ガーバーからAltium Designerの完全なPCBデータを復元する

Altium Designer
|  September 8, 2020
ガーバーからAltium Designerの完全なPCBデータを復元する

ガーバー(Geber)はアートワークフィルムの作画の為のフォーマットとして定着しており、市販されているPCB-CADツールでは例外なくサポートされています。このガーバーデータはアートワークフィルムの作成だけでなく、CADツールに読み込んでアートワークイメージを再現し、それを編集するという用途にも利用できます。

このガーバーの読み込み手順を、以前のブログ記事「Altium DesignerでGerber編集」で紹介しましたが、その手順によって再現される基板のデータはCAMデータの範囲を超えるものではありません。例えば、パッドスタックは再現されているものの、コンポーネントの概念は存在せず、Altium Designerの本来のPCBデータとはほど遠いものです。そして、この事はPCBデータを再利用する際に、Altium Designerが持つ機能の、ほんの一部しか利用できない事を意味します。そこで、今回は一歩前に進み、この不完全なPCBデータに対してインンテリジェントな情報を付加し、回路図とリンクする完全なCADデータへの変換を試みます。

ガーバーはPCBの生データが読めない場合の唯一の代替手段

PCBレイアウトを外部に委託する時、Altium Designerでの設計を希望してもそれが叶わず、他社のCADツールで設計が行われる場合があります。このような場合にはインポータを使ってAltium Designerに読み込む事もできますが、該当するインポータが用意されていない場合には、ガーバーを読み込むしか方法がありません。

そこで、今回はインポータが用意されておらず、「他社ツールで保存された生デ-タが読み込めない」場合や、「PCBデータが見つからない」というような場合を想定して、ガーバーデータから完全なPCBデータを復元する手順を紹介します。

1. 必要なCAMデータと回路図を用意

PCBデータに互換性が無く読み込めない場合や、PCBデータを遺失した場合には、製造の為のCAMデータが役立ちます。ガーバーデータはこの中核を成すものですが、これにはグラフィカルな情報しか含まれていませんので、ガーバー以外に以下のデータを使って必要な情報を付加します。

  • Excellon-NCドリルデータ
  • Pick and Placeデータ(マウンタ用の座標値データ)
  • Altium Designerで描かれ、フットプリントが割り付けられた回路図

Excellon-NCドリルデータは発注先の基板メーカー、そしてPick and Placeデータは部品実装の委託先に保管されているはずですので、それぞれの管理者にコンタクトしてこれらを入手します。

2. CAMエディタにガーバーデータを読み込み、PCBエディタに転送

ガーバーデータはいきなりPCBエディタに読み込むのではなく、一旦、CAMエディタに読み込んでからPCBエディタに転送します。CAMエディタには、ガーバーデータだけでなくNCドリルデータも読み込みます。そして、その後、読み込まれた各層のデータに層属性を与えます。これで、複数の層で構成された一枚の基板が再現されます。そして、ネットリストの抽出を行った後、[PCBへエクスポート]コマンドを起動して、PCBエディタにデータを転送します。

なお、ここまでの手順はブログ記事「Altium DesignerでGerber編集」で詳しく説明されていますので、詳細はこちらをご覧ください。

図1. PCBエディタに転送されたガーバーデータ
図1. PCBエディタに転送されたガーバーデータ

3. フリーパッドをビアに変換

CAMエディタから転送されたデータを一見すると、あたかも普通のPCBデータのように見えます。しかし、実際にはビアであるべきところにもコンポーネント(フットプリント)の端子部分にも、全てフリーパッドが置かれています。

そこでまず、ビアへの変換を行います。この作業はビアに変更したい箇所をセレクトし、 [セレクトしたフリーパッドをビアへ変換]コマンドを実行することによって行います。

この時、ビアの代わりに置かれているフリーパッドのランド径、又は穴径、又はその組み合わせが他のパッドで使われていないユニークなサイスであれば、[類似オブジェクトを検索]コマンドで一括選択して、一気に変換する事ができます。

