無償評価版

無償評価版をダウンロードして、ニーズに最適なAltiumソフトウェアをお探しください

購入方法

設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

ダウンロード

PCB設計およびEDAソフトウェアの最新版をダウンロードしてください

  • PCB DESIGN SOFTWARE
  • Altium Designer

    回路図とレイアウトのための完璧な環境

  • CircuitStudio

    エントリーレベルで、プロ仕様のPCB設計ツール

  • CircuitMaker

    コミュニティベースのPCB設計ツール

  • NEXUS

    チームによる素早いPCB設計

  • クラウド プラットフォーム
  • Altium 365

    Connecting PCB Design to the Manufacturing Floor

  • COMPONENT MANAGEMENT
  • Altium Concord Pro

    Complete Solution for Library Management

  • Octopart

    膨大なデー タが蓄積された、使いやすいコンポーネントデータベース

  • 拡張機能
  • PDN Analyzer

    簡単に使用できるシンプルな電源分配ネットワーク解析

  • 全ての拡張機能を見る
  • エンベデッド
  • TASKING

    組込みシステム開発のための世界的に有名な技術

  • TRAININGS
  • ライブコース

    世界中から利用できる教育トレーニングでベストプラクティスを学びましょう

  • オンデマンドコース

    自宅や会社から出ずに幅広い知識を身につけられます

  • ONLINE VIEWER
  • Altium 365 Viewer

    View & Share electronic designs in your browser

  • Altium Designer 20

    ストレスを感じさせない、プロ用Native 3D™ PCB設計

    ALTIUMLIVE

    Annual PCB Design Summit

    • フォーラム

      Altiumユーザーや熟練設計者がお互いに情報を交換できる場所です

    • ブログ

      Altiumが関心を寄せ、できればユーザーにも関心を持ってほしい話題についてのブログです

    • アイディア

      新しいアイディアをお送りいただいたり、Altiumツールに組み込んでほしい新しい機能に投票したりできます

    • バグの報告

      バグを報告いただき、どのバグが重要かを投票していただくことで、ソフトウェアの改善に役立てます

    • イベント情報

      AltiumLiveへ参加していただき、イベントをフォローできます

    • ベータプログラム

      ベータプログラムへの参加やAltiumのツールへの早期アクセスに関する情報をご覧になれます

    すべてのリソース

    ブログの記事からソーシャルメディアや技術白書に至るまで、最新のコンテンツを検索できます

    ダウンロード

    ニーズに合ったダウンロードオプションをご覧ください

    購入方法

    設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

    • マニュアル

      各製品のマニュアルおよびバージョン情報などの詳細を閲覧頂けます

    • トレーニングとイベント

      世界中のあるいはオンラインのトレーニングイベントのスケジュールを確認し、登録できます

    • デザインコンテンツ

      コンポーネント、テンプレート、サンプルデザインなどを含む無料のデザインコンテンツで当社の膨大なライブラリを参照できます

    • Webセミナー

      オンラインでライブのWebセミナーに参加したり、オンデマンドのWebセミナーに簡単にアクセスできます

    • サポート

      Altiumからの各種のサポートやセルフサービスオプションにより、不明点や疑問を解決してください

    • 技術文書

      もれなく集められた技術白書により、技術および業界の最新動向を常に把握できます

    • ビデオ ライブラリ

      Altium Designer を素早く導入するためのチュートリアル ビデオを見る

    Altium DesignerでGerber編集

    Altium Designer
    |  May 12, 2020
    Altium DesignerでGerber編集

    既存のPCBレイアウトを再利用したい場合がよくあります。しかしそのプリント基板がAltium Designerで設計されているとは限らず、思い通りにはいかない場合があります。例えば、Altium DesignerのPCBエディタは他社のフォーマットで保存されたPCBデータを直接読み込める機能を備えていますが、社外に設計を委託した場合などでは、Altium Designer ではサポートされていない形式で保存されている事も稀ではありません。

    そこで役立つのがGerberデータです。基板設計ツールのAltium Designerでは基板の製造に使用されるGerberデータを読み込んで、使い慣れたPCBエディタのコマンドを使って編集する事ができます。

