トレーニングは必要か? 疑問の余地はまったくなし

John Magyar
|  投稿日 February 21, 2017  |  更新日 March 16, 2020

frustrated at computer, training changes that!

 

Altiumの製品の新しいユーザーや使用頻度の低いユーザー、利用を検討中の見込み顧客に対し、私はよくこう尋ねます。「トレーニングは計画されていますか」案の定、この質問を聞いた人たちは表情が硬くなり、ためらいがちに「そうしたいのですが…」と答えます。そして大半は、仕事の中断やトレーニングなどにかかる費用など、いくつかの問題点を口にします。こうした反応は、歯医者に行くかどうか考えているときと似ています。つまり、行くのを引き延ばしていると、とんでもないことになるのはわかっていても、仕事に穴を開けて歯医者に向かい、嫌な治療を受けてお金まで払わなくてはなりません。

 

それと同じように、「トレーニングを受けるかどうか」という決断を後回しにしているうちに、お決まりの言い訳が頭をもたげます。「今手掛けている重要なプロジェクトから抜けることはできない」、「経営陣から費用について質問攻めにされるだろう」、あるいは、「単なるEDAツールなのだから、Googleで検索しながら2つか3つの基板のレイアウトで試せばどうにかなる。これまでもずっとうまくやってきたのだから、すぐにこつをつかめるはずだ」という興味深いものもあります。

 

時間と予算はどんなプロジェクトでも重要です。3日も4日も穴を開けるのことなど、想像もつかないかもしれませんが、実際には短期的にも長期的にも時間の節約になります。トレーニングでは、設計の全体的なプロセスについて段階的に学べるだけではありません。特定のスキル開発について深い見識を持っている認定講師から、問題を回避する方法も習得できます。3日や4日を費やしたとしても、元はすぐに取れます。トレーニングを受けなければ、製造業者や実装業者とプロジェクトについて議論を繰り返したり、複雑な作業に対処したりするのに、それ以上の時間がかかる可能性が高いからです。

 

出費は必ず正当化できなくてはなりません。頭に入れておきたいのは、認定講師から時間短縮の手法とテクニックを学ぶことで、生産性を改善できるということです。現時点で一通りの設計プロセスに対処できたとしても、熱心な講師が共有するたくさんのヒントやこつを活用すれば、基板にかける時間を数分、数時間、場合によっては数日も短縮できるのです。講師はユーザーがつまずきやすい場所を知っており、潜在する問題を避ける方法を教えてくれます。

 

オンラインで情報を見つけるのは簡単です。ただし、たとえ正確な解説でも誤解をされやすいものもあります。Google検索では、設計ツールのほぼすべてのコマンドの利用に関する情報を見つけられます。とはいえ、こうした情報は絶対に正しいでしょうか?あるいは、ベストプラクティスとして提示されているでしょうか?不適切な情報源はユーザーを脱線させたり、間違った情報を植え付けたりする恐れがあります。これは将来、想定外の結果をもたらします。特に、設計ツールの機能に関する正しい知識があれば避けられたはずの再設計は大きな痛手です。

 

長年にわたって、私は100を超えるトレーニングを提供してきました。一番やりがいを感じるのは、特定のコマンドやショートカット、方法論の存在を知らなかったために、設計や検証で悪戦苦闘していたことに生徒が気付く瞬間です。彼らが最も口にするのは次のような言葉です。「この単純なコマンドを知っていれば、この前のプロジェクトであんなに苦労することはなかったのに!」指導することは、優れたツアーガイドになるのと似ています。つまり、興味深いことや価値あることをできるだけたくさん紹介しながら、生徒をA地点からB地点まできちんと導かなければなりません。

 

もうおわかりのように、トレーニングは遅らせたり、無視したりできるものではありません。認定講師が提供するトレーニングは有益な時間になるでしょう。しかも、時間とコストをすぐに節約できるようになります。クラスルーム形式の講座で設計のプロセスに集中しながら、講師から直接、数多くのトピックを学ぶことができます。リラックスした環境のなかで、見込み顧客、業界の請負業者、同業の専門家と出会うチャンスもあります。歯医者ももちろん重要ですが、それよりもはるかに快適な時間になるはずです。もう、おわかりでしょう。トレーニングを受けるかどうかについて、あれこれ考える必要はないのです。

