無償評価版

無償評価版をダウンロードして、ニーズに最適なAltiumソフトウェアをお探しください

購入方法

設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

ダウンロード

PCB設計およびEDAソフトウェアの最新版をダウンロードしてください

  • PCB DESIGN SOFTWARE
  • Altium Designer

    回路図とレイアウトのための完璧な環境

  • CircuitStudio

    エントリーレベルで、プロ仕様のPCB設計ツール

  • CircuitMaker

    コミュニティベースのPCB設計ツール

  • NEXUS

    チームによる素早いPCB設計

  • クラウド プラットフォーム
  • Altium 365

    PCBデザインを製造業者と連携

  • COMPONENT MANAGEMENT
  • Altium Concord Pro

    Complete Solution for Library Management

  • Octopart

    膨大なデー タが蓄積された、使いやすいコンポーネントデータベース

  • 拡張機能
  • PDN Analyzer

    簡単に使用できるシンプルな電源分配ネットワーク解析

  • 全ての拡張機能を見る
  • エンベデッド
  • TASKING

    組込みシステム開発のための世界的に有名な技術

  • TRAININGS
  • ライブコース

    世界中から利用できる教育トレーニングでベストプラクティスを学びましょう

  • オンデマンドコース

    自宅や会社から出ずに幅広い知識を身につけられます

  • ONLINE VIEWER
  • Altium 365 Viewer

    View & Share electronic designs in your browser

  • Altium Designer 20

    ストレスを感じさせない、プロ用Native 3D™ PCB設計

    ALTIUMLIVE

    Annual PCB Design Summit

    • フォーラム

      Altiumユーザーや熟練設計者がお互いに情報を交換できる場所です

    • ブログ

      Altiumが関心を寄せ、できればユーザーにも関心を持ってほしい話題についてのブログです

    • アイディア

      新しいアイディアをお送りいただいたり、Altiumツールに組み込んでほしい新しい機能に投票したりできます

    • バグの報告

      バグを報告いただき、どのバグが重要かを投票していただくことで、ソフトウェアの改善に役立てます

    • イベント情報

      AltiumLiveへ参加していただき、イベントをフォローできます

    • ベータプログラム

      ベータプログラムへの参加やAltiumのツールへの早期アクセスに関する情報をご覧になれます

    すべてのリソース

    ブログの記事からソーシャルメディアや技術白書に至るまで、最新のコンテンツを検索できます

    ダウンロード

    ニーズに合ったダウンロードオプションをご覧ください

    購入方法

    設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

    • マニュアル

      各製品のマニュアルおよびバージョン情報などの詳細を閲覧頂けます

    • トレーニングとイベント

      世界中のあるいはオンラインのトレーニングイベントのスケジュールを確認し、登録できます

    • デザインコンテンツ

      コンポーネント、テンプレート、サンプルデザインなどを含む無料のデザインコンテンツで当社の膨大なライブラリを参照できます

    • Webセミナー

      オンラインでライブのWebセミナーに参加したり、オンデマンドのWebセミナーに簡単にアクセスできます

    • サポート

      Altiumからの各種のサポートやセルフサービスオプションにより、不明点や疑問を解決してください

    • 技術文書

      もれなく集められた技術白書により、技術および業界の最新動向を常に把握できます

    • ビデオ ライブラリ

      Altium Designer を素早く導入するためのチュートリアル ビデオを見る

    PCB設計ソフトウェアにバージョン管理を備えるべき理由

    Altium Designer
    |  July 31, 2017

    Der Blue-Screen

     

    出張の後、通常業務に戻るのは容易ではありませんが、今週は特に大変でした。クライアントとの緊急を要する契約を抱えており、そのプロジェクトに関わる社員は全員100%以上で働いています。私は順調に仕事を進めていました。ただし、それはPCB設計ソフトウェアを開き、誰かが私のレイアウトに変更を加えていたのを見るまでのことでした。私のスマートフォークの4本の歯のうちの2本が削除されていたのです。重大な変更でした。最悪です。精神的ショックで頭の中が真っ白になったように感じました。

     

    死のブルースクリーン

    全ての人が持っているであろう心配の種 - 「死のブルースクリーン」

     

    なぜデータが破壊されたのでしょうか。実は、私たちは締め切りに間に合うように非常に急いでおり、変更やバージョン管理などは行っていませんでした。代わりに、会社のファイル共有にファイルを保存していました。そのため、加えられた変更は私が持っていた作業中の設計のコピーを上書きしたのでした。「大丈夫。1週間前のバックアップを参照してオリジナルのバージョンを入手できる」と思ったのですが。そう、IT部門はそのプロジェクトの共有を知らされていなかったため、バックアップを作成していなかったのです。作業中の設計の記録はありません。こうなったら、手作業でデータを回復させる必要があります。元の設計を思い出せることを期待するしかありません。私は運命を呪いました。