    GerberデータはネイティブなCADデータとは違い、標準化により良好な互換性が保たれています。そこで今回は、他社のCADから出力されたGerberデータとNCデータをAltium Designerに読み込んで、再利用するための手順を紹介したいと思います。

    サンプルとして使用したGerberデータとNCデータ

    サンプルとして以下のファイルを用意しました。

    1. アートワークフィルムを作成するためのGerberデータ

    ・基板外形 FPGASP1-GAI.pho

    ・部品面パターン FPGASP1 -L1.pho

    ・はんだ面パターン FPGASP1 -L2.pho

    ・部品面シルク FPGASP1 -SK1.pho

    ・部品面レジスト FPGASP1 -SR1.pho

    ・はんだ面レジスト FPGASP1 -SR2.pho

    ・アパーチャテーブル FPGASP1.apt

    2. Excellon NCデータ

    ・穴加工データ FPGASP1 -NC.drl

    3. 明細書

    データの構成と仕様の明細 FPGASP1.txt

    ファイル名と拡張子はCADの種類によって異なります。この用意したGerberファイルには、”.pho”という拡張子が使われており、これらがAltium Designerで作成されたものでは無い事が分かります。

    データをCAMエディタに読み込む

    GerberデータとNCデータは、直接PCBエディタに読み込むのではなく、一旦CAMエディタに読込んだ後、PCBエディタに転送します。

    CAMエディタへの読み込みは以下の手順で行います。

    1. CAMデータの構成と仕様の確認

    データの明細書でCAMファイルの構成と形式を確認します。

    2. CAMエディタを起動

    [ファイル]メニューから[新規] - [CAM Document]を選ぶ。これによりCAMエディタが起動し、編集画面が表示されます。

    3. [Quick Load]によるCAMデータの読み込み

    [ファイル]メニューから[インポート] - [クイックロード]を選びます。これにより [File Import – Quick Load]ダイアログボックスが現れます。

    図1. [インポート] - [クイックロード]を実行
    図1. [インポート] - [クイックロード]を実行
    [クイックロード]で、プリント基板を構成する一連のCAMファイルを一度に読み込みます。

    4. フォーマットの設定

    [File Import - Quick Load]ダイアログボックスの下部にある[デフォルト単位]を選択しCAMデータの仕様書のとおりに設定します。そして同様に、この左にある[ガーバーオプション]ボタン押し、[全円をデフォルトで使用]の項目にチェックを入れます。

    [File Import – Quick Load] ダイアログボックスに戻り[インポートするフォルダの指定]ウィンドウを使って、CAMファイルが保存されているフォルダを指定します。この操作によって[フォルダ内のファイル]ウィンドウに、指定したフォルダ内にあるCAMファイルのリストが表示されます。これを確認した後[OK]ボタンを押します。これによって読み込みが開始されます。そしてその後すぐに、[ドリルデータのインポート]ダイアログボックスが現れます。

    図2. インポートするファイルの選択とフォーマットの設定
    図2. インポートするファイルの選択とフォーマットの設定
    CAMファイルが保存されているフォルダを指定します。Gerberファイルの単位系や桁数等を、仕様の通りに設定します。

    5. ドリルデータを読み込む

    [ドリルデータのインポート]ダイアログボックスの[単位]ボタンを押してフォーマットを設定します。さらに[ツールテーブル]を押して、NCドリルのサイズと加工条件(ドリルの回転数と送り速度)を設定します。設定値はデータの明細書に従います。そして[OK]ボタンを押すと読み込みが行われます。

    図3. ドリルデータのフォーマットの設定
    図3. ドリルデータのフォーマットの設定
    ドリルデータの単位系や桁数等を設定します。
    図4. ドリルテーブルの設定
    図4. ドリルテーブルの設定
    ドリル径、回転数、送り速度を設定します。

