無償評価版

無償評価版をダウンロードして、ニーズに最適なAltiumソフトウェアをお探しください

購入方法

設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

ダウンロード

PCB設計およびEDAソフトウェアの最新版をダウンロードしてください

  • PCB DESIGN SOFTWARE
  • Altium Designer

    回路図とレイアウトのための完璧な環境

  • CircuitStudio

    エントリーレベルで、プロ仕様のPCB設計ツール

  • CircuitMaker

    コミュニティベースのPCB設計ツール

  • NEXUS

    チームによる素早いPCB設計

  • クラウド プラットフォーム
  • Altium 365

    Connecting PCB Design to the Manufacturing Floor

  • COMPONENT MANAGEMENT
  • Altium Concord Pro

    Complete Solution for Library Management

  • Octopart

    膨大なデー タが蓄積された、使いやすいコンポーネントデータベース

  • 拡張機能
  • PDN Analyzer

    簡単に使用できるシンプルな電源分配ネットワーク解析

  • 全ての拡張機能を見る
  • エンベデッド
  • TASKING

    組込みシステム開発のための世界的に有名な技術

  • TRAININGS
  • ライブコース

    世界中から利用できる教育トレーニングでベストプラクティスを学びましょう

  • オンデマンドコース

    自宅や会社から出ずに幅広い知識を身につけられます

  • ONLINE VIEWER
  • Altium 365 Viewer

    View & Share electronic designs in your browser

  • Altium Designer 20

    ストレスを感じさせない、プロ用Native 3D™ PCB設計

    ALTIUMLIVE

    Annual PCB Design Summit

    • フォーラム

      Altiumユーザーや熟練設計者がお互いに情報を交換できる場所です

    • ブログ

      Altiumが関心を寄せ、できればユーザーにも関心を持ってほしい話題についてのブログです

    • アイディア

      新しいアイディアをお送りいただいたり、Altiumツールに組み込んでほしい新しい機能に投票したりできます

    • バグの報告

      バグを報告いただき、どのバグが重要かを投票していただくことで、ソフトウェアの改善に役立てます

    • イベント情報

      AltiumLiveへ参加していただき、イベントをフォローできます

    • ベータプログラム

      ベータプログラムへの参加やAltiumのツールへの早期アクセスに関する情報をご覧になれます

    すべてのリソース

    ブログの記事からソーシャルメディアや技術白書に至るまで、最新のコンテンツを検索できます

    ダウンロード

    ニーズに合ったダウンロードオプションをご覧ください

    購入方法

    設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

    • マニュアル

      各製品のマニュアルおよびバージョン情報などの詳細を閲覧頂けます

    • トレーニングとイベント

      世界中のあるいはオンラインのトレーニングイベントのスケジュールを確認し、登録できます

    • デザインコンテンツ

      コンポーネント、テンプレート、サンプルデザインなどを含む無料のデザインコンテンツで当社の膨大なライブラリを参照できます

    • Webセミナー

      オンラインでライブのWebセミナーに参加したり、オンデマンドのWebセミナーに簡単にアクセスできます

    • サポート

      Altiumからの各種のサポートやセルフサービスオプションにより、不明点や疑問を解決してください

    • 技術文書

      もれなく集められた技術白書により、技術および業界の最新動向を常に把握できます

    • ビデオ ライブラリ

      Altium Designer を素早く導入するためのチュートリアル ビデオを見る

    パーキンソン病との闘いにスマート技術がどのように使用されているか

    Altium Designer
    |  July 18, 2017

        パーキンソン病の単語概念

     

     

    先週、私は、両親に会うためトロントに帰省しました。私の87歳の祖父は最近、認知症と診断され、運転免許証を取り上げられました。祖父が運転できなくなって家族は安心した一方、好きなように動けなくなった祖父はショックを受けていました。しかし、それは、ある日変わりました。祖父を迎えに行った日のことです。到着すると家に誰もいませんが、祖父の車はあります。祖父がUberを注文したのでした。アプリの中には、初期の退行性神経疾患の患者に機会を与えるソリューションになるものもありますが、これらの病気の治療を目的に作成された、さまざまな分野のスマートデバイスがあります。ここでは、ハイテク食卓用金物やウェアラブル電子機器が、パーキンソン病患者の病気の影響を軽減するのに、どのように役立つかを探求します。

