設計データ管理 パート1: コンポーネント管理

投稿日 April 10, 2019
更新日 July 8, 2020

PDFをダウンロードしてオンラインで学ぶ

概要 

タイムトゥマーケットがますます早まる現代において、エンジニアは新しい(または改良された)設計/製品の要件だけでなく、コンポーネントの供給可能性、価格、廃番を追跡するという煩雑な作業にも直面しています。本稿では、Altium Designer®のデータ管理法を使用してこれらの問題に対処する方法を説明します。 

コンポーネント管理 

古いプロジェクトを更新しなければならない場合、あなたならどうしますか。既存のテクノロジーを流用して、新しいプロジェクトを作成するのはどうでしょうか。どのコンポーネントがまだ利用可能で、どの新しいコンポーネントが初回受注分を製造するのに十分な在庫があるでしょうか。プロジェクトの 設計に組み込むコンポーネントを探して、長時間インターネットを探し回っても、その結果は、極めて限られています。プロジェクトが相当進んだ段階になってから、主要コンポーネントの1つが品切れ、さらに悪いケースでは、廃番だと分かったことが何度ありますか。適切な代替品を求めて販売店のWebサイトを探し回り、何度眠れない夜を過ごしましたか。このような問題に役立つPCB設計ツールAltium Designer®のデータ管理ソリューションを見てみま しょう。

図1. Altium Designerによる全方位的な設計データ管理
図1. Altium Designerによる全方位的な設計データ管理

電子データ管理は、コンポーネント管理から始まります。Aberdeen Groupによれば、トップクラスの組織では、意思決定をする際に、価格、 購入可能な数量、代替のコンポーネント、設計の見積もり価格を前もって表示してくれる集中型のライブラリ管理システムが導入されているといいます。 

回路図またはフットプリントモデルにおいて、伝統的なアプローチは、ライブラリファイル、バージョン管理、データベー スライブラリを使う方法です。これらの方法は有効ではありますが、ライブラリから直接アップデートする方法を提供しているだけです。コンポーネントの価値が下がったり時代遅れになったりしているかをチェックするための直接の方法は提供されません。 

Altium Designer®では、そのインタフェース内でAltium Vaultのシステムを利用できます。Altium Vaultのコンポーネント管理システムは、 標準的なライブラリのアプローチから始まって、さらに一歩進んで、統合コンポーネントモデルの概念が加えられています。1つの統合コンポーネントは、回路図シンボル、フットプリント、その他のモデル、サプライ チェーン情報などを含む、いくつかのリビジョンの項目で構成されます。その統合コンポ ーネントを構成する関連項目のいずれかがアップデートまたは修正された場合、Altium Vault内でその項目に新しいリビジョンが割り当てられます。その新しく変更された項目を使用するには、統合コンポーネントのリビジョンを更新する必要があります。このように、単なるバージョン管理から一歩進んで、リビジョンとライフサイクルが提供されており、それを設計で使用されているコンポーネントに対してチェックすることができます。  (※続きはPDFをダウンロードしてください)

今すぐAltium Concord Proの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!

最新の記事

Altium Roadshow 2022 Tokyo - Day 2 Altium Roadshow 2022は、アルティウム製品の最新動向およびテクノロジーを紹介するイベントです。リリースされたばかりのAltium Designer 22の新機能など、米国で年1度に開催するPCB設計サミット「AltiumLive」で紹介されるコンテンツをいち早くご案内します。第2日目は、マルチボード・プロジェクトのシステム設計、クラスやルームの概念に焦点をあてたベストプラクティス、ドキュメンテーション、MCADのコラボレーションについて紹介します。 このビデオでは次の内容について解説します: マルチボード・プロジェクトのシステム設計 Altium Designerを使用してMCADの制約を満たしながら基板間インターフェースを実現する方法を示しながら、複数のPCBのシステム設計と実装について深く掘り下げます。 Altium Designer ベストプラクティス (Part 2) このセッションでは、クラスやルームの概念を駆使することにより設計要件を予め整理し、デザインルールへ落とし込む工程について紹介します。さらに各ルールの複雑な標的の設定やそれぞれの優先順位付けを構築し、検証する方法を解説します。またOutput Jobsを介してのActiveBOM、Draftsman、部品座標データや 基板製造ファイルの設定、及びAltium 365 Workspaceにおける最終的な製造へのリリース用ファイルの生成にも焦点をあてます。 製造と実装のためのドキュメンテーション ビデオを見る
Altium Roadshow 2022 Tokyo - Day 1 Altium Roadshow 2022は、アルティウム製品の最新動向およびテクノロジーを紹介するイベントです。リリースされたばかりのAltium Designer 22の新機能など、米国で年1度に開催するPCB設計サミット「AltiumLive」で紹介されるコンテンツをいち早くご案内します。第1日目は、シミュレーション、回路設計機能に焦点をあてたベストプラクティス、コンポーネントライブラリについて紹介します。 このビデオでは次の内容について解説します: Altium Designer 22の紹介 このセッションでは、Altium Designer 22のエキサイティングな改良点についてご案内します。シミュレーション結果/測定の改善、デザインルールに含まれるデジグネータの自動更新、IPC-4761経由のサポート、Draftsmanの改善、回路図のクロスリファレンス、トレースグロスなどが含まれます。 シミュレーションを用いた設計分析 本セッションでは、動作点、AC/DCスイープ、波形表示/編集を伴う過渡状態シミュレーションのための更新フローと回路セットアップを紹介します。 Altium Designer ベストプラクティス (Part 1) 本セッションでは、回路設計を階層的にトップダウンまたはボトムアップで構成することのメリットと、回路図ディレクティブとPCBプランニングが基板レイアウトに与える影響についてレビューします。さらに、回路図ではなくPCBにてクラスを作成することの危険性についても言及します。 ビデオを見る
ホームに戻る