IPC社がアルティウムのNexarエコシステムパートナーに

Judy Warner
|  投稿日 November 11, 2021  |  更新日 November 17, 2021
パズルのピースを持っている手

このたび、IPC社とアルティウムは、広がりを見せているNexarエコシステムパートナーにIPC社が参加することを正式に発表しました。このインタビューでは、IPC社の規格/テクノロジー担当副社長であるDavid Bergman氏にお話を伺いました。この新しいパートナーシップがどちらの組織にも双方向的に価値をもたらすことについて、Bergman氏がどのように考えているのかを語っています。


Judy Warner
Nexarパートナーシップについてお話をお伺いする前に、規格/テクノロジー担当副社長としての役割がどのようなものかをお聞かせいただけますか?

David Bergman
世界的にはIPC規格、そして毎年開かれるIPC APEX EXPOなど、組織内のいくつかの活動を監督しています。職員の中で最も在職期間が長いため、IPC社の史学者とも言えるでしょう。

Warner
現在、設計に関する規格はいくつありますか?

Bergman
たくさんあります。その一部は、リジッド基板、フレキシブル回路、高速設計のほか、プリンテッドエレクトロニクスに関する規格です。他にも、製造可能な設計を行うためのベストプラクティスを設計者に提供するDFMなどがあります。

Warner
読者の皆さまはまだご存じないかもしれないので、IPC規格がどのように作られるのか教えていただけますか?

Bergman
まず、IPC社の職員や担当者が規格を策定することはありません。IPC委員会において、数百人に及ぶ対象分野の専門家と業界専門家のボランティアの総意によって作成されます。規格の健全性が維持され、技術の進歩に合わせて絶えず更新されるよう、このプロセスは厳格に進められます。

Warner
Bergmaさんとしては、アルティウムのNexarパートナーになることの価値をどのように見ていらっしゃいますか?

Bergman
エレクトロニクス業界は複雑でペースが速いため、特定の専門分野に深く入り込みすぎ、重要な情報や知識、リソースを見失ってしまうことがあります。IPC社で仕事をしている私でさえ、すべてを把握しきれないことがあるくらいですから。そのため、設計規格やトレーニング教材など、IPCのリソースを、設計者の方々にNexarを通じて簡単に利用していただけるようにする予定です。また、高校、専門学校、大学の学生が業界とつながれるよう、アルティウムの教育部門とIPC Education Foundationが連携することで、次世代のエレクトロニクス専門家をサポートしていきたいと考えています。
Nexarは、IPC社が今後も製造業者を含めたエレクトロニクスエコシステム全体に価値を提供するのに役立つでしょう。これは業界全体にメリットをもたらします。

Warner
IPC社には「IPC Edge」と呼ばれる学習プラットフォームがあり、Nexarを通じてAltium 365のユーザーに提供される設計コンテンツなど、さまざまな種類の学習コンテンツが用意されています。これについて教えていただけますか?

Bergman
インタビューの前に少し調べてみたのですが、現時点で168時間に及ぶインストラクター主導の学習コンテンツが提供されており、これはさらに拡大される計画です。これらのコースでは、設計者になったばかりの人から、組み込みシステムやフレキシブル回路、軍事/航空などを扱う専門設計者まで、さまざまな設計者を対象に指導が提供されます。たとえば、設計者が製造向けの設計を行えるよう、自らの知識をさらに広げたいと考えているとしましょう。そうした場合には、5年以上の経験を持つ設計者を対象にCIDコースとCID+コースが用意されています。

Warner
IPCのメンバー、Altium Designerを利用する設計技術者、そしてエレクトロニクス業界にとって、このパートナーシップを有益なものにするための新しい方法を、IPC社とアルティウムが協力しながら時間とともに特定していけるものと確信しています。設計者と業界の橋渡しする試みの1つが、AltiumLiveIPC APEX EXPOの同時開催ということですね。今回の同時開催は、IPC社とアルティウムのコミュニティの物理的な隔たりをなくすための第一歩となるでしょう。
こうしたイベントとコミュニティがそれぞれの場所やNexarでどのような相乗効果をもたらすのか楽しみです。本日は貴重なお話をありがとうございました。