図2. ビアへの一括変換に使用するコマンド
図2. ビアへの一括変換に使用するコマンド
[類似オブジェクトを検索]で一括選択した後、[セレクトしたフリーパッドをビアへ変換]を実行します。

4. フットプリントの端子の位置に配置されているフリーパッドを消去

フットプリントの端子の位置に置かれているパッドは、バラバラのフリーパッドであり、部品として一体化されたものではありません。ここには、フットプリントを再配置しますので、これらのパッドを全て消去します。この消去するパッドの選択には、[類似オブジェクトを検索]コマンドを用います。

図3. 部品の端子位置に配置されているフリーパッドを全て消去
図3. 部品の端子位置に配置されているフリーパッドを全て消去

5. シルク層(オーバーレイ)のデータをメカニカルレイヤに退避

シルク層のデータも単なるベクトルデータの集合ですので、PCBデータとしては使用せずに、フットプリントに置換えます。しかしこシルクデータは、後でテンプレートとして利用しますので、消去せずに、空いているメカニカルレイヤに退避させます。

図4.メカニカルレイヤにシルクデータを移動
図4.メカニカルレイヤにシルクデータを移動
PCBデータとして使用するのは、赤色で表示されている部品面パターンと青色で表示されている半田面パターン、及びその間を接続するビア、そして基板の四隅に置かれているフリーパッド。メカニカルレイヤに退避させたシルクデータは、後の編集作業でテンプレートとして使用します。

6. 回路情報を読み込む

新しいプロジェクトを作成し、作業中のPCBと回路図をプロジェクトに加え、回路図エディタから[Update PCB Document ...]コマンドを実行します。これで、回路情報がPCBに読み込まれ、フットプリントとラッツネストが現れます。

図5. 回路情報を読み込むとフットプリントが呼び出される
図5. 回路情報を読み込むとフットプリントが呼び出される

7. フットプリントを再配置

呼び出されたフットプリントは基板の外にあるルームの中に並んでいます。これを本来の位置に移動します。これには、Pick and Placeデータを利用します。

このPick and Placeのフォーマット自体は、互換性が高く読み込みに苦労する事はありません。しかし、マウンタとAltium Designerでは、部品の原点位置が異なっている事が多く、双方を一致させる為の作業が必要になります。

この再配置は、[ツール]-[コンポーネント配置]- [配置ファイル読み込み]を実行する事によって行います。

これを実行すると、フットプリントは本来の位置に瞬時に再配置されます。

なお、通常、このPick and Placeデータは製造部門から入手して使用しますが、今回は事前にAltium Designerから出力しておいたものを使用しました。

図6. Pick and Placeによるフットプリントの再配置
図6. Pick and Placeによるフットプリントの再配置

8 配線のネット名を更新する

部品を再配した直後には、部品のパッドと配線との間でネット名が一致していない為、一帯にエラーが表示されます。また、ラッツネストも表示されたままです。これを解決する為、[デザイン]-[ネットリスト]メニューから[コンポーネントパッドからフリープリミティブ更新]コマンドを実行して、配線に本来のネット名を与えます。

図7. [コンポーネントパッドからフリープリミティブ更新]でネット名の更新が完了
図7. [コンポーネントパッドからフリープリミティブ更新]でネット名の更新が完了

9. シルク印刷の編集

再配置されたフットプリントのデジグネータは、フットプリントの属性として規定された位置に現れますので、これを本来の位置に移動しなくてはなりません。また、基板名などのテキスト情報を付け加えなくてはなりません。これは、自動ではできませんので、マウスとキーボードによる手作業で行わなくてはなりません。この作業は、メカニカルレイヤに退避させておいたシルクデータを、テンプレートとして参照する事によって機械的に行う事ができます。

