CAMエディタを活用する

Altium Designer
|  December 3, 2019

 

プリント基板CADのAltium DesignerはCAMエディタを備えており、PCBからGerber出力を実行すると、出力されたGerberデータがCAMエディタに自動的に読み込まれ、アートワークイメージが画面に表示されます。

プリント基板の製造に際して設計者は、Altium DesignerのPCBデータではなく出力されたGerberデータに対して責任を負はなくてはなりません。CAMエディタはその為に必要なチェック機能に加え、テストクーポンの追加や面付け等、製造上の要件を満たす為の多くの編集機能を備えています。

そこで、今回は、このCAMエディタの機能をいくつか紹介したいと思います。

 

Gerberイメージの表示

CAMエディタは、PCBエディタから出力されたGerberデータを読み込んで表示します。これにより、Gerber出力の段階で発生した過りを発見することができます。

CAMエディタでは表示する層のオン/オフや拡大/縮小が自由にででき、目視による確認が容易です。また、レポート機能などによって数値を取得して、より精密な確認を行うことができます。

 

デザインルールチェック

CAMエディタはデザインルールチェック機能を備えています。この機能は、[解析] – [PCB デザインをチェック /修正] によって利用できます。

 

CAM_DRC

デザインルールチェックの設定と実行
各項目に規定値を入力し、[OK]ボタンで実行。エラーを自動的に修正する事ができる。この機能を利用する為には、[ツール] - [ネットリスト] - [抽出]コマンドによってインテリジェントなデータに変換しておく必要がある。

 

コマンドを選択すると、チェック項目を設定するためのダイアログボックスが表示されます。まず、全ての項目にチェックを入れてルールチェックをかけてみるとよいでしょう。

ここにあるチェック項目の多くはPCBエディタでチェック済みのはずです。しかし、ここでは、PCBエディタでは検出できない「CAM出力以降に生じた誤り」を見付け出す事ができます。

シルクカット

プリント基板の設計時、部品のリファレンス番号(シルク文字)を部品のパッドや穴(スルーホール)に重ならないように配置します。パッドにシルクが重なると半田がのらず、また、穴にシルクが重なるとインクで穴が塞がる事があるからです。しかし、密度の高い基板では重なりをうまく避けられない場合があります。また、重なりのある箇所が見落とされている場合もあります。

このような場合には、パッドや穴と重なっているシルクの一部を切り取り、重なっている部分を除去します。このような処理をシルクカットと呼びます。

このシルクカットは、[ツール] - [シルクカット]コマンドで実行します。

 

4L+3PCB6

シルクカット実行の前(左)と後(右)
実行後の画像の「青い〇」で囲んだところがシルクカットされた箇所。

 

内層データの反転

PCBエディタでは多層基板の内層をポジで設計することも、ネガで設計することもできます。 このため内層をポジで設計された基板データとネガで設計された基板データが混在する場合がありますが、面付けを行う場合にはどちらか一方に統一しなくてはなりません。特に、大量に生産する場合には、異なる基板を組み合わせて面付けする事も稀ではなく、ネガからポジ(またはその逆)によって統一することが必要になります。CAMエディタでは、このような変換を容易に行うことができます。

この変換には、コンポジットレイヤを使います。コンポジットレイヤは複数の層が一つに合成された層のことです。このコンポジットレイヤで反転合成を行うと、ネガからポジへの変換ができます。

この変換は「ポジの銅箔ベタ」から「ネガの内層データ」を引き算し、その結果として「ポジの内層データ」を得ます。変換は以下の手順で行います。

 

  1. PCB への層の追加とGerber出力

サンプルGerberは「4 Port Serial Interface.PcbDoc 」にInternal Plane と全面銅箔のメカニカル層を加えて作成。反転合成を行う場合には、そのベースとなる「ポジの銅箔層」が必要。そのため、使われていない[Mechanical Layer2]にこのベタエリアを作成。

 

4L+3PCB

ネガ/ポジ変換の為のサンプルデータ作成に利用したPCBレイアウト
[4 Port Serial Interface.PcbDoc]にプレーン層と全面銅箔のMechanical層を追加し、[ファイル] - [製造用データ出力] - [Gerber Files]でGerberデータを出力。

 

4L+3PCB2

CAMエディタに読み込まれた、ネガの内層データ
PCBエディタからGerber出力すると、自動的にCAMエディタは起動し、Gerberイメージが表示される。

 

4L+3PCB3

CAMエディタに読み込まれた、ポジの全面銅箔層

 

  1. コンポジットレイヤの作成

CAMエディタから[編集] - [コンポジットレイヤ] - [コンポジットを自動作成]を実行する。これにより、マウスのカーソルが「□」に変るので、マウスのドラッグによって対象エリアを囲む。その後、マウスを右クリックすると[コンポジットの自動作成]という名のダイアログボックスが現れる。この画面の設定を変更せずに[OK]ボタンを押すと、コンポジットレイヤが作成される。

