SpaceXハイパーループコンテストに挑戦するミュンヘンの学生チーム

Judy Warner
|  投稿日 July 9, 2018  |  更新日 December 21, 2020

2017年のハイパーループポッドコンテストII優勝後のWARR HyperloopチームとElon Musk氏。

Judy Warner: WARR Hyperloopのチーム経歴とミュンヘン工科大学について簡単に教えてく さい。

 

Martin Riedel: WARR Hyperloopは、2015年秋に6人の学生グループとして結成され、その後学生は40人近くまで増えて、毎年SpaceXハイパーループコンテストに 参加するようになりました。WARR Hyperloopは、ミュンヘン工科大学(TUM)のWARR(ロケット工学および宇宙飛行に関する 科学ワークグループ)という、より大きい学生組織に属しています。WARRは、1960年代以降活動を続けている学生グループで、ハイブリッドロケットエンジン、キューブサット、宇宙エレベーターなどの開発、テスト、打ち上げを行うチームがあります。

 

Warner: 電気チームには何人の学生がいますか? また、主に何年生ですか?

 

Riedel: 電気チームには8人の学生がいます。学士課程の2年生から 修士課程までの学生です。専攻科目は、主に電子工学、コンピューターサイエンス、機械工学などです。

 

2017年のポッドの走行準備をしているMartin Riedel氏(立っている人)。

 

Warner: チームは昨年、ハイパーループコンテストで優勝し、最高記録を破る速度を 達成しましたね。成功の要因は何だとお考えですか?

 

Riedel: 昨年の成功は、私たちが電気駆動システムに重点を置いた ことにあると思います。車は、高性能なモーターをベースにして設計されており、車体の軽量化を非常に重視しました。

さらに、コンテスト前に十分なシステムテスト(ラボでのテストベンチ および車体でのテスト)を行ったことが成功の重要な鍵でした。(こちらをクリックすると2017年のWARR Hyperloopのポッドの圧倒的な走行の様子をご覧いただけます)

 

SpaceXで加圧真空チューブを高速走行するWARR Hyperloopの2017年のポッド。

 

Warner: デザインと性能を向上するため、今年ポッドに何を追加しましたか?

 

Riedel: 今年のポッドは、昨年のコンセプトをさらに推し進めています。車体重量が非常に軽くなりました。シミュレーションにより最適化されたCFRP構造を採用することで、昨年と比較して50%も構造重量を減らすことができました。大がかりな電池テストにより、ピークの電池性能が仕様電力より60%アップしたことがわかりました。独自設計のブレーキは、軽量合 により車体を軽くしただけでなく、車両の制動減速度を最大10Gにすることができました。(こちらからPod IIIのメイキングビデオをご覧いただけます)

 

最高記録を破った2017年のポッドと誇らしげなチーム。

 

駆動系では、単一モーターのコンセプトから、8つの電気モーターの分散セットに変わっています。これらの高速回転モーターは、仕様の電力比を顕著に改善し、目標最高速度の600km/h(372mph)達成というよい結果を出すことができました。

 

Warner: それはすばらしいですね!! ドイツからLAまではるばるポッドとチームを移動させるにあたり、輸送に関してどのような問題がありますか?

 

Riedel: 競技用の車両、工具、必要な部品は全て木箱に詰め、アメリカまで空輸します。船を利用すると、2か月という貴重な時間を輸送にかけることになります。LAへの到着、そこから競技会場やテスト会場への移動、荷物の積み下ろしは、事前に念入りな計画を立てる必要があります。チームとしての非常に大きな問題は通関です。私たちは、アメリカに持ち込んだ物品を最終的にドイツに持ち帰るので、ATAカルネにより関税が免除されます。ただし、あらゆるサイズのネジに至るまで、輸送する全ての部品1つ1つを正確に書類に記入しなければなりません。手続きの自動化を心から望みます!

 

操縦席での緊張の瞬間。

 

Warner: WARR Hyperloopチームに所属していることは、職業に対する考えにどのように影響していますか? また将来へ向けてどのように役立っていますか?

 

Riedel: WARR Hyperloopチームに2年半所属していたことは、非常に大きな影響力を持っています。機械系ハードウェアから、電気系ハードウェア、チームワークやチーム作りまで、広範囲に渡るトピックについて学んだり、関連する作業を行ったりできる場所は、ここ以外考えられません。コンテストで私にとって最も重要なことは、チーム共通の目標、つまり最終期日に向けて、設計を開始し、それを作成し、走らせることです。問題は最小限に抑えて、アイデアから動作するプロトタイプを作り出すことです。

 

Elon Musk氏のサイン入りの2017年ハイパーループIIコンテストトロフィー。

 

Warner: コンテストでWARR Hyperloopのすばらしい新ポッドが走行する場面に立ち会うの 常に楽しみにしています。お忙しいところ、チームについて、またご自身の経験や新しいポッ についてお話ししていただき、どうもありがとうございました。

 

Riedel: こちらこそありがとうございました。ご支援に感謝いたします。コンテストでお会 できることもも楽しみにしています。

 

編集者注: 7月22日、WARR Hyperloopチームは新しいポッドを携えてコンテスト(このインタビューの約1か月後に開催)に臨みました。SpaceXハイパーループコンテストIIIのWebサイトまたはWARR HyperloopのWebサイトで結果をご覧ください。

 

 

筆者について

筆者について

Judy Warnerは、25年以上にわたりエレクトロニクス業界で彼女ならではの多様な役割を担ってきました。Mil/Aeroアプリケーションを中心に、PCB製造、RF、およびマイクロ波PCBおよび受託製造に携わった経験を持っています。 また、『Microwave Journal』、『PCB007 Magazine』、『PCB Design007』、『PCD&F』、『IEEE Microwave Magazine』などの業界出版物のライター、ブロガー、ジャーナリストとしても活動しており、PCEA (プリント回路工学協会) の理事も務めています。2017年、コミュニティー エンゲージメント担当ディレクターとしてAltiumに入社。OnTrackポッドキャストの管理とOnTrackニュースレターの作成に加え、Altiumの年次ユーザー カンファレンス「AltiumLive」を立ち上げました。世界中のPCB設計技術者にリソース、サポート、支持者を届けるという目的を達成すべく熱心に取り組んでいます。

最新の記事

ホームに戻る