高速設計とは?

Altium Designer
|  投稿日 September 10, 2021

高速設計で発生する問題の主な原因は、クロック周波数の高さではなく、コンポーネント信号の立ち上がりと立ち下がり時間の速さにあると言われています。エッジレートが速いと、レシーバー側で反射が発生したり、基板の配線が密集しているとクロストークが問題になったりします。

このビデオでは、高速設計をより効率的かつ効果的に設計するための知識を磨き、新しいスキルを身につけることができます。インピーダンス、反射、クロストーク、エッジレートなどの重要な概念を取り上げます。また、実践的な要素を網羅しているので、学んだことをすぐに実践することができます。

このビデオでは、次のトピックについて解説します:

  • 信号はいつ「高速」扱いになるのか?

  • 反射、クロストーク、インピーダンスは設計の決定にどのような影響を与えるのか?

  • シグナルインテグリティ解析の実行方法

  • クロストーク解析を行う方法 

今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問い合わせフォームにご入力ください。

筆者について

筆者について

Altium Designerは、回路・基板設計から基板製造・実装までの一貫したソリューションを単一の環境で提供するPCB設計総合プラットフォームです。

最新の記事

ホームに戻る