Altium DesignerのPCB Viewer: すべてのEDAファイルに最適なツール

Zachariah Peterson
|  投稿日 November 18, 2020

PCBの複数のファイル形式を、1つのViewerですばやく設定して作業できるようにするために必要なのは、優れたPCB設計ソフトです。それこそが、Altium Designerにほかなりません。

無料のPCB Viewer(期間限定)は、チームの全メンバーが使用できるツールであらゆるEDAファイルを表示できるものでなければなりません。不明瞭な技術ソフトウェアの形式をさまざまな環境で読み取れることは、ユーザーにとって非常に重要です。こうしたViewerを確保すれば、通常は高額なEDAソフトウェアのツール群が必要になるドキュメントを表示できるようになります。これを可能にするAltium Designerでは、PCB設計ソフトウェア業界での数十年に及ぶ技術者の経験により、ソフトウェアの革新が自然に実現しています。Altium DesignerのPCBエディタでは、回路設計からレイアウト、PCBフットプリントの編集まで、すべての作業を1つの使いやすいインターフェースで行い、電子製造の最終目標の達成に向けて設計を進められます。

あらゆるPCBファイル形式に対応するAltium DesignerのPCB Viewer

Altium Designer 18で提供されているPCB Viewerは、EDAファイルに最適なツールで、出力ファイル、回路図用コンテナ、レイアウト、製造ファイルのすべての形式をサポートしています。つまり、PCとともにこのViewerを使用することで、プリント回路実装用の設計内容をすべて確認できるようになります。

PCB Viewerは、あらゆるEDAファイル形式のほか、ODB++、IPC-2581、IPC-D-356に対応しているため、ドキュメントのプリント回路実装コンテナ内にあるすべてのファイルを表示できます。また、SAP管理情報システムディレクトリのEDPDFも対応しているため、SAPシステムを利用できないユーザーもファイルを変換することが可能です。さらに、ファイルViewerでは、プリント回路実装の機構レンダリングを生成するSTEPファイルの表示も可能になりました。Viewerでは、XMLやxlsを使用して複雑なBOMレポートを作成できます。通常は使用しないソフトウェアにログインする必要はありません。

PCB Viewerによるシームレスなレビュープロセス

デザインを見直した後で立方体に戻り、EDA図を表示しながらその場で生成できると考えてみてください。これを実現するAltium Designer 18のPCB Viewerでは、チーム全員が下記の優れた機能を使用できます。

  • ドキュメントへの読み取り専用アクセスを有効にできます。この場合、Viewerを使ってEDA設計ドキュメントにアクセスしているユーザーは、ドキュメントを変更することはできません。
    EDAの設計ドキュメントについての詳細を見る (※英語ブログ)
  • 製造関係者は、事前計画の開始に必要な情報を収集できます。これにより、事前計画が急速に展開されるため、製造業者や実装業者のスケジュール調整を開発の早い段階で行ってコストを節約できます。
    PCBの面付けの対応についての詳細を見る (※英語ブログ)
  • 製造と実装の出力に関連付けられるデザインのバリエーションに対して、プロジェクトの出力をカスタマイズできます。
    カスタマイズ可能な出力設定についての詳細を見る (※英語マニュアル)

複数基板を面付けできるPCB設計環境

面付け用に、無料のPCB Viewerですべてのファイルにアクセスして表示

 

PCB Viewerによる効果的なコミュニケーションの促進

Altium DesignerのPCB Viewerでは、打ち合わせが必要な回路の領域をハイライト表示することで、実装業者の製造パートナーと情報を共有できます。回路図とPCBレイアウトのファイル間でクロスプローブを行い、レイアウトでの指示と回路設計の実際の表示を比較することができます。

Altium Designerが特に優れている点は、必要なツールや機能をすべて使用できるPCBエディタを、1つの直感的かつ包括的なプラットフォームから操作できることです。Altium Designerのような用途の広いPCB設計ソフトウェアを使用しながら、ファイルの書式設定や編集を容易に維持して、設計チームや部門間で充実したコミュニケーションを図れることは、PCB設計者が整合性を確保するのに非常に役立ちます。

