Princeton Racing ElectricalチームとFormula Hybrid Competition

Judy Warner
|  January 8, 2018

PRE racing team car

 

Judy Warner: お二人にお会いできて光栄です。まずはJasperさんからお話しを伺いましょう。Princeton Racing Electricチームがどのような活動をしているのか、チームがいつどのように結成されたのかをお聞かせください。
 
Jasper Gebhardt: Princeton Racing Electricは、1人乗りのレース用電気自動車を設計、製造し、レースへ参戦している学生チームです。私たちは、フォーミュラSAEの学生設計競技会、特にFormula Hybrid Competitionに参加しています。チームは、2013年に、プリンストンに実践的なエンジニアリンググループがないことに気付いた機械工学科の3人の学生によって結成されました。レース用自動車を製造するための下準備にはかなり時間がかかり、2015年に初めて競技会に参加しました。

 

PRE car in the shop


Warner: チームメンバーは現在何人いますか? 主に大学生ですか、大学院生ですか、それとも混成ですか?
 
Gebhardt: チームメンバーは現在約40名います。全員大学生です。メンバーの専攻は、機械工学や電気工学から天体物理学や生物学までさまざまです。

Warner: 資金はどこから得ていますか? 学内では、どのようなタイプのツールを利用できますか?
 
Gebhardt: 資金は、企業による援助、個人からの寄付、大学からの支援などで賄っています。学内には小さなガレージがあり、そこで作業したりレース用自動車を組み立てたりしています。大学のさまざまな設備も利用しており、例えば機械作業室で自動車のほぼ全ての部品を作成しています。あらゆる設計に使用するソフトウェアは、大学のものや、Altiumなどの企業が提供してくれるものがあります。
 

working on race car


Warner: チームが最も誇れる成果は何でしょうか? また今後の抱負もお聞かせください。
 
Gebhardt: 私たちは、経験も資金ももっと豊富な大規模チームがおよばないほどの進歩を短期間で達成しました。このことは間違いなく誇れます。先シーズン、私たちはFormula Hybridの電気部門で2位になりました。今後は、継続的に知識ベースを構築して、さらに優れたレース用自動車を設計、製造し、もっと多くの課題や競技会に挑戦したいと思っています。
 
Warner: 電気部門での好成績、おめでとうございます! Ryotoさんは、ご自身が誇りに思っているに違いない電気チームのリーダーですね。電気チームのメンバーは何人ですか? プリンストンでのご自身の専攻と学年も教えてください。

 

PRE team


 
Ryoto Sekine: 電気系統のメンバーは、今年は11人います。およそ半数が高電圧系(バッテリー、BMS、モーターコントローラーなど)、残りの半数が低電圧系(始動、停止、および多くの安全制御フィードバックシステム)を担当しています。今年は、私が電気チームのリーダーを務めています。私は、学部の3年生で、電気工学と物理学を専攻しています。

Warner: 電気自動車用の回路基板や電気系統の設計で電気チームが直面している主な課題や特殊な問題は何ですか?
 
Sekine: 堅牢性です。自動車に発生する可能性のあるアクシデントは、AMS(Accumulator Management System)、IMD(Isolation Monitoring Device)、ブレーキ踏み抜き失陥など、挙げればきりがありませんが、私たちの電気系統は、このようなアクシデントに対処するよう設計されています。これは、場合によっては、複雑さと安定性に関して妥協することを意味します。私たちの車が競技会の検査に合格した場合、その車を運転するのはチームメイトです。このことは、可能な限り確実で安全な車を作るさらなる原動力となります。

Warner: 電気チームでは、何種類くらいの回路基板を設計してきましたか?
 
Sekine: 正直なところわかりません。私たちは非常に多くの設計をしてきました。去年の自動車で、プリチャージ、放電、トラクティブシステムの状態監視、IMDおよびAMSの調整回路にPCBを使い始めました。各基板は十分にテストを行いました。多くは「Wall of Shame(恥の壁)」として報告され、その後改善されました。

Warner: プロの技術者や設計者でも、修正基板でスクラップの山を築くことになりますから、仲間に恵まれましたね。
Jasperさん、今年の競技会の開催場所と開催時期を教えてください。
 
Gebhardt: Formula Hybrid Competitionは、ニューハンプシャーモータースピードウェイで開催されます。このコースでは、NASCARとオートバイのレースも行われます。毎年5月の初めに行われ、今年は4月30日から5月3日に開催される予定です。

 

race car driver up close

 

 
Warner: お二人にお尋ねします。この経験は将来のキャリアにどのように役立つとお考えですか?
 
