PDN Analyzerユーザーガイド

Created: April 10, 2019
Updated: August 5, 2020

Download the PDF to keep learning offline

DCパワーインテグリティー(PI-DC)の目的

デジタル設計の密度と複雑さがますます増大する中、設計での決定が電源分配ネットワーク(PDN)の電圧や電流に及ぼす影響について完全に理解することは、これまで以上に困難かつ重要になっています。今日のPCB設計者は、PDNの問題の解決を、物理的な試作を使った設計後の作業として捉えるのではなく、PDNの問題を設計時に正確に特定し解決する方法を必要としています。

Altium Designer®に付属のCST®による電流密度解析ツールPDN Analyzerでは、経験レベルに関係なく、あらゆるPCB設計者にとって親しみやすく直観的なプロセスでPDN解析を行えます。このガイドブックでは、順を追ってPDN Analyzerの初期設定について解説します。物理的な試作に依存せず、設計時 にPDNを快適に最適化できるようになります。

設計時のPDN解析の必要性

電圧ソースから負荷までの銅箔が十分であることを、今はどのようにして確認していますか? プレーンは、適切な電圧範囲を負荷に提供していますか? 通常のPCB設計プロセスでは、これらの問いへの答えは、しばしばありません。通常、エンジニアは、確立された基準を当てにして、うまく行けばPDN問題を回避できるよう、控えめな値を採用します。このように当て推量に頼っていると、試作で把握しきれない場合、製品の信頼性や評判を 損なう大失敗に至る場合があります。

全ての設計は、基板上のチップに対する適切な電力消費要件を満たす必要があります。この際に最も重要なステップは、DC電源供給に十分な 銅箔を提供することです。電力消費のチェックや最適化が行われないと、IRドロップが発生します。すると、電源やGND-shapeの抵抗によって電 圧が消費され、電圧を最も必要とする負荷まで行き渡りません。(※続きはPDFをダウンロードしてください)

今すぐAltium Designerの拡張機能であるPDN Analyzerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!

most recent articles

設計能力をレベルアップして持続的な競争優位性を向上 どの設計チームも、それぞれ独自の目的で、同じ設計情報にアクセスし使用できる一元化された場所を作成する、という構想または計画があります。同じ設計情報というのは、プロジェクト、コンポーネント、ライブラリ、シンボル、モデルなどを指しています。これらのファイルシステムは非常に壊れやすいにもかかわらず、あまりにも多くのユーザーがあまりにも多くの編集を、品質管理せずに行います。 これらの試みが失敗に終わるのは、構造、標準化、電気的なインテリジェンスが欠如しているからです。Altium 365は、電気、機械、製造を含むすべてのプロジェクト関係者を結びつけて、これらすべての問題を解決します。 このビデオでは、以下のトピックについて紹介します: インテリジェントに構造化および管理された設計データセンターを、迅速かつ簡単に構築する 機構チームと連携する コンポーネントおよびライブラリを管理する ユーザーグループを構築し、権限を管理する 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問い合わせフォームにご入力ください。 ビデオを見る
Back to Home