Protel世代のデザインデータを再利用する

投稿日 October 6, 2020
更新日 November 30, 2020
Protel世代のデザインデータを再利用する

Altium Designerの登場からすでに十数年が経過しており、以前のProtelツールを目にする機会は殆ど無くなりました。しかし、Protelツールは1986年の発売から2005年まで、長期に渡って販売きれてきた為、世界中の至る所にProtelで保存されたデザインデータが残っています。

Altium Designerはこれらの古いProtelデータの読み込みをサポートしており、30年以上も前に使われていた初期のバージョンのデータであっても、読み込んで再利用する事ができます。

古いProtelデータの読み込み手順

古いProtelデータはAltium Designerのファイルを開く場合と同様に、[ファイル] - [開く] コマンドで読み込む事ができます。ただし、Protel 99 SEのDDBファイルを読み込む場合には、[インポートウィザード] を実行します。

図1. Protelデータの読み込み手順
図1. Protelデータの読み込み手順
Protel 99 SEのDDBファイルを読み込む場合には、[インポートウィザード] を起動します。個別のProtelファイルは [ファイル] - [開く] で読み込みますが、変換元ファイルを選ぶとDXPインポートウィサードが自動的に立ち上がります。

読み込みがうまくいかない時には

多くのProtelデータは、DXFインポートウィサード、又はインポートウィサードを使って問題なく読み込めるはずです。しかし、稀にファイルが認識されなかったり、読み込みの途中でエラーが発生したりする場合があります。このような場合、ファイルの損傷やインポータが解釈できないデータの混入など、ファイル内のデータに問題がある可能性があります。

このような不具合に対しては、Altium Designer側での対処は困難ですが、古いProtelツールが動作する環境が残っていれば、解決できる場合があります。

1. Protel 99 SEDDBファイルが正しく認識されない場合には

DDBファイルは、複数のデザインファイルをひとまとめにするためのコンテナとして使われており、回路図ファイルやPCBファイルはこのDDBファイルに埋め込まれています。Protel 99 SEでは、稀にこのDDBファイルに異常が生じる場合があり、これが、Altium Designerで正しく認識できない事の原因になっている可能性があります。

幸いな事に、Protel 99 SEにはDDBファイルの異常を修復する機能があります。もし、Protel 99 SEを利用できるのであれば、この機能を使う事により、問題を解決できる可能性があります。

この機能は、Protel 99 SEのメニューバーの [⇩] メニュー( [File] メニューの左にある下向きの矢印)から [Design Utilities...] を起動する事によって利用できます。

図2. DDBファイルの修復
図2. DDBファイルの修復
Protel 99 SEのRepairツールを使ってDDBファイルのダメージを修復する事ができます。また、Compactツールによって、編集中に肥大化したDDBファイルのサイズを最小化する事ができます。

また、それでも解決できない場合には、Protel 99 SEから個別の回路図・PCBファイルを取り出して、Altium Designerの [ファイル] - [開く] コマンドで読み込みます。

2. 個別のデザインデータが読み込めない場合には

Protel 99 SEの個別のデザインデータやそれよりも古いProtelのデザインデータは、[ファイル] - [開く] コマンドで読み込む事ができますが、読み込みの途中、稀にハングアップしたりデータが正しく再現されなかったり事があります。これは、デザインファイルに異常なデータが含まれている場合等に起こります。このような場合にはASCIIフォーマットで受け渡しを行う事によりデータがクリーンナップされ、正しく読み込めるようになる場合があります。ただし、これを行うには、古いProtelツールを使って、データをASCIIフォーマットで保存し直す事が必要になります。

それでも問題が解決しない場合には、元データの異常箇所を特定して、修正や削除を行います。これは試行錯誤の繰り返しが必要な手間のかかる作業ですが、多くの場合この方法で問題を解決できるはずです。

古いバージョンのProtelデータを利用する場合の要点

古いProtelデータの殆どは問題なく読み込め、正しく再現されます。しかし、Altium DesignerではProtelツールに対して構造的な変更が行われている箇所があり、若干の注意が必要です。

