Protel PCBを引き継ぐAltium Designer

Zachariah Peterson
|  投稿日 November 18, 2020
Protel PCBを引き継ぐAltium Designer

Protel PCBは消滅したわけではありません。Altium Designerとしてリブランドされた後、さらに強化されています。

Altium Designer

専門家を対象とする強力で使いやすい最新のPCB設計ツール。

今も使用されているProtel PCB設計ソフトウェアのコピーをわざわざ探す必要はありません。Protelは1980年代の中頃から、世界中の企業、回路設計の授業を提供する大学、設計の愛好家に使用されています。とはいえ、Protelはどうなったのでしょうか?

Protelは、今も存在します。Altium Designerという名称に変わり、以前よりも改良されています。Protelは、パソコンで使用できる初のPCB設計ツールの1つとして歴史を残しましたが、その高度な遺産はAltium Designerとして引き継がれ、PCB設計プロセスのすべての要素に特化する革新的なツールとして開発が継続されています。Protelから始まったAltiumは、最先端の設計ソフトウェアの開発で30年におよぶ経験を蓄積してきました。その成果は、市場で最も優れたPCB設計ツールのAltium Designerに集約されています。

 

充実したPCB設計プラットフォーム

能力が試される近年の設計に必要な機能を提供するために、Altium Designerは徹底的に改良されています。現在は64ビットのマルチスレッドシステムを基盤として構成され、ユーザーが求める機能がすべて提供されています。また、統合設計環境が整備されているため、さまざまなツールを連携させることも可能です。

複雑なインターフェースや変換の必要なしに、設計全体で同じデータ形式を使用して、シンプルかつ直接的にツールを切り替えられます。これは高度な回路図エディタを使って、複雑な階層設計やマルチチャンネルデザインのシミュレーションやレイアウトを行う際に大きな威力を発揮します。回路図エディタからPCBエディタまで、Altium Designerには設計に必要な機能がすべて揃っています。

 

Altium Designerに整備されている必要なシステムリソース

昨日使っていたツールが今日の設計で役立たなくなるのではないかと心配する必要はありません。Altium Designerには、困難な課題を解決するために必要な機能がすべて搭載されています。

ツールを容易に切り替えられるAltium Designerの統合設計環境

Protel PCBの統合設計環境

高度な配置と配線のツール

Protelとして提供が開始された当初から、Altiumには配置と配線の充実したツールがPCB設計ソフトウェアの中核機能として搭載されています。現在、これらのツールはかつてないほどに進化しています。スマートな配線アルゴリズムが採用されているため、コンポーネントをすばやく最適な場所に配置して調整できます。これまで以上にインテリジェントなインタラクティブ配線を活用すれば、PCBの配線が驚くほどのスピードで完了します。さらに、Altium Designerのネイティブ3D環境では、インポートした機構設計データに対してコンポーネントの配置を検証し、筐体などの機構要素のクリアランスチェックを行うことができます。配置に問題がある場合も、3D環境を離れることなく、コンポーネントの配置を簡単に調整できます。Altium Designerの中核を成すレイアウト機能は更新、強化されているため、最先端のツールを活用できます。

 

3D環境によって補完されるインテリジェントな配置と配線のツール

これらの機能は以前のProtelから大幅に改良されています。Altium Designerのレイアウトツールでは、エラーのない配置と配線をすばやく完了できます。

Active BOMは、Altium Designerで提供される多数の高度なツールの1つ

Protel PCBのActive BOM

配置と配線以外の設計ユーティリティー

ご存知のように、現在のPCB設計は回路設計や回路基板のレイアウトだけにととまりません。競争力を維持するには、コンポーネントの最新情報や高度な自動配線ツール、ファイルの自動作成ツールなど、さまざまな機能を使って現在の要件に対応する必要があります。Altiumではこれを踏まえ、ユーザーが必要とするツールや機能を長年にわたって追加しながら、Altium Designerを改良してきました。

 

Altium Designerでは、もうひとつのデータポータルとして機能する部品表管理ツールのActive BOMが提供されています。この機能では、コンポーネントデータに直接アクセスし、回路図やPCBのレイアウトでコンポーネントをクロスセレクトすることができます。また、ユーザーが選択したサプライヤーとのクラウド接続によって、コンポーネントの価格や在庫、詳細データに関する最新情報も提供されます。

 

