Altium Concord Pro™ 部品ライブラリ管理

manager
|  投稿日 March 16, 2020  |  更新日 August 5, 2020

部品ライブラリを適切に効率的に管理するためには多くの課題があります。部品作成を複数のユーザが独自の方法で行うと効率性が落ち、重複した部品が複数の異なるライブラリに作成される場合もあります。また、標準化された部品ライブラリのテンプレートがないと、不正確で不完全な部品の作成につながり、必要な部品に関する情報が欠如した部品ライブラリが作成されるリスクがあります。

Altium Concord Pro™は最新の部品ライブラリ管理システムで、お客様のワークフローに導入することで、このようなリスクを最小限に抑え、コストの削減も可能です。以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。

  • 一元化されたデータソースで管理された部品ライブラリへのアクセス
  • 現在の調達情報と関連付けされた部品の選択と使用
  • 部品ライブラリの整合性、リビジョン履歴、使用箇所、コストと調達や使用可否の把握
  • 部品の妥当性検証と製造性の保証
  • 電気設計と機構設計の連携

今すぐAltium Concord Proの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。

筆者について

最新の記事

PCBコンポーネントの在庫に関する問題を克服する方法 供給不足は今も昔も変わらぬ問題です。エレクトロニクスの世界では、特にそうでしょう。基板に使用するさまざまなコンポーネントの入手に苦労するのは、もううんざりです。しかも、基板そのものまでが手に入りにくくになっています。 電子部品が廃番になったり、在庫切れになったりすると、設計と製造に大きな遅れが出る恐れがあります。現在のサプライチェーンの遅れに加え、毎日平均で15件の製造中止の通知が発行されていることを踏まえると、コンポーネントの入手は骨の折れる仕事です。 このビデオでは、次のトピックについて紹介します: 必要な新しいコンポーネントをすばやく見つける 回路図から離れずに、コンポーネントの価格や在庫などを調べる 詳細なパラメーター データで検索して代替部品をすばやく見つける 古いまたは製造終了になったコンポーネントの使用を避けるために、ライフサイクル状態に関する警告を受け取る 完成したプロジェクト全体で問題があるコンポーネントの使用場所を特定する 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問い合わせフォームにご入力ください。 ビデオを見る
ホームに戻る