無償評価版

無償評価版をダウンロードして、ニーズに最適なAltiumソフトウェアをお探しください

購入方法

設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

ダウンロード

PCB設計およびEDAソフトウェアの最新版をダウンロードしてください

  • PCB DESIGN SOFTWARE
  • Altium Designer

    回路図とレイアウトのための完璧な環境

  • CircuitStudio

    エントリーレベルで、プロ仕様のPCB設計ツール

  • CircuitMaker

    コミュニティベースのPCB設計ツール

  • NEXUS

    チームによる素早いPCB設計

  • クラウド プラットフォーム
  • Altium 365

    Connecting PCB Design to the Manufacturing Floor

  • COMPONENT MANAGEMENT
  • Altium Concord Pro

    Complete Solution for Library Management

  • Octopart

    膨大なデー タが蓄積された、使いやすいコンポーネントデータベース

  • 拡張機能
  • PDN Analyzer

    簡単に使用できるシンプルな電源分配ネットワーク解析

  • 全ての拡張機能を見る
  • Array
  • TRAININGS
  • ライブコース

    世界中から利用できる教育トレーニングでベストプラクティスを学びましょう

  • オンデマンドコース

    自宅や会社から出ずに幅広い知識を身につけられます

  • ONLINE VIEWER
  • Altium 365 Viewer

    View & Share electronic designs in your browser

  • Altium Designer 20

    ストレスを感じさせない、プロ用Native 3D™ PCB設計

    ALTIUMLIVE

    Annual PCB Design Summit

    • フォーラム

      Altiumユーザーや熟練設計者がお互いに情報を交換できる場所です

    • ブログ

      Altiumが関心を寄せ、できればユーザーにも関心を持ってほしい話題についてのブログです

    • アイディア

      新しいアイディアをお送りいただいたり、Altiumツールに組み込んでほしい新しい機能に投票したりできます

    • バグの報告

      バグを報告いただき、どのバグが重要かを投票していただくことで、ソフトウェアの改善に役立てます

    • イベント情報

      AltiumLiveへ参加していただき、イベントをフォローできます

    • ベータプログラム

      ベータプログラムへの参加やAltiumのツールへの早期アクセスに関する情報をご覧になれます

    すべてのリソース

    ブログの記事からソーシャルメディアや技術白書に至るまで、最新のコンテンツを検索できます

    購入方法

    設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

    ダウンロード

    ニーズに合ったダウンロードオプションをご覧ください

    • マニュアル

      各製品のマニュアルおよびバージョン情報などの詳細を閲覧頂けます

    • トレーニングとイベント

      世界中のあるいはオンラインのトレーニングイベントのスケジュールを確認し、登録できます

    • デザインコンテンツ

      コンポーネント、テンプレート、サンプルデザインなどを含む無料のデザインコンテンツで当社の膨大なライブラリを参照できます

    • Webセミナー

      オンラインでライブのWebセミナーに参加したり、オンデマンドのWebセミナーに簡単にアクセスできます

    • Support

      Get your questions answered with our variety of direct support and self-service options

    • 技術文書

      もれなく集められた技術白書により、技術および業界の最新動向を常に把握できます

    • ビデオ ライブラリ

      Altium Designer を素早く導入するためのチュートリアル ビデオを見る

    PCB設計で銅箔を最大化する方法: 銅箔流し込みと銅箔配置の長所と短所

    Lawrence Romine
    |  February 23, 2017

    8123927612_83a6b63b46.jpg

    画像出典: Flickrユーザーbillautomata (CC BY 2.0)

     

    PCB設計には「銅箔は自由」という格言があります。これは、PCB設計者は逆に考える必要があることを意味します。最初、基板には一面に銅箔が張られ、必要のない銅箔を取り除きます。ほとんどベアボード状態の同じサイズの基板と比べて、ほとんど銅箔である基板を作る方が、素早く作成でき、無駄がなく、コストも安くなります。適切なテクニックを選ぶかどうかで、作業が楽になるか、ストレスがたまるかの違いが生じます。

    銅箔を最大化する方法は、一般に2つあります:

    1. 手動 – 通常、この方法の方が迅速ですが、雑になります。具体的な図形を定義、配置することによって、銅箔をオブジェクトとして素早く配置できます。これらのオブジェクトは、ネットに割り当てることができ、導通試験の間に、ショートやエラーがないかチェックします。このテクニックは、短納期の場合やプロトタイプの作成に好まれます。
    2. 自動 – この方法の方が、時間がかかります。一方、銅箔流し込みによって、銅箔使用の最大化がより簡単にできます。基板をレイアウトし、レイアウトに収まる銅箔の図形を配置する代わりに、基板領域の周囲に境界を描き、銅箔を流し込むことによって、銅箔を最大限に残すことができます。

     

    銅箔流し込みが時間を節約できる仕組み 

    銅箔を流し込む場合、境界が定義され、流し込み操作が実行されると、その内部は全て自動的に接続されます。その領域が大きい場合、珍しい図形である場合、または形が不揃いの複数のオブジェクトで満たされている場合、通常、このテクニックの方が簡単で迅速です。流し込み操作によって、複数の不揃いな領域が自動的に塗りつぶされ、さらに、その領域の他のパーツやトレースを自動的に分離します。

    GNDなど、同じネット上のオブジェクトは全て、セットアップページまたは設計ルールに従って接続されます。銅箔流し込みで自動的に対応できるオブジェクトは、ビア、トレース、ネット、デカル、空間領域、パッドです。適切に使用すれば、銅箔流し込みは、自動的に、必要な接続を行い、不必要な接続を行いません。これらの接続は、導通チェッカーツールを使用して再確認できます。

     

    7854718398_a955f8ec00.jpg

    画像出典: Flickrユーザー Low Voltage Labs (CC BY 2.0)

     

    設計に手動アプローチを選択する場合と自動アプローチを選択する場合

    多くの場合、私たちは設計を手動で行う傾向があります。短期的には、その方が速いと思われ、設計へのコントロールを放棄する必要がないからです。しかし、広い視野で見れば、最初は作業が増えるとしても、自動アプローチの方が、長期的に優れている可能性があります。銅箔流し込みを使用した方が、設計に適切であろう状況を3つ示します。

    ポリゴン管理

     

    手動 - プロトタイプを作成しているとき、特に、設計を変更することが決まっている場合は、設計の見た目を良くするのに時間を浪費しないでください。従来の閉じた図形の銅箔は、素早く簡単に作成できますが、珍しいポリゴンは、時間がかかる場合があります。四角形や三角形、台形を重ねて図形を作成するという、手っ取り早いテクニックもあります。これは、短期的なソリューションとしては役立ちますが、結局、設計をきれいにするため、頂点の編集を行う必要があり、冗長な作業になる場合があります。


    自動 - このプロセスに銅箔流し込みを使用すると、ポリゴンの管理がまったく必要なくなるという意味で自動化されます。境界を定義し銅箔を流し込むことによって、変更を行う場合でも、後で調節が必要なオブジェクトを作成しないで済みます。

     

    プレーン管理

     

    手動 – PCB設計で、プレーンとは、全ての接続が1つのネットである、銅箔の大きな領域のことです。複数のプレーンを持つ基板を作成していて、しばしばパーツを追加、変更する場合、トレースをポイントからポイントに配線する方が、短期的には簡単です。


    自動 – 設計でGND用プレーンを使用するのは、全て同じポイントに配線される複数のトレースを避ける優れた方法ですが、この場合、銅箔流し込みが特に効果的です。銅箔プレーンを定義し流し込むと、1つのネット上の全ての接続が自動的に接続されます。

     

    熱管理

     

    手動 - 大きな銅箔の四角形をデカルに追加して、熱の放出を助けるのが、高温の部品を冷却する素早い方法です。これは、作業スペースが大きい場合に最も効果的ですが、多くの場合、そんなことはありません。


    自動 - 影響が大きい部品の周囲に領域を定義し、それらの部品を優先することによって、熱放出を簡単に最大化できます。スティッチングビアの配列でさえ、両側で簡単にフラッドできます。銅箔の表面積を最大化するのが重要な場合に、これを使用してください。

     

    銅箔流し込みを使用するとき、接続のルールを定義するのに時間を費やせば、今後の設計で完璧に注ぎ込むことができます。接続より機能に集中できるようになります。この投資によって、今後の設計で時間を節約できます。

    Smart Copper Editingは、簡単かつ有意義な方法で、これらの違いを統合できます。銅箔注ぎ込みの間に全般的要件、限界要件、特有の要件を自動的に適用できます。さらに、Smart Copper Editingは、基板の端やユニークな領域など、他の領域の管理にも役立ちます。設計ルールでは、銅箔注ぎ込みに固有の具体的なルールによって、ビア、トレース、ネット、デカル、空間領域、パッドを定義してください。

