無償評価版

無償評価版をダウンロードして、ニーズに最適なAltiumソフトウェアをお探しください

購入方法

設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

ダウンロード

PCB設計およびEDAソフトウェアの最新版をダウンロードしてください

  • PCB DESIGN SOFTWARE
  • Altium Designer

    回路図とレイアウトのための完璧な環境

  • CircuitStudio

    エントリーレベルで、プロ仕様のPCB設計ツール

  • CircuitMaker

    コミュニティベースのPCB設計ツール

  • NEXUS

    チームによる素早いPCB設計

  • クラウド プラットフォーム
  • Altium 365

    Connecting PCB Design to the Manufacturing Floor

  • COMPONENT MANAGEMENT
  • Altium Concord Pro

    Complete Solution for Library Management

  • Octopart

    膨大なデー タが蓄積された、使いやすいコンポーネントデータベース

  • 拡張機能
  • PDN Analyzer

    簡単に使用できるシンプルな電源分配ネットワーク解析

  • 全ての拡張機能を見る
  • エンベデッド
  • TASKING

    組込みシステム開発のための世界的に有名な技術

  • TRAININGS
  • ライブコース

    世界中から利用できる教育トレーニングでベストプラクティスを学びましょう

  • オンデマンドコース

    自宅や会社から出ずに幅広い知識を身につけられます

  • ONLINE VIEWER
  • Altium 365 Viewer

    View & Share electronic designs in your browser

  • Altium Designer 20

    ストレスを感じさせない、プロ用Native 3D™ PCB設計

    ALTIUMLIVE

    Annual PCB Design Summit

    • フォーラム

      Altiumユーザーや熟練設計者がお互いに情報を交換できる場所です

    • ブログ

      Altiumが関心を寄せ、できればユーザーにも関心を持ってほしい話題についてのブログです

    • アイディア

      新しいアイディアをお送りいただいたり、Altiumツールに組み込んでほしい新しい機能に投票したりできます

    • バグの報告

      バグを報告いただき、どのバグが重要かを投票していただくことで、ソフトウェアの改善に役立てます

    • イベント情報

      AltiumLiveへ参加していただき、イベントをフォローできます

    • ベータプログラム

      ベータプログラムへの参加やAltiumのツールへの早期アクセスに関する情報をご覧になれます

    すべてのリソース

    ブログの記事からソーシャルメディアや技術白書に至るまで、最新のコンテンツを検索できます

    ダウンロード

    ニーズに合ったダウンロードオプションをご覧ください

    購入方法

    設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

    • マニュアル

      各製品のマニュアルおよびバージョン情報などの詳細を閲覧頂けます

    • トレーニングとイベント

      世界中のあるいはオンラインのトレーニングイベントのスケジュールを確認し、登録できます

    • デザインコンテンツ

      コンポーネント、テンプレート、サンプルデザインなどを含む無料のデザインコンテンツで当社の膨大なライブラリを参照できます

    • Webセミナー

      オンラインでライブのWebセミナーに参加したり、オンデマンドのWebセミナーに簡単にアクセスできます

    • サポート

      Altiumからの各種のサポートやセルフサービスオプションにより、不明点や疑問を解決してください

    • 技術文書

      もれなく集められた技術白書により、技術および業界の最新動向を常に把握できます

    • ビデオ ライブラリ

      Altium Designer を素早く導入するためのチュートリアル ビデオを見る

    Princeton Racing ElectricalチームとFormula Hybrid Competition

    Judy Warner
    |  January 8, 2018

    PRE racing team car

     

    Judy Warner: お二人にお会いできて光栄です。まずはJasperさんからお話しを伺いましょう。Princeton Racing Electricチームがどのような活動をしているのか、チームがいつどのように結成されたのかをお聞かせください。
     
    Jasper Gebhardt: Princeton Racing Electricは、1人乗りのレース用電気自動車を設計、製造し、レースへ参戦している学生チームです。私たちは、フォーミュラSAEの学生設計競技会、特にFormula Hybrid Competitionに参加しています。チームは、2013年に、プリンストンに実践的なエンジニアリンググループがないことに気付いた機械工学科の3人の学生によって結成されました。レース用自動車を製造するための下準備にはかなり時間がかかり、2015年に初めて競技会に参加しました。

     

    PRE car in the shop


    Warner: チームメンバーは現在何人いますか? 主に大学生ですか、大学院生ですか、それとも混成ですか?
     
    Gebhardt: チームメンバーは現在約40名います。全員大学生です。メンバーの専攻は、機械工学や電気工学から天体物理学や生物学までさまざまです。

    Warner: 資金はどこから得ていますか? 学内では、どのようなタイプのツールを利用できますか?
     