 

4L+3PCB4a

コンポジットレイヤを作成
コマンドを起動しエリアを指定した後、マウスの右ボタンを押すと「コンポジットの自動作成」ダイアログボックスが表示されるので[OK]ボタンを押して実行する。

 

4L+3PCB5b

ネガからポジへの変換が行なわれた、コンポジットレイヤ
「ポジの銅箔エリア」から「ネガの内層データ」が引算され、その結果としてネガからポジへの変換が行われる。

 

CAMエディタはこれらの機能によって、PCBエディタの能力を補完します。

 

Altium Designerについて詳しく習得したい方は、今すぐアルティウムのエキスパートにお問い合わせください。

About Author

About Author

PCB Design Tools for Electronics Design and DFM. Information for EDA Leaders.

most recent articles

Altium Designerによるプリント基板の設計 プリンテッドエレクトロニクスは3D印刷と同様に一般化しつつあります。急速に広がりつつあるこの技術により、製造の分野において新しい可能性が生まれ、技術者や設計者は、これまで対応できなかった市場に製品を送り出すことが可能になりました。新しい基板とインクは、生体医療から航空宇宙、家電機器まで、様々な用途に対応するために開発されています。 この技術に対応できる契約製造業者が多数、出現したことで、コスト競争が激しくなりつつあります。試作と量産を迅速に行えることは多くの可能性を秘めています。Altium 365®を使用すれば、設計プロセス全体で製造業者と情報を常に直接共有できます。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 現在のプリンテッドエレクトロニクス設計で使用する独自の配線技法 プリンテッドエレクトロニクス用にレイヤー構成を指定する方法 プリンテッドエレクトロニクス用にビアを配置する方法 製造業者がすぐに使用できるデザインパッケージを作成する方法 Altium 365を使用して製造業者と直接、情報を共有する方法 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
Altium Designer 21:より優れた設計手法 設計プロセスでは多くの場合、退屈な繰り返し作業が求められます。Altium Designer 21では、ユーザーの皆様からのフィードバックを基に長く使用されている機能に見直しを加え、ユーザーエクスペリエンスを改善するとともにパフォーマンスと安定性の向上が行われており、より優れた環境で設計を行うことができます。これらの改良点により、既存の設計タスクが合理化され、リアルな3Dモデリングで精巧なリジッド設計またはリジッドフレキシブル設計を完成させることができます。 さらに、Altium 365®はAltium Designerの最新リリースで、従来にも増して重要な役割を果たしています。詳しくご覧ください。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 SPICEシミュレーションの拡張 リジッドフレキシブル設計: 基板プランニングとレイヤースタックの定義 高速設計:トロンボーンとノコギリ歯のチューニング 回路設計の改良:一般的なコンポーネントとネットのプロパティ Altium 365:プロジェクト履歴、競合回避、コメント 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
58:23 設計の規模に関わらず必要とされるデータの整合性と管理 今日の設計者が直面する課題はますます広範囲になり、複雑化しています。それとは対照に、作成した設計データを正しく編成、管理、共有する時間は少なくなっています。専任の担当者を置くことができなければ、設計者に選択を任せてしまうことになります。彼らはECADデータ管理システムを自分で実装して保守するかもしれません。あるいは、正しいデータ管理をあきらめ、誤った設計データが製造業者に送られる危険性や、さらには、顧客に供給される最終製品が誤ったデータで製造されるリスクを許容するかもしれません。 このオンデマンドWebセミナーでは、設計の規模に関わらず必要とされるデータの整合性とデータを正確に管理するメリットについて解説し、ECADデータ管理を効率的にするソリューションを紹介します。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 ライブラリ、設計、ワークフロー、共同作業者を1か所に整理し、どのようなデバイスでも、どこからでもアクセスや表示を行えるようにする。 デザインの履歴を、コンポーネントの変更から製造側の結果まで、およびその中間の全てを含めて保守し、以前のバージョンを迅速、かつ簡単に復元する。 根本的に整理され、検索可能で、多くのパラメーターを含む新しいコンポーネントを作成し、入手可能性、コスト、ライフサイクル状態を保証する。 コスト、入手可能性、製造性、信頼性の問題があるコンポーネントを使用している設計を迅速に識別し、更新する。 チームのメンバー、マネージャー、顧客、社外のサービスプロバイダーと設計をリアルタイムで、設計サイクルのどの時点でも簡単に共有およびレビューできるようにし、共同で作業を行う。 MCAD設計者のツールと統合し、MCAD設計者と共同で作業を行う。 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
Back to Home