筆者について

Nicolas Patin

Nicolas Patinは2006年、Escuela Superior Normal Cachanでエレクトロニクス、電気工学、オートメーションの博士号を取得しました。2007年9月からは、コンピエーニュ工科大学 (UTC) の教授として、エレクトロニクス関連の授業を受け持っています。具体的な内容は、メカトロニクス アクチュエーター、ロボット化、システムの分野における技術者のトレーニングを含めたパワー エレクトロニクスです。それと並行して、static converterに適用されるパワー エレクトロニクスと変調の戦略、およびそれがデカップリング コンデンサー (電解アルミニウム) の経年変化に与える影響について研究しています。

Most Recent Posts