    Smart Copper Editingなどの質の高いツールがあれば、変わった銅箔図形に時間を浪費するイライラがなくなります。設計が満たすべき要件を満たすため、設計を素早く調節することで、時間を節約しイライラをなくしてください。Designerソフトウェアおよびこのツールの機能の詳細については、Altiumまでお問い合わせください。

    About Author

    About Author

    EDA industry thought-leader and veteran expert at Altium, Lawrence is a firm believer that unified solutions are not just nice, but essential.

    most recent articles

    Altium Designerによるプリント基板の設計 プリンテッドエレクトロニクスは3D印刷と同様に一般化しつつあります。急速に広がりつつあるこの技術により、製造の分野において新しい可能性が生まれ、技術者や設計者は、これまで対応できなかった市場に製品を送り出すことが可能になりました。新しい基板とインクは、生体医療から航空宇宙、家電機器まで、様々な用途に対応するために開発されています。 この技術に対応できる契約製造業者が多数、出現したことで、コスト競争が激しくなりつつあります。試作と量産を迅速に行えることは多くの可能性を秘めています。Altium 365®を使用すれば、設計プロセス全体で製造業者と情報を常に直接共有できます。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 現在のプリンテッドエレクトロニクス設計で使用する独自の配線技法 プリンテッドエレクトロニクス用にレイヤー構成を指定する方法 プリンテッドエレクトロニクス用にビアを配置する方法 製造業者がすぐに使用できるデザインパッケージを作成する方法 Altium 365を使用して製造業者と直接、情報を共有する方法 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
    Altium Designer 21:より優れた設計手法 設計プロセスでは多くの場合、退屈な繰り返し作業が求められます。Altium Designer 21では、ユーザーの皆様からのフィードバックを基に長く使用されている機能に見直しを加え、ユーザーエクスペリエンスを改善するとともにパフォーマンスと安定性の向上が行われており、より優れた環境で設計を行うことができます。これらの改良点により、既存の設計タスクが合理化され、リアルな3Dモデリングで精巧なリジッド設計またはリジッドフレキシブル設計を完成させることができます。 さらに、Altium 365®はAltium Designerの最新リリースで、従来にも増して重要な役割を果たしています。詳しくご覧ください。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 SPICEシミュレーションの拡張 リジッドフレキシブル設計: 基板プランニングとレイヤースタックの定義 高速設計:トロンボーンとノコギリ歯のチューニング 回路設計の改良:一般的なコンポーネントとネットのプロパティ Altium 365:プロジェクト履歴、競合回避、コメント 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
    58:23 設計の規模に関わらず必要とされるデータの整合性と管理 今日の設計者が直面する課題はますます広範囲になり、複雑化しています。それとは対照に、作成した設計データを正しく編成、管理、共有する時間は少なくなっています。専任の担当者を置くことができなければ、設計者に選択を任せてしまうことになります。彼らはECADデータ管理システムを自分で実装して保守するかもしれません。あるいは、正しいデータ管理をあきらめ、誤った設計データが製造業者に送られる危険性や、さらには、顧客に供給される最終製品が誤ったデータで製造されるリスクを許容するかもしれません。 このオンデマンドWebセミナーでは、設計の規模に関わらず必要とされるデータの整合性とデータを正確に管理するメリットについて解説し、ECADデータ管理を効率的にするソリューションを紹介します。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 ライブラリ、設計、ワークフロー、共同作業者を1か所に整理し、どのようなデバイスでも、どこからでもアクセスや表示を行えるようにする。 デザインの履歴を、コンポーネントの変更から製造側の結果まで、およびその中間の全てを含めて保守し、以前のバージョンを迅速、かつ簡単に復元する。 根本的に整理され、検索可能で、多くのパラメーターを含む新しいコンポーネントを作成し、入手可能性、コスト、ライフサイクル状態を保証する。 コスト、入手可能性、製造性、信頼性の問題があるコンポーネントを使用している設計を迅速に識別し、更新する。 チームのメンバー、マネージャー、顧客、社外のサービスプロバイダーと設計をリアルタイムで、設計サイクルのどの時点でも簡単に共有およびレビューできるようにし、共同で作業を行う。 MCAD設計者のツールと統合し、MCAD設計者と共同で作業を行う。 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
    Back to Home