高速バスの長さを一致させる方法

Altium Designer
|  Created: September 28, 2020  |  Updated: September 28, 2020

高速データシステムの高速化に伴い、いくつかのPCBレイアウトの課題が出てきます。DDR、VME、PCIeのような高速バスは、非常に厳しい公差で厳密なタイミングを必要とするデータ転送速度に達することができるため、PCBレイアウトにおける余裕はありません。

このオンデマンドWebセミナーでは、なぜ高速データシステムと差動信号でトラックの長さを一致させることが重要である理由について解説します。PCBの長さのマッチングと時間遅延の制約を適切に定義する方法、そしてAltium Designer®で高速信号を効果的に配線する方法について学ぶことができます。

以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。

  • なぜ高速信号でトラックの長さを一致させることが重要なのか?

  • 高速バスや差動信号での長さ合わせや時間遅延チューニング

  • 回路図やPCBから高速PCB制約ルールを設定する方法

  • シングルエンドおよび差動トラックのチューニング方法

今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。

About Author

About Author

电子设计和DFM的PCB设计工具。给EDA领导者的信息。

most recent articles

テンプレートを活用してより多くの時間を設計に充てるには 今日、設計者は一般にEDAソフトウェアのデフォルトを開始点として使用し、寸法線、単位、グリッド設定、色、他の環境的な要素を必要に応じて変更します。プロジェクトを開始するたびに初めから作業を行うのが普通で、既知の適切な設定、レイヤー構成、回路図シートのタイトルブロックなどがほとんど再利用されません。 このように設計データをその場その場で作成すると、プロジェクトの不整合や危険を招きます。Altium Designer®とAltium 365®のテンプレートは、個々の設計者や設計チームが一貫した設計データを使用して信頼できる開始点からプロジェクトを始められるようにすることで、これらの危険を排除するのに役立ちます。 このビデオでは、設計プロセスを通してAltium Designerでテンプレートがどのように使用されているか紹介します。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 設計プロセスの各側面をテンプレート化する Altium 365を使用してチームに展開するための設計テンプレートを活用する 均一なコンポーネントをすばやく作成する 設計チーム全体で一貫性を実現する 準備や研修時間を短縮する 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
Back to Home