バジェットとデータセキュリティのバランス:ITマネージャーのためのコスト効率の良い戦略

Lena Weglarz
|  投稿日 三月 25, 2024
バランスの取れた予算とデータセキュリティ:ITマネージャーのためのコスト効率の良い戦略カバー

電子製品開発業界のITマネージャーとして、あなたの役割は、厳しい予算を管理しながら、機密設計データを保護することに関わっています。サイバー脅威はますます洗練されており、会社の市場位置や財政安定性にかなりのリスクをもたらしています。侵害は、財務損失から長期的な評判損失に至るまで、広範囲にわたる影響を及ぼす可能性があります。

しかし、実際にはリソースは有限であり、あなたが下すすべての決定は、コスト効率と妥協のないセキュリティの間でバランスを取る必要があります。このブログでは、データセキュリティ対策を強固かつ経済的に実行可能であるように維持する方法を探ります。

電子製品開発のユニークなデータセキュリティニーズ

電子業界では、取り扱うデータは単に運用上のもの以上のものです。それは、企業の革新と競争上の優位性の核心です。これにより、初期概念から最終的な回路図に至るまでのあらゆるものを含む機密設計データは、サイバー攻撃者にとって主要な標的となります。これらの敵対者は、知的財産を不正に取得し、市場地位を損ない、技術革新を利用しようとします。

設計データがなぜ魅力的な標的なのでしょうか?知的財産の盗難は、直接的にあなたの利益と市場シェアを減少させ、競合他社に不当な利点を与えます。莫大な財務損失に加えて、データ侵害は、パートナーや顧客との信頼を損ないます。さらに、これらの事件は業界基準に対する非遵守を引き起こし、重要な市場での運用能力と成長潜在力を阻害する罰金や法的課題を招きます。

強力なデータセキュリティ対策を実施する責任は、企業が安全に革新し、競争上の優位性を維持し、業界規制に準拠する能力に直接影響を与えます。しかし、しばしば直面する限られたリソースで、どのようにして設計データを効率的に保護できるのでしょうか?

ネタバレ注意:この場合、オンオフを繰り返しても解決にはなりません。

データセキュリティのためのコスト効率の良い戦略

しかし、有望な戦略は、安全でスケーラブル、そして経済的に効率的なデータストレージおよび管理ソリューションを提供するクラウドベースのプラットフォームの採用です。クラウドへの移行が戦略的にあなたの運用にどのような利益をもたらすかを探りましょう。

従来のソリューションにおけるITリソースのコスト

設計ファイルのストレージ用にオンプレミスサーバースペースを維持することは、物理サーバー自体だけでなく、それらが消費するスペースとエネルギーによっても、かなりのコストがかかります。運用上の欠点には、定期的なメンテナンス、保守のための専任の人員、および高いデータ損失のリスクを伴う複雑なプロセスによるデータ復旧が含まれます。

これらの課題をクラウドストレージと比較すると、多くの財政的および運用上の負担が大幅に軽減されたり、なくなったりします。サブスクリプションモデルを選択することで、インフラのセキュリティ、メンテナンス、より効率的なデータ復旧オプションをカバーする予測可能なコストが提供され、従来の方法と比較してかなりの財政的な救済を意味します。このアプローチは、サーバーハードウェアのコストを排除するだけでなく、これらのシステムを管理するための専門的なITスタッフの需要を減らします。オンプレミスインフラの維持と保護に以前は結びつけられていたリソースのその部分を解放することができます。

その変更を元に戻す!

エラーのために以前のファイルバージョンに戻る必要があるデザイナーのシナリオを考えてみてください。珍しい現象ではありませんよね?オンプレミス環境では、変更を追跡し、データを復元することが複雑でリソース集約的なタスクになります。しかし、クラウドは自動バックアップ、簡単なバージョン管理、迅速な復旧を提供することで、これを簡素化し、データの整合性を維持し、ビジネスの継続性を確保するためのコスト効率の良い方法を提示します。この機能は、すべての変更が重要である電子製品開発において特に重要です。

社内で再現できますか?