1. ユニークID

Altium Designerでは、回路図上のシンボルとPCB上のフットプリントがユニーク IDという識別子によって関連付けられます。このユニークIDは、Protelデータの読み込み時に自動的に構築されますが、これだ不完全だったり編集中に崩れてしまったりする場合があります。

例えば、回路図から [Update PCB…] コマンドでPCBにデータを転送した時、フップリントが欠落する場合があります。この不具合はたいてい、ユニーク IDが崩れてしまった事が原因す。このような場合、回路図編集画面から [コンポーネントユニークIDをリセット] コマンドを実行する事によってユニークIDが再構築され、不具合を解消する事ができます。

図3. ユニークIDの再構築
図3. ユニークIDの再構築
[コンポーネントユニークIDをリセット] コマンドによって、ユニークIDを再構築する事ができます。包括的に再構築したい場合には、[Rest All Component IDs] にチェックを入れます。

2. ジャンクションの変換

古いProtelの回路図エディタでは、ワイヤーの接続ポイントにジャンクションドットをマニュアルで配置しますが、Altium Designerでは自動的に発生します。このため、Altium Designerへの読み込み時には、古いProtelのジャンクションドットをどのように取り扱うかが問題になります。インポートウィザードでは、マニュアルで配置されたジャンクションをそのままにしておくか、それとも、オートジャンクションに変換するのかを決める事ができます。読み込まれた回路図上では、オートジャンクションとマニュアルジャンクションは別の色で表示されるため、容易に判別する事ができます。

図4. ジャンクションの変換条件を決める
図4. ジャンクションの変換条件を決める
マニュアルジャンクションをそのままにしておくと、再現性の高い読み込みが可能ですが、オートジャンクションに変換した方が、回路図編集をより能率的に行う事ができます。

3. プリント基板の外形

Protel 99 SE以前のPCBツールには基板外形を設定する機能が無く、PCBデータには外形データが含まれていません。この為、Altium Designerへの読み込み時に何らかの方法で基板外形を生成しなくてはなりません。この為、読み込み時のウィザードには、元データに含まれている任意のデータをAltium Designerのボードシェープに変換する機能が用意されています。

古いProtelツールでは、KeepOut Layerに規定した配線可能エリアを、基板外形の目安としても利用していました。しかし、この配線可能エリアは基板外形の少し内側に設定されている事が多く、そのまま変換してもAltium Designerのボードシェープとしてそのまま利用できず、読み込んだ後に編集しなくてはなりません。

また、もし基板外形に相当するデータが他のレーヤに含まれていれば、それを利用する事もできます。

図5. 基板外形の生成
図5. 基板外形の生成
インポートウィサードではProtel PCBのKeepOutレーヤや他の層のデータをAltium Designerのボードジェープに変換する事ができます。なお、ボードシェープの編集や他のデータからの変換はAltium Designerへの読み込み後に行う事ができますので、デフォルト設定のまま進めても特に困る事はありません。

Altium Designerへの読み込み完了後、ボードシェープが適切では無い場合には、PCB画面からボードシェープに使えそうなデータを探します。そしてもし見つかればそれをセレクトして、[デザイン] - [基板外形] - [セレクトしたオブジェクトから設定] コマンドで、ボードシェープに変換します。

もし、適切なデータ見つからない場合には、編集画面を [基板プランニングモード] に切り替えてボードシェープを編集するか、または新規に作成します。

なお、Altium Desgnerのボードシェープについては、基板外形の作成と加工情報の受け渡しにも説明があります。

また、ここでは、古いProtelとAltium Designerとの構造的な違いと、読に込みを成功させるための要点を紹介しましたが、違いや注意点は他にもあります。これらについて、Protel 99 SE から Altium Designer へ移行で詳しく解説されていますのでご覧ください。

