製造のためのPCB設計: 製造業者と話し合ってビアの不具合を予防する

投稿日 April 25, 2017
更新日 December 8, 2020

Construction workers on computer board

 

「コミュニケーションは私たちの関係に大切よ」と、昔の恋人の1人は、いつも言っていました。私は、基板でEMIを減らす方法を伝えるのは得意かもしれませんが、自分の感情を表現するのは、あまり上手ではありません。彼女が「昔の恋人」になったのは、それが理由でしょう。製造業者に対する気持ちは、昔の彼女に対する気持ちに似ている場合があります。特に、基板の歩留まりが50%未満であると言われるとそうです。そんな時、気の利いた言葉で返答したいと思うかもしれません。しかし、そうはできなくても、話し合えば返答したことになります。初期段階で製造業者と話し合うことで、製造上の不具合や製造コストを削減できます。

 

 Green PCB close-up
これらの小さな穴が、思っていたより多くの問題の原因となる

 

製造の不具合を減らす

 

誰もが、完璧な人とのデートを望んでいますが、そんなことは起こりません。幸い、優れたPCBを設計することによって、恋愛の欠陥を補うことができます。その完璧な人の欠陥のように、PCBの不具合は、時間が経過すると現れる傾向があります。製造業者と一緒に設計を進めることで、不具合を完全に避ける方が良いでしょう。チェックすることはたくさんありますが、最優先すべきは、via-In-pad、filled via、またはcapped via、穴開け方法、表面実装技術(SMT)パッドです。

Via-In-Pad(VIP) - VIPVIPBGAVIP接続不良や廃棄処分の原因となりますVIPVIPVIP

Capped Via、またはFilled Via - cappedfilleddog bone breakoutcap/tent/coverplugfill方法が異なれば

穴開け方法 - ブラインドビアやベリードビアビアのメッキが不完全になり

パッド - パッドを短絡

 

scary man with electronics

PCBにバッテリーをつなごうとするこの哀れな技術者のように、不具合で変になる場合も

 

コストの削減

 

結婚した後に気が変わると、大金が必要になります。同様に、製造の途中で設計を変更すると高くつきます。製造業者と設計をチェックすれば、かなりのコストを節約できる場合があります。

 

高価な製造プロセスが必要か、製造業者に設計を見てもらってください。製造業者が、製造コストが安くなる別の設計、またはコストを削減できる別のプロセスを提案してくれる場合があります。ブラインドビアでレーザー穴開けやペック穴開けを使用する方法について、前に話したのを思い出してください。レーザーの方がかっこよくて、不具合のリスクが小さいのに、ペック穴開けを使うのは、なぜでしょう? ペック穴開けが安いからです。実際、一部の製造業者は、不具合を発生させずにペック穴開けができます。そのような業者は、ずっと探していた、神話の世界の完璧なパートナーかもしれません。製造業者が、ペック穴開けなどの作業を適切にできれば、多くのコストを節約できます。製造業者をおだてて、その能力を見極めてください。

 

あなたは、パートナーを愛しているかもしれませんが、PCB設計はあなたの愛人であることを、あなたも私も知っています。製造業者とのコミュニケーションが、PCBとの関係における欠陥を解決するのに役立つのは、明らかです。ビアやパッドの不具合を避け、コストを節約するサポートを製造業者から得てください。

 

先ほど述べたように、製造業者と話し合うと役立ちますが、自身で優れた基板を設計する方が良いでしょう。それには、かなり高度なPCB設計ソフトウェアが必要です。Altium Designerが最適のプログラムです。Altium Designerは既に、設計者が製造のための設計を行うのに役立っています。私がでたらめを言っていると思いますか? Altium Designerが、どのように製造作業を簡単にしたか、Sierra Circuits の声をお聞きください。

 

製造のための設計について、もっとお知りになりたいですか? Altiumの専門家にご相談ください。

最新の記事

ホームに戻る