伝送線路のインピーダンス計算

Altium Designer
|  投稿日 November 12, 2021

今日のプリント基板には、多くの伝送線路が使用されています。これにクロック周波数やデータレートの上昇が加わると、高速設計には致命的な問題となります。これらの力学を無視すると、性能、消費電力、EMC/EMI順守などが損なわれ、製品開発に支障をきたし、設計サイクルの遅延や競合他社に利用される可能性があります。

今日の設計で遭遇する典型的な伝送線路、インピーダンスに影響を与えるPCB変数、Altium Designerでの伝送線路の作成、計算、設計方法について解説します。また、Simberian社のSIMBEOR®エンジンを最大限に活用して、インピーダンスプロファイルを作成し、デザイン内の伝送線路を管理する方法を紹介します。

このビデオでは、次のトピックについて紹介します:

  • エレクトロニクス開発の現在の動向

  • PCB伝送線路モデルとインピーダンス計算

  • インピーダンスプロファイルの定義

  • 伝送線路を指定した目標インピーダンスで配線

今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問い合わせフォームにご入力ください。

筆者について

筆者について

Altium Designerは、回路・基板設計から基板製造・実装までの一貫したソリューションを単一の環境で提供するPCB設計総合プラットフォームです。

最新の記事

ホームに戻る