今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。

最新の記事

Altium Designerのベストプラクティス(パート2) - AltiumLive 2022 このセッションでは、ネットクラスやルールを使って設計意図を伝えるために回路図を使用する際のベストプラクティスをご紹介します。また、部品、ルール、ネットに優先順位とクラスを使用して、複雑な設計ルールを構築する方法も学習していきます。 ハイライト: 設計プロセスにおけるActiveBOM文書の活用 設計要件を理解 トランスクリプト: デビッド・ハバウド: 始めましょう。皆さん、ようこそ。デビッド・ハバウドです。Altiumでプロダクト・マーケティング・エンジニアをしています。本日は、Altium Designerのベストプラクティスをご紹介します。このプレゼンテーションは、「ベストプラクティス」に関する講演の第2部です。ですから、新規ユーザーの方や、ルール作成や情報提供の基礎から学びたい方は、先に「ベストプラクティス パート1」をまずご覧になることをお勧めします。 そこで今日はまず、PCBについて話す前に、回路図側からルールを定義することである「回路図ディレクティブ」について説明します。その後、PCBに話題を移した後は、複雑なルールの構築、ルールの複雑なスコープを作成するためのクエリ言語などの使用、優先順位付けがある場合の作業、違反に対する調和の構築、違反の対処方法などについてご説明します。 そこからは、設計レビューについても少しお話します。さまざまなステークホルダーがいる場合に、プロセスを少しでもスムーズにするためにできることがあります。このセクションでは、Altium 365でプロジェクトの作業をしながら説明します。プロジェクトはワークスペースでホストされます。そこから、出力ファイルの生成におすすめのファイルを紹介していきます。そして、これらの出力ファイルを手に入れたら、Altium 365ワークスペースのウェブインターフェースでもう一度確認し、すべての情報を製造業者に直接提供する方法について説明していきます。 それでは始めましょう。設計プロセスを開始する際に最初にすべきことは、設計要件を深く理解することです。新しい設計に取り組む際、要件を明確にするときに直面するいくつかの課題があります。 まず、一般的な要件を明確にしたら、それらがどのように相互作用するかを理解しなければなりません。例えば、エッジコネクタの場合、筐体の中にうまく収まるように、適切なクリアランスを確保する必要があります。また、ルールを明確にした後、違反が発生した場合、その違反を解決したり、必要に応じて免除したり、文書化したりすることは、非常に困難なことです。 ここで、検証が重要になってきます。これは、製造プロセスに移る前に、確実に設計意図を伝え、正確に処理されるようにするために、ルールを検証することです。そこで、これらの要件を満たしていることを関係者に証明するための文書を作成します。 そこで、設計要件について、3点ばかり重要なことをお伝えします。1つ目は同期です。設計はすべて2つの要素で構成されています。論理的な要件を明確にする回路図。コネクティビティはこの一例です。さまざまなネットクラスで差動ペアを定義します。このプレゼンテーションでは、ここに焦点を置きます。 もう1つは、PCB。定義した要件やルールが、実際のアプリケーションに反映されることになります。これらは、先程述べたように、筐体の適切なクリアランスや、インピーダンスプロファイルの適切な幅などが定義されていることが非常に重要です。 これらを明確にし、これらの要件が回路図かPCBか、どちらに影響を及ぼすかを把握したら、要件をルールにまとめるという次のステップに進みます。ここでは、部品のクリアランスなど、要求を分類する必要があります。その後、範囲を明確にします。範囲が適切に設定されていないルールを作成すると、意図したレベルの検証ができなくなるため、範囲設定は非常に重要です。そこで、同様に重要なのが優先順位付け。ルールには階層があります。これについても説明していきます。そして、設計要件を明確にする中で、次に取り組まなければならないのが、相反する範囲の削減です。 そこで、まずは「同期」について説明します。先に述べたように、設計プロセスにはいくつかの側面があります。私たちは、設計プロセスのすべての領域に適用される要件、対応するルールを作成します。先程お話ししたように、ルールの中でも、今日は、回路図ディレクティブに焦点を当ててお話ししていきます。回路図の選択肢としては、「差動ペア」「No ビデオを見る
ホームに戻る