図8. シルクデータの編集が完了
図8. シルクデータの編集が完了

これでPCBデータが復元できました。この復元にはある程度の手作業が必要になりますが、時間のかかる部品の再配置と配線の再現は、既存のファイルの読み込みによって行えますので、さほど手間取るものではありません。

また、多くの部品メーカーではガーバーデータでリファレンス基板のレイアウトを提供しており、JEDEでも、高速メモリモジュールの基板レイアウトを、リファレンスガーバー(コモンガーバー)として提供しています。

ガーバーで提供されているこれらの基板レイアウトも、ここで紹介したような手順でAltium Designerの完全なPCBデータに変換する事ができます。

今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。

About Author

About Author

电子设计和DFM的PCB设计工具。给EDA领导者的信息。

most recent articles

テンプレートを活用してより多くの時間を設計に充てるには 今日、設計者は一般にEDAソフトウェアのデフォルトを開始点として使用し、寸法線、単位、グリッド設定、色、他の環境的な要素を必要に応じて変更します。プロジェクトを開始するたびに初めから作業を行うのが普通で、既知の適切な設定、レイヤー構成、回路図シートのタイトルブロックなどがほとんど再利用されません。 このように設計データをその場その場で作成すると、プロジェクトの不整合や危険を招きます。Altium Designer®とAltium 365®のテンプレートは、個々の設計者や設計チームが一貫した設計データを使用して信頼できる開始点からプロジェクトを始められるようにすることで、これらの危険を排除するのに役立ちます。 このビデオでは、設計プロセスを通してAltium Designerでテンプレートがどのように使用されているか紹介します。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 設計プロセスの各側面をテンプレート化する Altium 365を使用してチームに展開するための設計テンプレートを活用する 均一なコンポーネントをすばやく作成する 設計チーム全体で一貫性を実現する 準備や研修時間を短縮する 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
Altium Designerによるプリント基板の設計 プリンテッドエレクトロニクスは3D印刷と同様に一般化しつつあります。急速に広がりつつあるこの技術により、製造の分野において新しい可能性が生まれ、技術者や設計者は、これまで対応できなかった市場に製品を送り出すことが可能になりました。新しい基板とインクは、生体医療から航空宇宙、家電機器まで、様々な用途に対応するために開発されています。 この技術に対応できる契約製造業者が多数、出現したことで、コスト競争が激しくなりつつあります。試作と量産を迅速に行えることは多くの可能性を秘めています。Altium 365®を使用すれば、設計プロセス全体で製造業者と情報を常に直接共有できます。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 現在のプリンテッドエレクトロニクス設計で使用する独自の配線技法 プリンテッドエレクトロニクス用にレイヤー構成を指定する方法 プリンテッドエレクトロニクス用にビアを配置する方法 製造業者がすぐに使用できるデザインパッケージを作成する方法 Altium 365を使用して製造業者と直接、情報を共有する方法 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
Altium Designer 21:より優れた設計手法 設計プロセスでは多くの場合、退屈な繰り返し作業が求められます。Altium Designer 21では、ユーザーの皆様からのフィードバックを基に長く使用されている機能に見直しを加え、ユーザーエクスペリエンスを改善するとともにパフォーマンスと安定性の向上が行われており、より優れた環境で設計を行うことができます。これらの改良点により、既存の設計タスクが合理化され、リアルな3Dモデリングで精巧なリジッド設計またはリジッドフレキシブル設計を完成させることができます。 さらに、Altium 365®はAltium Designerの最新リリースで、従来にも増して重要な役割を果たしています。詳しくご覧ください。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 SPICEシミュレーションの拡張 リジッドフレキシブル設計: 基板プランニングとレイヤースタックの定義 高速設計:トロンボーンとノコギリ歯のチューニング 回路設計の改良:一般的なコンポーネントとネットのプロパティ Altium 365:プロジェクト履歴、競合回避、コメント 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
Back to Home