Active Routeでは、オートルーターのスピードを活かしながら、正確な手動配線を行うことができます。Active Routeでは、目的の配線をガイドし、思いどおりに必要な配線を完了できます。配線後はDraftsmanを使用して、製造図を自動的に生成できます。コンポーネントの選択からCADの最終ファイルの生成まで、Altium Designerには作業の完了に必要なツールがすべて揃っています。

 

Altium Designerで活用できる高度なユーティリティーと機能

競争力を維持するには、配置や配線以上の機能が備わったPCB設計ソフトウェアが必要です。Altium Designerには、ユーザーが必要とする下記の機能が用意されています。

 

Protelは自らハードルを高く設定し、初のパソコンで使用できるPCB設計ツールの1つになりました。現在は、新たな進展と強化によって、Altium Designerで今もそのハードルが引き上げられています。30年にわたって業界で注目されているAltium Designerの導入をぜひご検討ください。

筆者について

筆者について

Zachariah Petersonは、学界と産業界に広範な技術的経歴を持っています。PCB業界で働く前は、ポートランド州立大学で教鞭をとっていました。化学吸着ガスセンサーの研究で物理学修士号、ランダムレーザー理論と安定性に関する研究で応用物理学博士号を取得しました。科学研究の経歴は、ナノ粒子レーザー、電子および光電子半導体デバイス、環境システム、財務分析など多岐に渡っています。彼の研究成果は、いくつかの論文審査のある専門誌や会議議事録に掲載されています。また、さまざまな企業を対象に、PCB設計に関する技術系ブログ記事を何百も書いています。Zachariahは、PCB業界の他の企業と協力し、設計、および研究サービスを提供しています。IEEE Photonics Society、およびアメリカ物理学会の会員でもあります。

最新の記事

Altium Roadshow 2022 Tokyo - Day 2 Altium Roadshow 2022は、アルティウム製品の最新動向およびテクノロジーを紹介するイベントです。リリースされたばかりのAltium Designer 22の新機能など、米国で年1度に開催するPCB設計サミット「AltiumLive」で紹介されるコンテンツをいち早くご案内します。第2日目は、マルチボード・プロジェクトのシステム設計、クラスやルームの概念に焦点をあてたベストプラクティス、ドキュメンテーション、MCADのコラボレーションについて紹介します。 このビデオでは次の内容について解説します: マルチボード・プロジェクトのシステム設計 Altium Designerを使用してMCADの制約を満たしながら基板間インターフェースを実現する方法を示しながら、複数のPCBのシステム設計と実装について深く掘り下げます。 Altium Designer ベストプラクティス (Part 2) このセッションでは、クラスやルームの概念を駆使することにより設計要件を予め整理し、デザインルールへ落とし込む工程について紹介します。さらに各ルールの複雑な標的の設定やそれぞれの優先順位付けを構築し、検証する方法を解説します。またOutput Jobsを介してのActiveBOM、Draftsman、部品座標データや 基板製造ファイルの設定、及びAltium 365 Workspaceにおける最終的な製造へのリリース用ファイルの生成にも焦点をあてます。 製造と実装のためのドキュメンテーション ビデオを見る
Altium Roadshow 2022 Tokyo - Day 1 Altium Roadshow 2022は、アルティウム製品の最新動向およびテクノロジーを紹介するイベントです。リリースされたばかりのAltium Designer 22の新機能など、米国で年1度に開催するPCB設計サミット「AltiumLive」で紹介されるコンテンツをいち早くご案内します。第1日目は、シミュレーション、回路設計機能に焦点をあてたベストプラクティス、コンポーネントライブラリについて紹介します。 このビデオでは次の内容について解説します: Altium Designer 22の紹介 このセッションでは、Altium Designer 22のエキサイティングな改良点についてご案内します。シミュレーション結果/測定の改善、デザインルールに含まれるデジグネータの自動更新、IPC-4761経由のサポート、Draftsmanの改善、回路図のクロスリファレンス、トレースグロスなどが含まれます。 シミュレーションを用いた設計分析 本セッションでは、動作点、AC/DCスイープ、波形表示/編集を伴う過渡状態シミュレーションのための更新フローと回路セットアップを紹介します。 Altium Designer ベストプラクティス (Part 1) 本セッションでは、回路設計を階層的にトップダウンまたはボトムアップで構成することのメリットと、回路図ディレクティブとPCBプランニングが基板レイアウトに与える影響についてレビューします。さらに、回路図ではなくPCBにてクラスを作成することの危険性についても言及します。 ビデオを見る
ホームに戻る