     

    二の舞にならないように、自分の設計をバックアップ

     

    自分の仕事をバックアップしていなかった私は間抜けでした。それは認めます。私の二の舞にならないように、自分の設計を頻繁にバックアップしてください。

     

    それでは、プロジェクトに対する変更を管理する最善の方法は何でしょうか。確かに、自分の設計ファイルを時々手作業でコピーすることは可能です。プロジェクト共有全体の定期バックアップを作成するようにIT部門に依頼したり、無償のオンラインツールを使ってバックアップを自動化することもできます。多くの選択肢がありますが、残念ながらPCB設計者にとって満足のいくものはありません。

     

    理想的な選択肢は、バージョン管理システムで設計を管理することです。その理由を以下に示します。

     

    • 全ての作業は、最高の優先度の安全な場所に保管される。
    • チームの他のメンバーと容易に連携できる。
    • ファイルのバージョンを比較でき、バージョン間の差を一覧表示できる(diffとも呼ぶ)。
    • 今日できたはずのファイルの前のバージョンに戻ることができる。
    • 変更を説明し、またはプロジェクトのマイルストーンを追跡するために、コメントとラベルを追加できる。
    • 変更が互いに干渉することを心配しないで、各種分野の各種設計の側面で作業できる。
    • 複数のコンピューターを登録し、それぞれの変更を同期させる時間を選択できる。
    • 行った変更をチェックインする際、それらについて検討およびコメントする必要がある。

     

     

    shutterstock_297043418.jpg

    外部にデータをバックアップすることは重要です。しかし、クラウドというものは実在せず、他人のコンピューターに過ぎないことに留意する必要があります。

     

    バージョンコントロールシステムに期待すること

     

    これまでにバージョンコントロールの世界を調べたことがあれば、Git、Subversion、Mercurialなど、多くのソリューションプロバイダーの選択肢があることをご存知のことでしょう。中には他に比べて評価が高いものもありますが、大抵は同じコア機能セットを備え、上記の利点を提供します。問題は、これらの多くが本来ソフトウェアの世界向けに設計されており、ハードウェア設計プログラムには適していないということです。

     

    PCB設計では、ファイル間の変更を追跡してその差分を画像で表示できるシステムを持っていることが重要です。このサイトでは、PCBの設計変更を視覚的に追跡することの方が、コード行を比較することよりも優れていることを非常に明快に説明しています。問題は、この種のバージョン管理を使う場合、設計をPDFとしてエクスポートし、PDF Diffプログラムを使って全ての変更を追跡する必要があることです。つまり、メタデータ(材料の仕様、レイヤー仕様など)を失うかもしれないということです。確かに、ゼロから始めるよりはましかもしれません。しかし、このデータを再入力するのは時間の浪費です。さらに悪いことに、最初にその仕様を設定した人がいない場合、その人を見つけ出すのに余分な時間を費やさなければなりません。

     

    ソフトウェアの世界では、「リポジトリ」(repo)のファイルを単純に追加または削除できます。一旦ファイルがrepoに追加されるとファイルに対する全ての変更はチェックインまたは「コミット」する必要があります。予想通り、これらのrepoは、元々ソフトウェア向けに作られているため、PCBまたはCADファイルの内容を管理するのには大抵それほど適していません。そうは言っても、世の中にはPCB設計のためにrepoを作成している人もいます。

     

    私のように物事を簡単にしておきたい場合、最も単純かつ効率的な選択肢は、統合バージョンコントロールを備えたPCB設計ソフトウェアを選択することです。これにより、不向きなバージョンコントロールを使って下手な仕事をする時間を節約できます。Altium DesignerのようなPCBソフトウェアは、バージョンコントロールをソフトウェアに統合しているため、機械技術者にも十分使いやすくなっています。細かい設定なしに、Subversion、CVSに加えてMicrosoft社の標準SCCインターフェイスを備えたその他のシステムをサポートします。実際のところ、猫の手も借りたいぐらいなので、私はAltium Vaultを使い始めました。私の元の設計はとっくになくなってしまったかもしれませんが、少なくとも私のコンポーネントは最新です。

     

     

    Code zwischen mehreren Teams teilen

    バージョンコントロールは、単独または複数のユーザーが設計変更の経過を追うのに役立ちます。

     

    バージョンコントロールは保険のようなものです。それが必要になるまで、それが必要であることに気付かないものです。統合バージョンコントロールを備えたPCB設計ソフトウェアを使っていれば、今回のような状況にはならなかったはずです。これについては、もう済んだことだと諦めて、設計を再構築する必要があります。

    About Author

    About Author

    PCB Design Tools for Electronics Design and DFM. Information for EDA Leaders.

    most recent articles

    Back to Home