Altium Designerでのコミュニケーション プロトコルの合理化

完了する必要がある作業に対してPCB設計ソフトウェアを効率的に活用することで、設計プロセスのさまざまな要素に成功がもたらされます。PCBのドキュメントファイルを扱う際、PCB Viewerでは下記によって設計プロセスが合理化されます。

  • PCB設計の意図を製造業者に効率的に伝達可能。これにより、時間を消費する面倒なプロセスが除外されます。ここでは、他の2Dドラフティングツールにファイルをエクスポートして図を作成し、メモや詳細情報を必要なだけ追加できます。
    高度な設計ナビゲーション機能についての詳細を見る (※英語)
  • 設計ドキュメントの閲覧、印刷、クロスプローブが可能。設計チーム全体で、単一のドキュメント、CADドキュメント、PCBプロジェクト全体に安全にアクセスして閲覧、クロスプローブ、印刷できます。
    グローバル編集についての詳細を見る
  • リアルタイムのサプライヤーデータの検索。チームの全メンバーは、サプライヤーのデータベースにリアルタイムでアクセスして検索できます。
    リアルタイムのBOM管理についての詳細を見る

Draftsmanで生成された製造出力ファイル

Draftsmanでは、製造出力ファイルを容易に表示できる

 

PCB Viewerには、製造と実装のためのレイヤーが必要

製造業者や実装業者のパートナーがドキュメントを閲覧できるだけでなく、社内の購入担当者もViewerでドキュメントを開いて閲覧できる必要があります。Altium Designerがあれば、ドキュメントをSAPにインポートして再処理する必要はありません。設計者やパートナーは暗号化されたXML形式を復号する必要がないため、データの損失や意思伝達の中断を回避することができます。

PCBプロジェクト全体のコンテナは、すべてのチームメンバーが1つのPCB Viewerで使用できます。このPCB Viewerはパートナーも無料でダウンロードできます。これによって、コミュニケーションが容易になり、ユーザーは自分の仕事に関係する設計の詳細情報を入手できるようになります。

Altium Designerの活用による設計ワークフローの円滑化

PCB設計に取り組む中で、作業内容を誰にも報告しなくてもよい日があるのは稀なことでしょう。これを踏まえると、ドキュメント化や関係者が容易にレビューできるPCB Viewerを使用すべきでしょう。

仕事を効率的に進められないPCB Viewerに妥協してはなりません。PCB設計に取り組む際は、必要な情報をいつでも確実に共有できなくてはなりません。Altium Designerを使用すれば、ドキュメント化のプロセスを簡単に進めることができます。データファイルの書式設定や変換にもう時間をかける必要はありません。

筆者について

筆者について

Zachariah Petersonは、学界と産業界に広範な技術的経歴を持っています。PCB業界で働く前は、ポートランド州立大学で教鞭をとっていました。化学吸着ガスセンサーの研究で物理学修士号、ランダムレーザー理論と安定性に関する研究で応用物理学博士号を取得しました。科学研究の経歴は、ナノ粒子レーザー、電子および光電子半導体デバイス、環境システム、財務分析など多岐に渡っています。彼の研究成果は、いくつかの論文審査のある専門誌や会議議事録に掲載されています。また、さまざまな企業を対象に、PCB設計に関する技術系ブログ記事を何百も書いています。Zachariahは、PCB業界の他の企業と協力し、設計、および研究サービスを提供しています。IEEE Photonics Society、およびアメリカ物理学会の会員でもあります。

