OrCADユーザーのためのAltium Designer®評価ガイド(2018)

投稿日 April 10, 2019
更新日 June 25, 2020

PDFをダウンロードしてオンラインで学ぶ

PCB設計は、ENGINEERING ARTの仕事です

電子機器を設計するとき最も考慮すべき点は、生産性と性能です。市場投入の期日は動かせないので、最適な性能を得るために、高精度なレ イアウトと正確な結合を作り上げるのに多くの作業を行うときも、効率性は必要不可欠です。品質と効率の両方を達成するには、完全なPCB設計プラットフォームへの投資は不可欠です。Altium Designer®は網羅的な科学知識と自然な設計の直感を組み合わせることで、統一され一貫した設計環境を作り上げます。与えられた時間枠で必要な機能を実現することに実績を持ち、設計のすべての課題に対処できます。

次の製品の開発における課題は何でしょうか?

PCB設計の遅延を引き起こすような問題は数多く考えられます。現在の設計環境では、設計仕様の最小要件を満たすにも不十分かもしれませ ん。あるいは、リリース期日に間に合わない、または製品のコスト目標を超過してしまうことも考えられます。完璧な基板を設計する技術がありながら、何らかの理由で機能の洗練性の目標を達成できないこともあります。このような問題を抱えている設計者は珍しくありません。設計チーム全体が、何年にもわたって同様な問題を抱え続けているのはよくあることです。今こそ、その状況に変化をもたらすべきです。

電子機器製品はますます急速に複雑化しており、より大規模な回路が小さな基板に詰め込まれるようになってきています。このような設計の動向を考えれば、目標を満たせないことを業務の日常として受け入れることは、もはや許容されません。新しいソリューションが必要です。しかも、それは 完全なソリューションである必要があります。豊富な機能を持つ製品で、差別化され、御社のサプライチェーンとリアルタイムで接続され、設計データ を効果的に管理し、再利用や変更指示を管理し、ECADおよびMCAD設計プロセス全体にわたって効率的な共同作業を可能とするソリューショ ンが必要です。これらすべてを、どのように達成すればいいでしょうか?Altium Designerの提供するソリューションについて詳しくご紹介しましょう。

ORCAD® PCB製品

現在使用しているケイデンス社の製品が、OrCAD® PCB Designer Standard、Professional、またはアップスケールされたAllegro® PCB Designerのどれであっても、Altium Designerは全ての設計課題を確実に満たすことができます。弊社は世界最先端の研究開発チームを保有しており、あらゆるPCB設計者向けにクラス最高のソフトウェアを製作することを常に目標としてきました。

Altium Designerの概要

設計、解析、リリースプロセス用の統一された環境を提供するAltium Designerは、現代的で習得しやすく使いやすい、最も統合されたPCB設計ツールです。設計プロセスの早期段階において、主要な決定を簡単な操作で行うために必要な機能が搭載されています。作業をより効率的に実行し、プロセス全体をチェックしたり、バランスをとることで、すべての要素を常時チェックできます。また、Altium Designerはサードパーティーの解析、合成、3Dメカニカルソフトウェアとスムーズに連携できます。(※続きはPDFをダウンロードしてください)

今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!

最新の記事

Altium Roadshow 2022 Tokyo - Day 2 Altium Roadshow 2022は、アルティウム製品の最新動向およびテクノロジーを紹介するイベントです。リリースされたばかりのAltium Designer 22の新機能など、米国で年1度に開催するPCB設計サミット「AltiumLive」で紹介されるコンテンツをいち早くご案内します。第2日目は、マルチボード・プロジェクトのシステム設計、クラスやルームの概念に焦点をあてたベストプラクティス、ドキュメンテーション、MCADのコラボレーションについて紹介します。 このビデオでは次の内容について解説します: マルチボード・プロジェクトのシステム設計 Altium Designerを使用してMCADの制約を満たしながら基板間インターフェースを実現する方法を示しながら、複数のPCBのシステム設計と実装について深く掘り下げます。 Altium Designer ベストプラクティス (Part 2) このセッションでは、クラスやルームの概念を駆使することにより設計要件を予め整理し、デザインルールへ落とし込む工程について紹介します。さらに各ルールの複雑な標的の設定やそれぞれの優先順位付けを構築し、検証する方法を解説します。またOutput Jobsを介してのActiveBOM、Draftsman、部品座標データや 基板製造ファイルの設定、及びAltium 365 Workspaceにおける最終的な製造へのリリース用ファイルの生成にも焦点をあてます。 製造と実装のためのドキュメンテーション ビデオを見る
Altium Roadshow 2022 Tokyo - Day 1 Altium Roadshow 2022は、アルティウム製品の最新動向およびテクノロジーを紹介するイベントです。リリースされたばかりのAltium Designer 22の新機能など、米国で年1度に開催するPCB設計サミット「AltiumLive」で紹介されるコンテンツをいち早くご案内します。第1日目は、シミュレーション、回路設計機能に焦点をあてたベストプラクティス、コンポーネントライブラリについて紹介します。 このビデオでは次の内容について解説します: Altium Designer 22の紹介 このセッションでは、Altium Designer 22のエキサイティングな改良点についてご案内します。シミュレーション結果/測定の改善、デザインルールに含まれるデジグネータの自動更新、IPC-4761経由のサポート、Draftsmanの改善、回路図のクロスリファレンス、トレースグロスなどが含まれます。 シミュレーションを用いた設計分析 本セッションでは、動作点、AC/DCスイープ、波形表示/編集を伴う過渡状態シミュレーションのための更新フローと回路セットアップを紹介します。 Altium Designer ベストプラクティス (Part 1) 本セッションでは、回路設計を階層的にトップダウンまたはボトムアップで構成することのメリットと、回路図ディレクティブとPCBプランニングが基板レイアウトに与える影響についてレビューします。さらに、回路図ではなくPCBにてクラスを作成することの危険性についても言及します。 ビデオを見る
ホームに戻る