GERBER RS-274-Xに代わる形式

投稿日 February 10, 2017
更新日 January 5, 2021

PDFをダウンロードしてオンラインで学ぶ

Gerber RS-274Xは、プリント回路基板設計ソフトウェアの事実上の標準形式であり、全世界で現在設計されているプリント基板の約90%の製造に使用されています。これほど多く使用されているにもかかわらず、Gerberには実際に多くの制約があるため、製造工程全体を通してさまざまな問題を引き起こす可能性があります。ただ、幸いなことにこれに対する解決方法があり、RS-274Xに内在する問題について対処するためのオープンスタンダードGerber X2とIPC-2581が策定されました。では、X2とIPC-2581ではできて、RS-274Xではできないことは何でしょうか? 業界標準に比べたこれらの形式の利点を理解するため、各形式について詳しく見てみましょう。 

GERBER形式の歴史概略 

Gerberファイル形式は、1960年代にGerber Systems Corporation(現在はUcamco社)により策定されました。初期の数値制御(NC)フォトプロッターシステムのリーディングプロバイダーであった同社は、自社のベクターフォトプロッターをサポートする最初の入力形式を策定しました。この形式は当時の数値制御規格EIA RS-274-Dのサブセットがベースになっていました。1980年に、Gerber Systems社は『Gerber Format: a subset of EIA RS-274-D; plot data format reference book(Gerber形式: EIA RS-274-Dのサブセット、プロットデータ形式基準書)』というタイトルの仕様を公開しました。この形式は一般にGerber-RS-274Dまたは標準Gerberと呼ばれ、短期間のうちに広く採用されてベ クターフォトプロッターの事実上の標準形式となりました。 

図1 - テンプレート、ライブラリ、サンプルの場所
図1 - テンプレート、ライブラリ、サンプルの場所

しかし、1980年代にはベクターフォトプロッターがラスタースキャンプロッターにより置き換えられ始めました。新しいビットマップ式のプロッターには、初期の数値制御式ベクターフォトプロッターとはまったく異なるデータ形式が必要でした。このためGerber Systems社は、画像ファイルのコレクションをサポートできるように元のNC形式を拡張しました。 

1998年にGerber-Systems社はBarco-ETS社に買収されてプリント基板部門に統合され、現在ではUcamco社として知られています。そのときにBarco社は、Gerberの画像形式コレクションに含まれるさまざまな形式を、GerberまたはGerberXと呼ばれる1つの標準画像形式に統合しまし た。このときの指針で概要が策定されたのが、現在私たちが使用しているGerber RS-274X形式です。 

Gerber RS-274Xはフル画像記述形式です。したがって拡張Gerberファイルにはプリント基板レイヤーの完全な記述が含まれ、オペレーターがプリント基板の画像を作成するのに必要なすべてのものが用意されており、任意の開口部形状を定義できます。標準Gerberと異なりGerberXでは、他の外部開口部ファイルのサポートが一切必要ありません。GerberXでは平面とパッドが明確に簡潔に規定され、塗りやベクター埋め込みの 必要がありません。Gerber RS-274X形式は、またたく間に標準Gerberに代わるプリント基板画像データの事実上の標準形式になりました。現在でも、全世界で設計されるすべてのプリント基板の約90%の製造に使用されています。 (※続きはPDFをダウンロードしてください)

Gerberに関連その他の資料は以下よりご覧いただけます。

今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!

最新の記事

ホームに戻る