PCB設計ルールのスコープ設定と優先度付けの方法

Vincent Mazur
|  投稿日 June 21, 2021  |  更新日 June 23, 2021

あらゆるPCB設計において設計ルールは不可欠ですが、設計ルールをアクティブで効果的なものにするには、適切なスコープ設定と優先度付けが必要です。多くの場合、設計者は自分専用にルールを構築します。その結果、他のルールとの競合が発生する、ルールが完全に無視される、他のルールに上書きされるなどの事態を引き起こします。

Altium Designerの新しいルールと制約エディタでは、あらゆるシナリオ向けに設計のスコープを簡単に定義し、保存できます。また、設計ルールが使用されない問題を回避するため、新しいルールインターフェースは設計ルールに競合や使い勝手の問題がないかどうかをチェックします。

このビデオでは、次のトピックについて解説します:

  • クエリで設計ルールを構築

  • PCBレイアウトから直接ルールのスコープを設定

  • ルールの優先度付けのロジック

  • スコープライブラリを活用

今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問い合わせフォームにご入力ください。

筆者について

筆者について

Vincent Mazur (BSEE) は、Altiumのプロダクト&ペルソナ マーケティング エンジニアです。Altiumに勤務する前には、共同で理化学用電子機器の会社を設立し、そこで、Altium Designerを使って携帯用の電池式製品を設計していました。Vincentは、組み込みシステム向けのハードウェア、およびソフトウェアを設計するエレクトロニクス業界と、電子製品開発プロセスの最適化に関して企業を支援するEDA業界で、合わせて25年以上の経験があります。また、EE Timesに寄稿し、FCCライセンスを持つアマチュア無線技士でもあります。

関連リソース

1:2:23 Altium Concord Pro™ 部品ライブラリ管理 部品ライブラリを適切に効率的に管理するためには多くの課題があります。部品作成を複数のユーザが独自の方法で行うと効率性が落ち、重複した部品が複数の異なるライブラリに作成される場合もあります。また、標準化された部品ライブラリのテンプレートがないと、不正確で不完全な部品の作成につながり、必要な部品に関する情報が欠如した部品ライブラリが作成されるリスクがあります。 Altium Concord Pro™は最新の部品ライブラリ管理システムで、お客様のワークフローに導入することで、このようなリスクを最小限に抑え、コストの削減も可能です。以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 一元化されたデータソースで管理された部品ライブラリへのアクセス 現在の調達情報と関連付けされた部品の選択と使用 部品ライブラリの整合性、リビジョン履歴、使用箇所、コストと調達や使用可否の把握 部品の妥当性検証と製造性の保証 電気設計と機構設計の連携 今すぐAltium Concord Proの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
59:36 Altium Concord Pro™ 部品ライブラリ管理 部品ライブラリを適切に効率的に管理するためには多くの課題があります。部品作成を複数のユーザが独自の方法で行うと効率性が落ち、重複した部品が複数の異なるライブラリに作成される場合もあります。また、標準化された部品ライブラリのテンプレートがないと、不正確で不完全な部品の作成につながり、必要な部品に関する情報が欠如した部品ライブラリが作成されるリスクがあります。 Altium Concord Pro™は最新の部品ライブラリ管理システムで、お客様のワークフローに導入することで、このようなリスクを最小限に抑え、コストの削減も可能です。以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 一元化されたデータソースで管理された部品ライブラリへのアクセス 現在の調達情報と関連付けされた部品の選択と使用 部品ライブラリの整合性、リビジョン履歴、使用箇所、コストと調達や使用可否の把握 部品の妥当性検証と製造性の保証 電気設計と機構設計の連携 今すぐAltium Concord Proの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
ホームに戻る