回路図からのプロジェクトライブラリの作成

Ivan Duprey
|  Created: February 21, 2017  |  Updated: March 10, 2021

create-and-share-project-libraries

回路図からすばやくプロジェクトライブラリを作成し共有する

外部の製造業者を使う場合、または社内に設置されたライブラリにアクセスできない他のグループと設計を共有する場合、プロジェクトライブラリを作成するとデータを簡単に共有できます。導入済みのライブラリ、またはAltium Concord Proライブラリからライブラリを作成しても、サプライヤー検索を使って手動でライブラリを作成したとしても、部品をローカライズして簡単に作成できます。ライブラリを作成すると、外部との共有のためにデザインの移植性を高めることができます。

Altium Designerは、各コンポーネントのプロパティを編集することで、または [Find Similar Objects] コマンドを使いSchematic Inspectorを利用することでライブラリを作成する機能を備えています。しかし、大規模で複数シートにわたる回路図の場合、これらは実用的な方法ではありません。代わりに、パラメーターマネージャーを使用してすばやく回路図ライブラリを作成することで、コンポーネントを1つのグローバルなプロジェクトライブラリに集約できます。

外部ライブラリ リソースを不要にする

Altium Designerのパラメーターマネージャーを使って、回路図からプロジェクトライブラリを作成する方法を説明します。プロジェクトライブラリを持たず、全てのコンポーネントを導入済みライブラリから読み込んだプロジェクトを使って説明します。 

回路図ライブラリを持たないプロジェクト
回路図ライブラリを持たないプロジェクト
このサンプルデザインのシートは1枚のみです。より規模の大きい回路図の場合、この方法を使うには全てのシートを開く必要があることに注意します。次に、デザイン内の全てのコンポーネントを使ってプロジェクトライブラリを作成する必要があります。回路図エディターで利用できる [Design] » [Create Schematic Library] コマンドを使って、プロジェクトの回路図ドキュメントに既に配置されたコンポーネントから回路図ライブラリを作成できます。
[Make a Schematic Library] メニューコマンド
[Make a Schematic Library] メニューコマンド

新しい回路図ライブラリを作成すると、そのライブラリを [Schematic Library Editor] で開きます。開いた回路図ファイルの全てのコンポーネントがProject_name.SCHLIBという名前の新しい回路図ライブラリにコピーされ、プロジェクトファイル(Project_name.PRJPCB)と同じフォルダーに格納されます。そのファイル名は [Projects]  パネル(Libraries\Schematic Library Documentsフォルダー内)に表示されます。情報ダイアログボックスが開いたら、確認して [OK] をクリックします。

[File] » [Save As] を使って新しい回路図ライブラリの名前を変更して保存します。回路図上のコンポーネントは、当初のライブラリに関連付けられたライブラリ リンクを保持しています。回路図上のコンポーネントをダブルクリックして [Properties for Schematic Component in Sheet] ダイアログを開き、下図のように表示された [Link to Library Component] を確認すると、ライブラリリンクを保持していることがわかります。

[Properties for Schematic Component in Sheet] ダイアログ
[Properties for Schematic Component in Sheet] ダイアログ
パラメーターは、個別に、または [Parameter Table Editor] を使って、デザイン全体、またはライブラリ全体に追加、および編集できます。このダイアログを開くと、デザイン全体の全パラメーターデータが収集され、表形式で表示されます。[Parameter Table Editor] を開くには、[Tools] » [Parameter Manager] を選択します。
パラメーターマネージャーの起動
パラメーターマネージャーの起動
メニューから [Parameter Manager] を選択すると、最初に [Parameter Editor Options] ダイアログが開きます。このダイアログで、[Parameter Table Editor] ダイアログに読み込むパラメーターの種類を指定します。

プロジェクト内のライブラリ管理の簡素化

[Parameter Table Editor] ダイアログを使うと、プロジェクト全体のパラメーターを編集、および更新できます。パラメーターマネージャーは柔軟な機能を備えているため、プロジェクト内のライブラリ管理を簡素化できる、ライブラリ リンクなどのシステムレベルのパラメーターを操作するツールとしても使用できます。

基板設計CADのAltium Designerのパラメーターマネージャーを使って回路図からプロジェクトライブラリを作成、および共有する方法の詳細を知るには、今すぐ無料のホワイトペーパー「回路図からすばやくプロジェクトライブラリを作成する」をダウンロードしましょう。

今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!

About Author

About Author

Biography

most recent articles

テンプレートを活用してより多くの時間を設計に充てるには 今日、設計者は一般にEDAソフトウェアのデフォルトを開始点として使用し、寸法線、単位、グリッド設定、色、他の環境的な要素を必要に応じて変更します。プロジェクトを開始するたびに初めから作業を行うのが普通で、既知の適切な設定、レイヤー構成、回路図シートのタイトルブロックなどがほとんど再利用されません。 このように設計データをその場その場で作成すると、プロジェクトの不整合や危険を招きます。Altium Designer®とAltium 365®のテンプレートは、個々の設計者や設計チームが一貫した設計データを使用して信頼できる開始点からプロジェクトを始められるようにすることで、これらの危険を排除するのに役立ちます。 このビデオでは、設計プロセスを通してAltium Designerでテンプレートがどのように使用されているか紹介します。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 設計プロセスの各側面をテンプレート化する Altium 365を使用してチームに展開するための設計テンプレートを活用する 均一なコンポーネントをすばやく作成する 設計チーム全体で一貫性を実現する 準備や研修時間を短縮する 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
Back to Home