    Gebhardt: 資金は、企業による援助、個人からの寄付、大学からの支援などで賄っています。学内には小さなガレージがあり、そこで作業したりレース用自動車を組み立てたりしています。大学のさまざまな設備も利用しており、例えば機械作業室で自動車のほぼ全ての部品を作成しています。あらゆる設計に使用するソフトウェアは、大学のものや、Altiumなどの企業が提供してくれるものがあります。
     

    working on race car


    Warner: チームが最も誇れる成果は何でしょうか? また今後の抱負もお聞かせください。
     
    Gebhardt: 私たちは、経験も資金ももっと豊富な大規模チームがおよばないほどの進歩を短期間で達成しました。このことは間違いなく誇れます。先シーズン、私たちはFormula Hybridの電気部門で2位になりました。今後は、継続的に知識ベースを構築して、さらに優れたレース用自動車を設計、製造し、もっと多くの課題や競技会に挑戦したいと思っています。
     
    Warner: 電気部門での好成績、おめでとうございます! Ryotoさんは、ご自身が誇りに思っているに違いない電気チームのリーダーですね。電気チームのメンバーは何人ですか? プリンストンでのご自身の専攻と学年も教えてください。

     

    PRE team


     
    Ryoto Sekine: 電気系統のメンバーは、今年は11人います。およそ半数が高電圧系(バッテリー、BMS、モーターコントローラーなど)、残りの半数が低電圧系(始動、停止、および多くの安全制御フィードバックシステム)を担当しています。今年は、私が電気チームのリーダーを務めています。私は、学部の3年生で、電気工学と物理学を専攻しています。

    Warner: 電気自動車用の回路基板や電気系統の設計で電気チームが直面している主な課題や特殊な問題は何ですか?
     
    Sekine: 堅牢性です。自動車に発生する可能性のあるアクシデントは、AMS(Accumulator Management System)、IMD(Isolation Monitoring Device)、ブレーキ踏み抜き失陥など、挙げればきりがありませんが、私たちの電気系統は、このようなアクシデントに対処するよう設計されています。これは、場合によっては、複雑さと安定性に関して妥協することを意味します。私たちの車が競技会の検査に合格した場合、その車を運転するのはチームメイトです。このことは、可能な限り確実で安全な車を作るさらなる原動力となります。

    Warner: 電気チームでは、何種類くらいの回路基板を設計してきましたか?
     
    Sekine: 正直なところわかりません。私たちは非常に多くの設計をしてきました。去年の自動車で、プリチャージ、放電、トラクティブシステムの状態監視、IMDおよびAMSの調整回路にPCBを使い始めました。各基板は十分にテストを行いました。多くは「Wall of Shame(恥の壁)」として報告され、その後改善されました。

    Warner: プロの技術者や設計者でも、修正基板でスクラップの山を築くことになりますから、仲間に恵まれましたね。
    Jasperさん、今年の競技会の開催場所と開催時期を教えてください。
     
    Gebhardt: Formula Hybrid Competitionは、ニューハンプシャーモータースピードウェイで開催されます。このコースでは、NASCARとオートバイのレースも行われます。毎年5月の初めに行われ、今年は4月30日から5月3日に開催される予定です。

     

    race car driver up close

     

     
    Warner: お二人にお尋ねします。この経験は将来のキャリアにどのように役立つとお考えですか?
     
    Sekine: 今のところ、私はプリンストンを卒業後、大学院の固体物理学コースに進み、量子計算の応用について研究するつもりです。この分野で私たちが組み立てるデバイスの多くは、外部回路に接続するチップ上に配置されます。たいていの場合、そのような特殊な外部回路は自力で設計する必要があります。PREでの回路設計とAltiumのような強力なツールを利用できる環境は、この課題に備えるにはぴったりです。

    Gebhardt: PREを通じて得た経験と人脈は、フォーミュラワンのチームでのインターンシップからSpaceXでのキャリアなどに至るまで、数え切れないほどのチャンスにつながっています。PREの学生は、設計や製造から予算編成や資金調達まで、プロセスの全てのステップを管理します。アイディアから実際に運転できる自動車を実現するあらゆる側面の進捗を目にし、翌年に同様の作業に戻って再び全てを改善することは、すばらしい経験です。

     

    race car driver



    Warner: 将来のすばらしいキャリアにつながる、豊かで意義のある経験のようですね。最後に何かありますか?
     
    Gebhart: 私たちの活動に関心がある読者の方は、ぜひ私たちのWebサイト(princetonracing.com)にアクセスしてInstagram、Facebook、Twitterを覗いてみてください!

    Warner: 本日はお時間を割いていただき、ありがとうございました。Altiumのチーム全員(私も含め)で、2018年のチームのさらなる進歩に注目し、常に応援しております。幸運をお祈りしています!
     

    All photos credited to raylego.com

     

    About Author

    About Author

    Judy Warner has held a unique variety of roles in the electronics industry since 1984. She has a deep background in PCB Manufacturing, RF and Microwave PCBs and Contract Manufacturing with a focus on Mil/Aero applications in technical sales and marketing.
    She has been a writer, contributor and journalist for several industry publications such as Microwave Journal, The PCB Magazine, The PCB Design Magazine, PDCF&A and IEEE Microwave Magazine and is an active member of multiple IPC Designers Council chapters. In March 2017, Warner became the Director of Community Engagement for Altium and immediately launched Altium’s OnTrack Newsletter. She led the launch of AltiumLive: Annual PCB Design Summit, a new and annual Altium User Conference. Judy's passion is to provide resources, support and to advocate for PCB Designers around the world.

    most recent articles

    Back to Home