    6. アパーチャを設定

    ドリルデータの読み込みが終わると[未設定アパーチャの検索]の表示が現れ、[OK]ボタンを押すと[アパーチャ編集]ダイアログボックスが表示されます。ここでアパーチャを設定します。このCAMエディタはアパーチャファイルの読み込み機能を備えており、これを使えば手入力の手間を省けますが、今回入手したアパーチャファイルは読み込む事ができませんでした。

    図5. アパーチャテーブルの設定
    図5. アパーチャテーブルの設定
    アパーチャのサイズと形状を設定します。RS-274X(拡張Gerber)の場合には設定は不要です。今回のものはRS-274(標準Gerber)のため設定が必要です。
    図6. 画面に表示されたアートワークイメージ
    図6. 画面に表示されたアートワークイメージ
    この画面では、部品面の配線パターンだけを表示させています。

    これでCAMエディタへのデータの読み込みが完了しました。この状態でもアートワークを編集できますが、今回はこれをPCBエディタに転送します。

    PCBエディタに転送する前に接続情報を持つPCBデータに変換

    CAMエディタへのデータの読込が完了した後、読み込んだそれぞれの層のデータを連結し、接続情報を持つ一つの基板データに変換します。各層の関連の検出には穴あけの為のNCデータが使われます。ランドが重なった部分にドリル穴がある場合、その上下のランドはスルーホールで接続された一つのパッドに変換されます。これは次の手順で実行します。

    1. 各層のデータに基板の層属性を設定

    まず[テーブル]メニューから[レイヤ]を選びます。表示された[レイヤテーブル]画面で各層のGerberデータに基板の層属性を設定します。例えば、FPGASP1-L1.phoは部品面パターンなので「Top」となります。FPGASP1-L2.phoははんだ面パターンなので「Bottom」です。さらにNCデータFPGASP1-NC.drlを「Drill Top」に設定します。配線の接続に関与する層はこの3つです。よってこの3つの層の設定だけでも、基板データへの変換が可能になりますが、基板の構造を、より的確に再現するために他の層も属性を設定します。

    図7. それぞれの層に属性を設定
    図7. それぞれの層に属性を設定
    両面基板では「Top」「Bottom」「Drill Top」の属性を持つ3つ層が、接続情報の抽出に使用されます。

    2. GerberとNCデータをマージしてPCBデータを構築

    層設定が終わった後、PCBデータの構築を行います。これにはネットリストを抽出するためのコマンドである、[ツール] - [ネットリスト] - [抽出]を用います。このコマンドを起動するとドリル穴はスルーホールと見なされ、基板の上下に配置されている個々のランドはフリーパッドに変換されます。そして上下の配線パターンはこのスルーホールで接続され、形成された回路からネットリストが抽出されます。

    図8. ネットリストを抽出
    図8. ネットリストを抽出
    ネットリストが抽出され、基板データが構築されます。

    これで接続情報を伴うPCBデータが構築され、PCBエディタへの転送の準備が整いました。

    PCBエディタへのデータの転送

    CAMエディタの編集画面から、[ファイル] - [エクスポート] - [PCBへエクスポート]を起動します。これによりPCBエディタが自動的に起動しデータが転送されます。画面にはPCBイメージが表示され、使い慣れたPCBエディタのコマンドを使ってレイアウトを編集する事ができます。

    図9. [PCBへエクスポート]コマンドを実行してデータを転送
    図9. [PCBへエクスポート]コマンドを実行してデータを転送
    コマンドを実行して処理が完了すると、PCBエディタが自動的に起動し、転送されたPCBデータが表示されます。

     

    図10. PCBエディタの画面:CAMエディタから転送されたPCBデータ
    図10. PCBエディタの画面:CAMエディタから転送されたPCBデータ
    CAMエディタから「ワンクリック」でデータが転送され、PCBエディタに読み込まれます。この画面に現れたPCBの見た目は、PCBエディタで設計したものと変わらないように見えます。しかし実際には、部品(フットプリント)の概念が無い単純な構造のものになります。

    今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!

    About Author

    About Author

    PCB Design Tools for Electronics Design and DFM. Information for EDA Leaders.

    most recent articles

    Back to Home