最新の記事

Altium Designerのベストプラクティス(パート2) - AltiumLive 2022 このセッションでは、ネットクラスやルールを使って設計意図を伝えるために回路図を使用する際のベストプラクティスをご紹介します。また、部品、ルール、ネットに優先順位とクラスを使用して、複雑な設計ルールを構築する方法も学習していきます。 ハイライト: 設計プロセスにおけるActiveBOM文書の活用 設計要件を理解 トランスクリプト: デビッド・ハバウド: 始めましょう。皆さん、ようこそ。デビッド・ハバウドです。Altiumでプロダクト・マーケティング・エンジニアをしています。本日は、Altium Designerのベストプラクティスをご紹介します。このプレゼンテーションは、「ベストプラクティス」に関する講演の第2部です。ですから、新規ユーザーの方や、ルール作成や情報提供の基礎から学びたい方は、先に「ベストプラクティス パート1」をまずご覧になることをお勧めします。 そこで今日はまず、PCBについて話す前に、回路図側からルールを定義することである「回路図ディレクティブ」について説明します。その後、PCBに話題を移した後は、複雑なルールの構築、ルールの複雑なスコープを作成するためのクエリ言語などの使用、優先順位付けがある場合の作業、違反に対する調和の構築、違反の対処方法などについてご説明します。 そこからは、設計レビューについても少しお話します。さまざまなステークホルダーがいる場合に、プロセスを少しでもスムーズにするためにできることがあります。このセクションでは、Altium 365でプロジェクトの作業をしながら説明します。プロジェクトはワークスペースでホストされます。そこから、出力ファイルの生成におすすめのファイルを紹介していきます。そして、これらの出力ファイルを手に入れたら、Altium 365ワークスペースのウェブインターフェースでもう一度確認し、すべての情報を製造業者に直接提供する方法について説明していきます。 それでは始めましょう。設計プロセスを開始する際に最初にすべきことは、設計要件を深く理解することです。新しい設計に取り組む際、要件を明確にするときに直面するいくつかの課題があります。 まず、一般的な要件を明確にしたら、それらがどのように相互作用するかを理解しなければなりません。例えば、エッジコネクタの場合、筐体の中にうまく収まるように、適切なクリアランスを確保する必要があります。また、ルールを明確にした後、違反が発生した場合、その違反を解決したり、必要に応じて免除したり、文書化したりすることは、非常に困難なことです。 ここで、検証が重要になってきます。これは、製造プロセスに移る前に、確実に設計意図を伝え、正確に処理されるようにするために、ルールを検証することです。そこで、これらの要件を満たしていることを関係者に証明するための文書を作成します。 そこで、設計要件について、3点ばかり重要なことをお伝えします。1つ目は同期です。設計はすべて2つの要素で構成されています。論理的な要件を明確にする回路図。コネクティビティはこの一例です。さまざまなネットクラスで差動ペアを定義します。このプレゼンテーションでは、ここに焦点を置きます。 もう1つは、PCB。定義した要件やルールが、実際のアプリケーションに反映されることになります。これらは、先程述べたように、筐体の適切なクリアランスや、インピーダンスプロファイルの適切な幅などが定義されていることが非常に重要です。 これらを明確にし、これらの要件が回路図かPCBか、どちらに影響を及ぼすかを把握したら、要件をルールにまとめるという次のステップに進みます。ここでは、部品のクリアランスなど、要求を分類する必要があります。その後、範囲を明確にします。範囲が適切に設定されていないルールを作成すると、意図したレベルの検証ができなくなるため、範囲設定は非常に重要です。そこで、同様に重要なのが優先順位付け。ルールには階層があります。これについても説明していきます。そして、設計要件を明確にする中で、次に取り組まなければならないのが、相反する範囲の削減です。 そこで、まずは「同期」について説明します。先に述べたように、設計プロセスにはいくつかの側面があります。私たちは、設計プロセスのすべての領域に適用される要件、対応するルールを作成します。先程お話ししたように、ルールの中でも、今日は、回路図ディレクティブに焦点を当ててお話ししていきます。回路図の選択肢としては、「差動ペア」「No ビデオを見る
ホームに戻る