 

トレーニングがもたらす創造性

トレーニングを受けることで、効率性の改善、時間の節約、知らなかった機能の発見が可能になります。しかし、それよりも重要なのは、節約できる時間と新しい機能を活用して、設計者としての創造力を発揮できるようになることでしょう。つまり、大好きな仕事をもっと楽しめるようになるのです。Altiumのトレーニングを活用すれば、仕事はさらに有意義なものになります。詳細については、このホワイトペーパーをダウンロードしてご確認ください。

筆者について

筆者について

With an emphasis on microprocessor systems design, John earned his Bachelor of Science degree from SUNY Polytechnic Institute. He initially worked as a design engineer in the Defense industry developing diagnostic test programs for complex PCBs. Subsequently, John has worked as a senior application engineer in the EDA industry supporting a wide range of ASIC, FPGA, and PCB design and verification solutions.

最新の記事

Altium Roadshow 2022 Tokyo - Day 2 Altium Roadshow 2022は、アルティウム製品の最新動向およびテクノロジーを紹介するイベントです。リリースされたばかりのAltium Designer 22の新機能など、米国で年1度に開催するPCB設計サミット「AltiumLive」で紹介されるコンテンツをいち早くご案内します。第2日目は、マルチボード・プロジェクトのシステム設計、クラスやルームの概念に焦点をあてたベストプラクティス、ドキュメンテーション、MCADのコラボレーションについて紹介します。 このビデオでは次の内容について解説します: マルチボード・プロジェクトのシステム設計 Altium Designerを使用してMCADの制約を満たしながら基板間インターフェースを実現する方法を示しながら、複数のPCBのシステム設計と実装について深く掘り下げます。 Altium Designer ベストプラクティス (Part 2) このセッションでは、クラスやルームの概念を駆使することにより設計要件を予め整理し、デザインルールへ落とし込む工程について紹介します。さらに各ルールの複雑な標的の設定やそれぞれの優先順位付けを構築し、検証する方法を解説します。またOutput Jobsを介してのActiveBOM、Draftsman、部品座標データや 基板製造ファイルの設定、及びAltium 365 Workspaceにおける最終的な製造へのリリース用ファイルの生成にも焦点をあてます。 製造と実装のためのドキュメンテーション ビデオを見る
Altium Roadshow 2022 Tokyo - Day 1 Altium Roadshow 2022は、アルティウム製品の最新動向およびテクノロジーを紹介するイベントです。リリースされたばかりのAltium Designer 22の新機能など、米国で年1度に開催するPCB設計サミット「AltiumLive」で紹介されるコンテンツをいち早くご案内します。第1日目は、シミュレーション、回路設計機能に焦点をあてたベストプラクティス、コンポーネントライブラリについて紹介します。 このビデオでは次の内容について解説します: Altium Designer 22の紹介 このセッションでは、Altium Designer 22のエキサイティングな改良点についてご案内します。シミュレーション結果/測定の改善、デザインルールに含まれるデジグネータの自動更新、IPC-4761経由のサポート、Draftsmanの改善、回路図のクロスリファレンス、トレースグロスなどが含まれます。 シミュレーションを用いた設計分析 本セッションでは、動作点、AC/DCスイープ、波形表示/編集を伴う過渡状態シミュレーションのための更新フローと回路セットアップを紹介します。 Altium Designer ベストプラクティス (Part 1) 本セッションでは、回路設計を階層的にトップダウンまたはボトムアップで構成することのメリットと、回路図ディレクティブとPCBプランニングが基板レイアウトに与える影響についてレビューします。さらに、回路図ではなくPCBにてクラスを作成することの危険性についても言及します。 ビデオを見る
ホームに戻る