    現在、約6万人の米国人が毎年、パーキンソン病(PD)と診断されており、その数字には、まだ発見されていない場合は含まれません。しばしば退行性神経疾患は高齢者の疾患であると考えられますが、PDと診断された患者の4%は50歳以下です。IoTが急成長する時代、技術とヘルスケアが、PD患者の生活の質に大きな影響を与えるようになっています。IBMやPfizerのような企業が、これに気づき、患者データを追跡、測定する新しい方法を探しています。理想的には症状の治療に役立ち、病気全体に新しい洞察をもたらす、リアルタイムのデータを研究者や医師に提供したいと考えています。一方、パーキンソン病患者の支援を目的とし、他の病気にも適用できる、有望なデバイスが3つあります。

     

     

    フォークとスプーンを持つ脳
    電気スプーンは、何の味なのかを脳に伝えることができる

     

     

    電気スプーン

    私たちのほとんどが、味覚を当たり前だと考えています。パーキンソン病の影響と比較して小さいと思えるかもしれませんが、味覚を失うことは、その人の生活の質に大きな影響を及ぼす可能性があります。2013年、シンガポール国立大学のNimesha Ranasingheのグループは、舌の味覚受容体をだまし、銀の電極を使用して塩味や甘味、酸味、苦味といった感覚を生成できることを示しました。電極は、舌の先に触れ、さまざまな交流電流や小さな温度変化を使って、受容体を刺激します。今日、Ranasingheや、ロンドン大学のグループなど、他の研究グループは、スプーンの形式でこの技術を応用し、パーキンソン病や認知症の患者の味覚を取り戻すのに役立てています。スマート台所用品には、あまり実用的でないものもありますが、この研究は印象が良好です。

    Liftware

    発売を楽しみにしているスプーンには、Liftware Steadyという名前の製品もあります。PDに苦しむ人々は、手が震えて自分で食べることができない場合があります。このスプーンは、手の震えを打ち消すよう特に設計されており、食物がスプーンから落ちるのを防ぎます。その機能を見るには、こちらの動画をご覧ください。どのような仕組みになっているのでしょう? このスプーン(または、使用する付属品によってはフォーク)には、マイクロチップおよび複数の小型モーターと運動センサーが埋め込まれています。完全ではありません。震えの約70%を消すこと、つまり2インチまでの震えを安定させることができます。充電池が付属し、1時間の連続使用が可能です。Liftwareは、それにとどまりません。新製品Liftware Levelで、体の不自由な患者の生活の質を改善し続けています。

     

     

    高齢者の手のクローズアップ
    ウェアラブル技術とスマート台所用品は、PDによる手の震えを軽減できる

     

     

    Emmaウォッチ

    Emmaウォッチは、私の好きなウェアラブル技術です。Haiyan Zhangが、Emma Lawtonのために特別にこのウォッチを設計しました。Emmaは、30代初めのグラフィックデザイナーで、PDにかかっています。震えのため、絵を描いたり字を書いたりすることが難しく、Emmaウォッチは、震えをコントロールするよう設計されています。Emmaの体験について本人から聞いた後、Zhangは、次のように仮定しました。Emmaの脳は「自身と闘っていて、半分は動かそうとし、もう半分は止めようとしている。2つの信号が互いに闘い増幅するので、震えが起こっている。」このウォッチは、振動モーターを使用して、このフィードバックループを壊し、PD患者の四肢をコントロールしようとする脳の気をそらします。こうすることで、Emmaは現在、ウォッチを着用している間、絵を描いたり字を書いたりできます。この成功によって、Zhangは、より多くの人が、この技術を利用できるように、それを進歩させる方法を調べています。詳細は、Zhangの製作を詳述した、こちらの短いドキュメンタリーをご覧ください。

    刺激を受けて、PDに苦しむ人々のためになる製品を設計したくなりましたか? その場合、適切なPCBソフトウェアが必要です。こちらから弊社までお問い合わせいただき、取り掛かるにあたって、Altium Designerが、どうお手伝いできるかの詳細をご確認ください。

     
     
     
     
     
     

    About Author

    About Author

    PCB Design Tools for Electronics Design and DFM. Information for EDA Leaders.

    most recent articles

    Back to Home