設計を正しく進めるためのBOM管理

Zachariah Peterson
|  投稿日 May 20, 2020

Active BOMがあれば、憶測に頼らずにコンポーネントを選択して、最初から正しい設計を進めることができます。

Altium Designer

すべての製造段階で作業をスムーズに進めるためのPCB設計ツール

コンポーネントに対するフィードバックをもらわないと、作業を開始できないことにうんざりしていませんか?コンポーネントについての誤った情報や古いデータが原因で、予算に響く土壇場の変更が発生することに疲れていませんか?こうした問題に思い当たりがあるのなら、スケジュールに狂いが出ることに大きな不満を抱えていらっしゃることでしょう。回路図にコンポーネントを配置しながら、リアルタイムの部品情報をサプライヤーから直接入手できるとすればどうでしょう?回路図の作成中に、設計で使用するすべてのコンポーネントの詳細リストがあれば便利だと思いませんか?

これらはすでに実現しています。PCB設計ツールからコンポーネントの詳細な最新情報を入手できるのは、Altium DesignerのActive BOMがもたらす利点の1つにすぎません。BOM管理では、入手できる必要な情報がソフトウェアでリアルタイムに更新されるため、購買管理、請求管理、製品(開発)管理、製品ライフサイクル管理がはるかに容易になります。

Active BOM: 設計データで機能するもうひとつのポータル

Active BOMは、Altium Designerに含まれる最新ツールの1つです。回路図エディタやPCBレイアウト アプリケーションとともに、設計データでポータルとして機能するこのツールでは、コンポーネントの完全な詳細リストを表示して、含まれるデータを設計で直接使用できます。回路図とレイアウトの両方でコンポーネントを横断選択できるため、設計中だけでなく設計の見直しにも大いに役立ちます。

Active BOMでは部品サプライヤーとのクラウド接続を通じて、部品の最新の価格や在庫状況、技術データを入手できます。これらの機能のほかにも、部品表レポートを直接作成することが可能です。こうした部品管理が生産性の向上にいかに役立つかがわかったら、もうActive BOMを手放せなくなるでしょう。

設計システム全体で活用できるActive BOM

Active BOMでは、単にレポートを作成できるだけでなく、設計中にコンポーネントに関するデータも入手できます。

 Active BOMでの部品データの検索のスクリーンショット

Active BOMでの部品の最新情報の取得

Altium Designerで可能になる直感的、かつ効果的な回路図の作成

Active BOMを使って必要な部品を入手した後は回路設計ツールが必要になります。それには、Altium Designerの回路図エディタがうってつけです。直感的なインターフェースと設計フローが整備されているため、回路図の設計をすばやく開始できます。このツールは、Altium Designerを初めて使用するユーザーにも使いやすいように設計されている一方で、極めて複雑な問題に対処する能力も備えています。

設計が終了した後も、電気的な検証作業が完了するまでAltium Designerを使用して、意図したとおりに回路図が作成できているかどうかを確認できます。製品の定義では設計と製造の内容が変更される場合があるため、必ず正しい部品表を使用しなければなりません。1ページの単純な回路図から複雑に階層化されるマルチチャンネルデザインまで、クラス最高のAltium Designerならあらゆる回路設計に対応できます。

用途の広い回路設計ツールの活用

初心者、または熟練した設計者に関係無く、Altium Designerの回路設計ツールはすべての設計者の要求にお応えします。

 回路図とActive BOMでの横断選択のスクリーンショット

Active BOMを通じた回路図での部品の横断選択

Altium Designerのフル機能を備えた便利なレイアウトツール

Active BOMと回路設計ツールのほかにも、非常に便利なレイアウト エディタが用意されています。64ビットのマルチスレッドシステム アーキテクチャーを基盤とするAltium Designerは、ベストな状態で設計を進められるように構築された高度なレイアウト機能を備えています。たとえば、native 3D環境では、コンポーネントの配置を3Dで表示して編集できるだけでなく、表示の拡大や縮小も可能です。

トレースの配線についても、生産性の向上とエラーの削減に役立つ一連の機能が提供されています。高速回路の設計では、指定した配線トポロジーを設定済みの制約に照らしてチェックできます。Altium Designerには、PCBレイアウトから設計完了までのすべての工程で活用できるツールや機能が用意されています。

配置や配線でも威力を発揮するAltium Designer

BOM管理では、PCBのスムーズな構成と実装に必要なツールをすべて利用できなくてはなりません。必要な材料が入手できなければ、設計を進めることは不可能です。また、コンポーネントの配置と配線も必要です。Altium Designerでは技術的なメリットを活用しながら仕事を完了できます。

設計は正しいコンポーネントの選択から始まります。Active BOMを使用すると、憶測に頼らずに部品を選択できます。部品を必要なときに確実に調達できるため、製造までの納期に間に合うように設計を進められます。