オンプレミス設定の継続的なメンテナンスコストは、初期インストールを超えて拡大します。展開と継続的な管理は、両方とも大幅なリソースを要求します。最先端の暗号化と、新たに出現する脅威に対応するため定期的に更新されるプロトコルを備えたクラウドセキュリティは、広範なハードウェアとチームからの絶え間ない監視の必要性を排除します。クラウドサービスプロバイダーは、専門のチームを雇用して、セキュリティプロセスとシステムをメンテナンスし、更新するため、常に最新の状態を保ちます。このレベルの専門知識を達成し、関連するコストを管理することは、社内ではしばしば不可能です。

さらに、技術進歩はデータセキュリティに別の複雑さの層を加えます。従来のシステムは、技術進歩に追いつくために頻繁にアップグレードが必要です。この連続した更新の必要性は、予算を圧迫し、チームの焦点を他の重要なIT責任からそらします。この課題は、新しいソフトウェアバージョンとスムーズに統合できない可能性があるレガシーシステムを扱う場合に特に深刻です。クラウドソリューションは、安全な統合と自動更新を提供することで、これらの問題に直接対処し、追加の時間とお金の投資なしに、システムが常に最新のセキュリティ保護を備えていることを支援します。

ベンダーリスク管理?それを肩から降ろしましょう!

さて、ベンダーリスク管理について考えてみましょう。現在、ハードウェアおよびソフトウェアベンダーのセキュリティを管理するために、どれだけの時間、予算、およびエネルギーを費やしていますか?これは、リソース集約型のプロセスであり、継続的な審査とライフサイクル管理が必要です。

それがクラウドを検討するもう一つの理由です。ここでは、サービスプロバイダーが、ベンダーの検証、セキュリティ更新、および業界標準への準拠をあなたに代わって管理する責任を負います。この第三者への委託は、最も強固な社内IT部門でさえも圧迫するであろう専門知識とリソースのレベルをもたらします。

セキュリティプロセスの自動化

予算とデータ保護のバランスを取るもう一つの方法は、セキュリティプロセスの自動化と統合を通じて行うことです。定例のセキュリティタスクを自動化することで、人為的ミスの可能性を減らします。人為的ミスはセキュリティ侵害の主要因であり、IBMの研究によると、サイバーセキュリティインシデントの95%がこのようなミスに起因しています。これにより、チームは他の重要な領域に集中できます。システムは手動の労力なしで最新のセキュリティ保護の恩恵を受けることができます。このような自動化は、システムのダウンタイムも最小限に抑えるため、製品の発売遅延とそれに関連する財務的な影響を防ぐ上で重要な要素です。

財務効率のための複雑なエコシステムの簡素化

電子製品開発におけるチーム内で使用されるツールを統合することは、このコスト効率を高めます。統合設計環境を採用することで、リアルタイムの脅威検出と対応を最適化し、これらのリスクの軽減を迅速に実現できます。この統一されたクラウド環境は、不必要な支出の一般的な原因である複数の重複するツールの必要性を減らします。このような統合は、一貫した防御メカニズムを育成し、多数の異なるセキュリティシステムを監視するために関わる費用を最小限に抑えながら、セキュリティ姿勢を強化します。

いくらかのコントロールを手放す

待ってください。何?エンジニアリングチームにいくらかの管理権を移譲するという考えは、眉をひそめさせるかもしれません。「もし…?」と不安に思うかもしれませんが、多くの潜在的なセキュリティリスクを想像しながら。しかし、現在、エンジニアにアクセスを提供し、管理を行うために費やされている時間とリソースの量を考えてみてください。もっと効率的な方法はありませんか?

電子機器の開発において、より速く新製品を革新し、市場に投入する競争は常に存在します。しかし、必要な厳格なセキュリティ対策が、意図せずこれらのプロセスを遅らせることがあります。クラウドプラットフォームは、セキュリティを妥協することなく迅速な開発サイクルを可能にする強力な仲介者として登場します。それらは、設計チームがより自律的に操作できる安全なフレームワークを提供し、ITセキュリティプロトコルから生じる可能性のあるボトルネックを減らします。

エンジニアが特定の操作を制御できるようにすることで管理上の負担を最小限に抑えることは、ITの承認を待つ時間を短縮することによって設計プロセスを加速させるだけでなく、IT部門が日常的なルーチンタスクにリソースを割り当てることを減少させます。製品データ管理(PDM)のストレージ節約をITスタッフではなくエンジニアが推進することは、これらのよりコスト効率の高い操作へのシフトを例示しています。