Sekine: 今のところ、私はプリンストンを卒業後、大学院の固体物理学コースに進み、量子計算の応用について研究するつもりです。この分野で私たちが組み立てるデバイスの多くは、外部回路に接続するチップ上に配置されます。たいていの場合、そのような特殊な外部回路は自力で設計する必要があります。PREでの回路設計とAltiumのような強力なツールを利用できる環境は、この課題に備えるにはぴったりです。

Gebhardt: PREを通じて得た経験と人脈は、フォーミュラワンのチームでのインターンシップからSpaceXでのキャリアなどに至るまで、数え切れないほどのチャンスにつながっています。PREの学生は、設計や製造から予算編成や資金調達まで、プロセスの全てのステップを管理します。アイディアから実際に運転できる自動車を実現するあらゆる側面の進捗を目にし、翌年に同様の作業に戻って再び全てを改善することは、すばらしい経験です。

 

race car driver



Warner: 将来のすばらしいキャリアにつながる、豊かで意義のある経験のようですね。最後に何かありますか?
 
Gebhart: 私たちの活動に関心がある読者の方は、ぜひ私たちのWebサイト(princetonracing.com)にアクセスしてInstagram、Facebook、Twitterを覗いてみてください!

Warner: 本日はお時間を割いていただき、ありがとうございました。Altiumのチーム全員(私も含め)で、2018年のチームのさらなる進歩に注目し、常に応援しております。幸運をお祈りしています!
 

All photos credited to raylego.com

 

About Author

About Author

Judy Warnerは、25年以上にわたりエレクトロニクス業界で彼女ならではの多様な役割を担ってきました。Mil/Aeroアプリケーションを中心に、PCB製造、RF、およびマイクロ波PCBおよび受託製造に携わった経験を持っています。 また、『Microwave Journal』、『PCB007 Magazine』、『PCB Design007』、『PCD&F』、『IEEE Microwave Magazine』などの業界出版物のライター、ブロガー、ジャーナリストとしても活動しており、PCEA (プリント回路工学協会) の理事も務めています。2017年、コミュニティー エンゲージメント担当ディレクターとしてAltiumに入社。OnTrackポッドキャストの管理とOnTrackニュースレターの作成に加え、Altiumの年次ユーザー カンファレンス「AltiumLive」を立ち上げました。世界中のPCB設計技術者にリソース、サポート、支持者を届けるという目的を達成すべく熱心に取り組んでいます。

most recent articles

テンプレートを活用してより多くの時間を設計に充てるには 今日、設計者は一般にEDAソフトウェアのデフォルトを開始点として使用し、寸法線、単位、グリッド設定、色、他の環境的な要素を必要に応じて変更します。プロジェクトを開始するたびに初めから作業を行うのが普通で、既知の適切な設定、レイヤー構成、回路図シートのタイトルブロックなどがほとんど再利用されません。 このように設計データをその場その場で作成すると、プロジェクトの不整合や危険を招きます。Altium Designer®とAltium 365®のテンプレートは、個々の設計者や設計チームが一貫した設計データを使用して信頼できる開始点からプロジェクトを始められるようにすることで、これらの危険を排除するのに役立ちます。 このビデオでは、設計プロセスを通してAltium Designerでテンプレートがどのように使用されているか紹介します。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 設計プロセスの各側面をテンプレート化する Altium 365を使用してチームに展開するための設計テンプレートを活用する 均一なコンポーネントをすばやく作成する 設計チーム全体で一貫性を実現する 準備や研修時間を短縮する 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
Altium Designerによるプリント基板の設計 プリンテッドエレクトロニクスは3D印刷と同様に一般化しつつあります。急速に広がりつつあるこの技術により、製造の分野において新しい可能性が生まれ、技術者や設計者は、これまで対応できなかった市場に製品を送り出すことが可能になりました。新しい基板とインクは、生体医療から航空宇宙、家電機器まで、様々な用途に対応するために開発されています。 この技術に対応できる契約製造業者が多数、出現したことで、コスト競争が激しくなりつつあります。試作と量産を迅速に行えることは多くの可能性を秘めています。Altium 365®を使用すれば、設計プロセス全体で製造業者と情報を常に直接共有できます。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 現在のプリンテッドエレクトロニクス設計で使用する独自の配線技法 プリンテッドエレクトロニクス用にレイヤー構成を指定する方法 プリンテッドエレクトロニクス用にビアを配置する方法 製造業者がすぐに使用できるデザインパッケージを作成する方法 Altium 365を使用して製造業者と直接、情報を共有する方法 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
Altium Designer 21:より優れた設計手法 設計プロセスでは多くの場合、退屈な繰り返し作業が求められます。Altium Designer 21では、ユーザーの皆様からのフィードバックを基に長く使用されている機能に見直しを加え、ユーザーエクスペリエンスを改善するとともにパフォーマンスと安定性の向上が行われており、より優れた環境で設計を行うことができます。これらの改良点により、既存の設計タスクが合理化され、リアルな3Dモデリングで精巧なリジッド設計またはリジッドフレキシブル設計を完成させることができます。 さらに、Altium 365®はAltium Designerの最新リリースで、従来にも増して重要な役割を果たしています。詳しくご覧ください。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 SPICEシミュレーションの拡張 リジッドフレキシブル設計: 基板プランニングとレイヤースタックの定義 高速設計:トロンボーンとノコギリ歯のチューニング 回路設計の改良:一般的なコンポーネントとネットのプロパティ Altium 365:プロジェクト履歴、競合回避、コメント 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
Back to Home