筆者について

筆者について

Zachariah Petersonは、学界と産業界に広範な技術的経歴を持っています。PCB業界で働く前は、ポートランド州立大学で教鞭をとっていました。化学吸着ガスセンサーの研究で物理学修士号、ランダムレーザー理論と安定性に関する研究で応用物理学博士号を取得しました。科学研究の経歴は、ナノ粒子レーザー、電子および光電子半導体デバイス、環境システム、財務分析など多岐に渡っています。彼の研究成果は、いくつかの論文審査のある専門誌や会議議事録に掲載されています。また、さまざまな企業を対象に、PCB設計に関する技術系ブログ記事を何百も書いています。Zachariahは、PCB業界の他の企業と協力し、設計、および研究サービスを提供しています。IEEE Photonics Society、およびアメリカ物理学会の会員でもあります。

最新の記事

Altium Designerのベストプラクティス(パート2) - AltiumLive 2022 このセッションでは、ネットクラスやルールを使って設計意図を伝えるために回路図を使用する際のベストプラクティスをご紹介します。また、部品、ルール、ネットに優先順位とクラスを使用して、複雑な設計ルールを構築する方法も学習していきます。 ハイライト: 設計プロセスにおけるActiveBOM文書の活用 設計要件を理解 トランスクリプト: デビッド・ハバウド: 始めましょう。皆さん、ようこそ。デビッド・ハバウドです。Altiumでプロダクト・マーケティング・エンジニアをしています。本日は、Altium Designerのベストプラクティスをご紹介します。このプレゼンテーションは、「ベストプラクティス」に関する講演の第2部です。ですから、新規ユーザーの方や、ルール作成や情報提供の基礎から学びたい方は、先に「ベストプラクティス パート1」をまずご覧になることをお勧めします。 そこで今日はまず、PCBについて話す前に、回路図側からルールを定義することである「回路図ディレクティブ」について説明します。その後、PCBに話題を移した後は、複雑なルールの構築、ルールの複雑なスコープを作成するためのクエリ言語などの使用、優先順位付けがある場合の作業、違反に対する調和の構築、違反の対処方法などについてご説明します。 そこからは、設計レビューについても少しお話します。さまざまなステークホルダーがいる場合に、プロセスを少しでもスムーズにするためにできることがあります。このセクションでは、Altium 365でプロジェクトの作業をしながら説明します。プロジェクトはワークスペースでホストされます。そこから、出力ファイルの生成におすすめのファイルを紹介していきます。そして、これらの出力ファイルを手に入れたら、Altium 365ワークスペースのウェブインターフェースでもう一度確認し、すべての情報を製造業者に直接提供する方法について説明していきます。 それでは始めましょう。設計プロセスを開始する際に最初にすべきことは、設計要件を深く理解することです。新しい設計に取り組む際、要件を明確にするときに直面するいくつかの課題があります。 まず、一般的な要件を明確にしたら、それらがどのように相互作用するかを理解しなければなりません。例えば、エッジコネクタの場合、筐体の中にうまく収まるように、適切なクリアランスを確保する必要があります。また、ルールを明確にした後、違反が発生した場合、その違反を解決したり、必要に応じて免除したり、文書化したりすることは、非常に困難なことです。 ここで、検証が重要になってきます。これは、製造プロセスに移る前に、確実に設計意図を伝え、正確に処理されるようにするために、ルールを検証することです。そこで、これらの要件を満たしていることを関係者に証明するための文書を作成します。 そこで、設計要件について、3点ばかり重要なことをお伝えします。1つ目は同期です。設計はすべて2つの要素で構成されています。論理的な要件を明確にする回路図。コネクティビティはこの一例です。さまざまなネットクラスで差動ペアを定義します。このプレゼンテーションでは、ここに焦点を置きます。 もう1つは、PCB。定義した要件やルールが、実際のアプリケーションに反映されることになります。これらは、先程述べたように、筐体の適切なクリアランスや、インピーダンスプロファイルの適切な幅などが定義されていることが非常に重要です。 これらを明確にし、これらの要件が回路図かPCBか、どちらに影響を及ぼすかを把握したら、要件をルールにまとめるという次のステップに進みます。ここでは、部品のクリアランスなど、要求を分類する必要があります。その後、範囲を明確にします。範囲が適切に設定されていないルールを作成すると、意図したレベルの検証ができなくなるため、範囲設定は非常に重要です。そこで、同様に重要なのが優先順位付け。ルールには階層があります。これについても説明していきます。そして、設計要件を明確にする中で、次に取り組まなければならないのが、相反する範囲の削減です。 そこで、まずは「同期」について説明します。先に述べたように、設計プロセスにはいくつかの側面があります。私たちは、設計プロセスのすべての領域に適用される要件、対応するルールを作成します。先程お話ししたように、ルールの中でも、今日は、回路図ディレクティブに焦点を当ててお話ししていきます。回路図の選択肢としては、「差動ペア」「No ビデオを見る
ホームに戻る