Bergman
こちらこそ、ありがとうございました。アルティウムのチーム、設計コミュニティ、エコシステムのメンバーの皆さまと1月にお目にかかるのを楽しみにしています。
 

David Bergman

David Bergman
​​​​VP of Standards and Technology at IPC

 

筆者について

筆者について

Judy Warnerは、25年以上にわたりエレクトロニクス業界で彼女ならではの多様な役割を担ってきました。Mil/Aeroアプリケーションを中心に、PCB製造、RF、およびマイクロ波PCBおよび受託製造に携わった経験を持っています。 また、『Microwave Journal』、『PCB007 Magazine』、『PCB Design007』、『PCD&F』、『IEEE Microwave Magazine』などの業界出版物のライター、ブロガー、ジャーナリストとしても活動しており、PCEA (プリント回路工学協会) の理事も務めています。2017年、コミュニティー エンゲージメント担当ディレクターとしてAltiumに入社。OnTrackポッドキャストの管理とOnTrackニュースレターの作成に加え、Altiumの年次ユーザー カンファレンス「AltiumLive」を立ち上げました。世界中のPCB設計技術者にリソース、サポート、支持者を届けるという目的を達成すべく熱心に取り組んでいます。

最新の記事

Altium Roadshow 2022 Tokyo - Day 2 Altium Roadshow 2022は、アルティウム製品の最新動向およびテクノロジーを紹介するイベントです。リリースされたばかりのAltium Designer 22の新機能など、米国で年1度に開催するPCB設計サミット「AltiumLive」で紹介されるコンテンツをいち早くご案内します。第2日目は、マルチボード・プロジェクトのシステム設計、クラスやルームの概念に焦点をあてたベストプラクティス、ドキュメンテーション、MCADのコラボレーションについて紹介します。 このビデオでは次の内容について解説します: マルチボード・プロジェクトのシステム設計 Altium Designerを使用してMCADの制約を満たしながら基板間インターフェースを実現する方法を示しながら、複数のPCBのシステム設計と実装について深く掘り下げます。 Altium Designer ベストプラクティス (Part 2) このセッションでは、クラスやルームの概念を駆使することにより設計要件を予め整理し、デザインルールへ落とし込む工程について紹介します。さらに各ルールの複雑な標的の設定やそれぞれの優先順位付けを構築し、検証する方法を解説します。またOutput Jobsを介してのActiveBOM、Draftsman、部品座標データや 基板製造ファイルの設定、及びAltium 365 Workspaceにおける最終的な製造へのリリース用ファイルの生成にも焦点をあてます。 製造と実装のためのドキュメンテーション ビデオを見る
Altium Roadshow 2022 Tokyo - Day 1 Altium Roadshow 2022は、アルティウム製品の最新動向およびテクノロジーを紹介するイベントです。リリースされたばかりのAltium Designer 22の新機能など、米国で年1度に開催するPCB設計サミット「AltiumLive」で紹介されるコンテンツをいち早くご案内します。第1日目は、シミュレーション、回路設計機能に焦点をあてたベストプラクティス、コンポーネントライブラリについて紹介します。 このビデオでは次の内容について解説します: Altium Designer 22の紹介 このセッションでは、Altium Designer 22のエキサイティングな改良点についてご案内します。シミュレーション結果/測定の改善、デザインルールに含まれるデジグネータの自動更新、IPC-4761経由のサポート、Draftsmanの改善、回路図のクロスリファレンス、トレースグロスなどが含まれます。 シミュレーションを用いた設計分析 本セッションでは、動作点、AC/DCスイープ、波形表示/編集を伴う過渡状態シミュレーションのための更新フローと回路セットアップを紹介します。 Altium Designer ベストプラクティス (Part 1) 本セッションでは、回路設計を階層的にトップダウンまたはボトムアップで構成することのメリットと、回路図ディレクティブとPCBプランニングが基板レイアウトに与える影響についてレビューします。さらに、回路図ではなくPCBにてクラスを作成することの危険性についても言及します。 ビデオを見る
ホームに戻る