合がなければ、手作業によるデータ管理システムの脆弱性はさらに広がり、ますますエラーが発生しやすくなります。(※続きはPDFをダウンロードしてください)

今すぐAltium Concord Proの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!

最新の記事

Altium Roadshow 2022 Tokyo - Day 2 Altium Roadshow 2022は、アルティウム製品の最新動向およびテクノロジーを紹介するイベントです。リリースされたばかりのAltium Designer 22の新機能など、米国で年1度に開催するPCB設計サミット「AltiumLive」で紹介されるコンテンツをいち早くご案内します。第2日目は、マルチボード・プロジェクトのシステム設計、クラスやルームの概念に焦点をあてたベストプラクティス、ドキュメンテーション、MCADのコラボレーションについて紹介します。 このビデオでは次の内容について解説します: マルチボード・プロジェクトのシステム設計 Altium Designerを使用してMCADの制約を満たしながら基板間インターフェースを実現する方法を示しながら、複数のPCBのシステム設計と実装について深く掘り下げます。 Altium Designer ベストプラクティス (Part 2) このセッションでは、クラスやルームの概念を駆使することにより設計要件を予め整理し、デザインルールへ落とし込む工程について紹介します。さらに各ルールの複雑な標的の設定やそれぞれの優先順位付けを構築し、検証する方法を解説します。またOutput Jobsを介してのActiveBOM、Draftsman、部品座標データや 基板製造ファイルの設定、及びAltium 365 Workspaceにおける最終的な製造へのリリース用ファイルの生成にも焦点をあてます。 製造と実装のためのドキュメンテーション ビデオを見る
Altium Roadshow 2022 Tokyo - Day 1 Altium Roadshow 2022は、アルティウム製品の最新動向およびテクノロジーを紹介するイベントです。リリースされたばかりのAltium Designer 22の新機能など、米国で年1度に開催するPCB設計サミット「AltiumLive」で紹介されるコンテンツをいち早くご案内します。第1日目は、シミュレーション、回路設計機能に焦点をあてたベストプラクティス、コンポーネントライブラリについて紹介します。 このビデオでは次の内容について解説します: Altium Designer 22の紹介 このセッションでは、Altium Designer 22のエキサイティングな改良点についてご案内します。シミュレーション結果/測定の改善、デザインルールに含まれるデジグネータの自動更新、IPC-4761経由のサポート、Draftsmanの改善、回路図のクロスリファレンス、トレースグロスなどが含まれます。 シミュレーションを用いた設計分析 本セッションでは、動作点、AC/DCスイープ、波形表示/編集を伴う過渡状態シミュレーションのための更新フローと回路セットアップを紹介します。 Altium Designer ベストプラクティス (Part 1) 本セッションでは、回路設計を階層的にトップダウンまたはボトムアップで構成することのメリットと、回路図ディレクティブとPCBプランニングが基板レイアウトに与える影響についてレビューします。さらに、回路図ではなくPCBにてクラスを作成することの危険性についても言及します。 ビデオを見る
ホームに戻る