管理権限を委譲することは、すべての制御を放棄することと同じではありません。Altium 365のようなプラットフォームは、ITマネージャーがエンジニアリングチーム内のニーズや役割に合わせて特定のアクセス権と権限を発行することで、システム全体の管理を保持できるようにします。このような管理された権限付与は、厳格なデータセキュリティを維持しつつ、効率的な製品開発ワークフローに必要な柔軟性を提供します。

コンプライアンスの対応を他人に任せよう

規制コンプライアンス基準を満たすことは、厳格なセキュリティ対策の実施から監査や更新の継続的なコストまで、大きな時間と財政的投資を要求します。

クラウドプラットフォームは、業界規制に準拠することを大幅に簡素化する高度な文書化およびプロセス基準を提供します。これらのソリューションは、最初から規制基準を満たすように構築されており、継続的な監視とコンプライアンスプロトコルの維持という負担からあなたを解放します。セキュリティ更新と認証の現状維持の責任は、サードパーティのサービスプロバイダーに移行されます。この移行は、リソースを継続的に消耗することなく、最新のコンプライアンス要件にシステムを合わせるのに役立ちます。クラウドソリューションは、複雑で要求の厳しいタスクであったコンプライアンスを、コスト効率の良い管理可能な運用の側面に変えます。

Altium 365に移行した企業の経験を考えてみましょう。 Forrester Studyで分析された組織では、この電子製品開発プラットフォームへの移行が、セキュリティとコンプライアンスを大幅に改善しました。Altium 365以前は、標準化されたPCB設計およびコラボレーション環境の欠如が、ITチームに機能グループや地理的な場所によって異なる複数のツールとプロセスを扱わせることを強いていました。Altium 365は、ほとんどの必要なセキュリティ認証とコントロールを含む、より効果的なアプローチを可能にしました。

PCBエンジニアによる電気機器製造の見積もりフレーム

 

コスト削減を詳しく見る

クラウドに移行した企業からのフィードバックには、プロジェクトのタイムラインの加速、IT作業の軽減、より効率的な運用による大幅なコスト削減など、数多くの利点が挙げられています。しかし、これらの主張を支持する確かな証拠は何でしょうか?

同じForresterの研究によると、評価された組織によるAltium 365の採用は、ITサポートとハードウェアコストの削減から398,000ドル(3年間の現在価値)のコスト削減につながりました。*

Forrester研究からのコスト削減チャート

初期設定がオンプレミスツールに依存しているか、ローカルファイルストレージや手動共有のような基本的な方法であるかに関わらず、Altium 365は追加のITサポートや関連する費用の必要性をなくしました。一部のインタビュー対象者は、以前のシステムが頻繁にクラッシュし、自動バックアップ機能がないために定期的にIT介入が必要だったと指摘していますが、Altium 365はこれらの問題を効果的に解決しています。

さらに、一部の組織は、ハードウェアと電気代のコスト削減を強調しました。Altiumから提供される専門のサポートが、技術的な経費を削減する上での重要な要因として繰り返し言及されました。専門のサポートがプラットフォームの問題に対処することで、社内ITチームの負担が軽減され、他の戦略的な領域に集中できるようになりました。

電子設計者製造自動車産業からのフレーム

 

セキュリティホワイトペーパーの無料コピーを入手

電子製品開発業界のITマネージャーにとって、クラウドソリューションは、予算の制約と堅牢なデータセキュリティの必要性をバランスさせる魅力的な選択肢です。クラウドの財務的および運用上の効率を活用することで、機密設計データの保護を確保しつつ、リソースを最適化することができます。Altium 365で設計データを保護する具体的なセキュリティ対策について知りたいですか? 包括的なホワイトペーパーをダウンロードしてください!

*Altium 365を代表してForrester Consultingによって実施された委託研究。結果は合成組織に基づいています。

PDFとして開きます

筆者について

筆者について

Lena Węglarz is a dynamic and engaging content creator and storyteller, known for her  commitment to clarity and the 'write-like-you-talk' rule. She joined Altium in 2023, and since then she’s been the driving force behind Altium 365 content, letting the community know where the  world designs electronics. Her work stands out for its ability to make complex technical concepts accessible and relatable. Collaborating closely with engineers, Lena integrates their insights and perspectives into the narratives, bridging the gap between engineers' technical expertise and  the broader community. She fosters a deeper understanding and appreciation of the intricacies  of electronic design.

関連リソース

関連する技術文書

ホームに戻る
Thank you, you are now subscribed to updates.