Frank Duggan: マイクロアーキテクチャーとMITでの目標

Judy Warner
|  November 17, 2017

Frank Duggan and his dad at NYC Maker Faire

Frank Dugganと氏の父親からNYCメーカーフェアで、BEEBAについて学んだこと

 

Judy Warner: あなたが、離散ロジックを使用する独自のマイクロアーキテクチャーを開発しようと最初に思った動機は何ですか?

 

Frank Duggan: 私は小さい頃から、具体的な内容は知らなくても、これをやりたいと思っていました。私は自分のスナップ回路電子機器キットに熱中し、色々な機能を果たす回路を作る課題に取り組むのが好きでした。いつの頃からか、コンピューターを作り上げるのが究極の課題であると、私は決意しました。これはおそらく、コンピューターがとてもミステリアスに見えたからでしょう。そして私は、コンピューターがどのように実現されているのか理解できなかったので、設計は非常に難しいに違いないと結論しました。

 

Warner: 他のデバイス用のアセンブリ言語プログラミングを行ったことはありますか?もしそうなら、変更したいと思った部分はありますか、その理由は?

 

Duggan: 他のアセンブリ言語でプログラムしたことはありません。ただ、ARMのアセンブリについて多少知っています。私がBEEBAアセンブリ言語を作成したとき、既存のアセンブリ言語の設計は考慮に入れませんでした。ただ、ハードウェアの実行する命令セットを見て、それをテキストで表現する方法を立案しました。

 

Warner: BEEBAのRev 2を開発するとき、最も大きな課題は何でしたか?

 

BEEBA

BEEBA

 

Duggan: 最大の課題は、命令デコーダーの設計でした。分岐とループの動作を可能にする方法を見つける必要がありました。16ビット命令では、命令のジャンプ先や、そこへのジャンプを行うかどうかを決定するための読み出し先アドレスを指定するために十分な幅がありません。しばらく案を考えた結果、システム内でデータをある場所から別の場所へコピーして動作するソリューションを思い付きました。書き込み可能な3つの場所を使用して、命令位置のバッファ処理を行います。書き込み可能な4つめの場所は、バッファされた場所へのジャンプを行うかどうかを決定するために使用されます。その場所に奇数が送信された場合、命令コンピューターはバッファされた場所をプログラムカウンターにコピーします。その場所に偶数が送信された場合、コンピューターは何も行わず、シーケンスの次の命令に進みます。これは電子的に実装が単純で、命令デコーダー基板の限られた面積に収納可能でした。

 

Warner: 基板のデバッグには、どのような技法を使用しましたか?

 

Duggan: ジャンパーワイヤーを使用して、コンピューターの部品をブレッドボードに接続し、分離テストできるようにしました。あるときは単一基板のコンピューターを接続し、別のときにはいくつかの基板を接続しました。私は、汎用レジスタ基板で間違いを犯してしまい、読み出し/書き込み場所が逆順に読み取られていました。このとき、基板が既に出来上がっていたため、基板にドリルで穴を開け、ワイヤーで接続を修正するしかありませんでした。

 

Warner: PCB設計を開始する前に、試作作成のため、どのような手法を使用しましたか?

 

Duggan: 設計の一部を、かなり大きなブレッドボード上に構築しました。テストのため、特定の入力および出力ピンにスイッチとLEDを取り付けました。正しく動作することを確認してから、自分が使用していたCADプログラムで同じ回路を作成しました。

 

Warner: このアーキテクチャーは、オープンソースとして設計したのですか? もしそうなら、どこで見ることができますか?

 

Duggan: 今はオープンソースになりました。https://github.com/giraffeics/BEEBAで見られます。設計ファイルはもっとずっと前に公開すべきでしたが、とにかく今ではここで公開されています。

 

Warner: 大学では何をしようと思っていますか? そして、どこの大学を第一に志望しており、その理由は何ですか?

 

Duggan: 電気工学やコンピューターサイエンスを勉強したいと思っています。これらの分野は既に何年も勉強しており、好きでやっているので、今から止める理由はありません。第一志望はMITです。大学のキャンパスを訪問してツアーに参加したからです。大学を選ぶため最優先したのはカリキュラムで、MITは柔軟であり、電気工学とコンピューターサイエンスの両方の興味を追求できます。コンピューターグラフィックや、学生がプロセッサーを設計するなど、非常に具体的なコースが用意されています。私は実体験により学ぶことを好んでいます。そして、これはまさにMITの創設の理念、「Mens et Manus(心と手)」そのものです。また、私はMITを訪問したときに何人かの学生と話し、その1人はMITでの勉学中に得た就業の機会について話してくれ、その中にはGoogleでの勤務も含まれていました。大学の在学中に現場で重要な仕事に就けることは、確かに魅力的です。最後に、研究の機会です。これは私にとって非常に重要で、この分野に重要な貢献ができる方法、と私は考えています。今日では、ほとんどの大学は自分たちの施設で行われている研究について宣伝していることは承知していますが、この点についてMITが優れた場所であることは疑いありません。

 

Frank Duggan at Altium booth MakerFaire NYC

 

Warner: あなたとNYCメーカーフェアでお会いしたのは有意義なことでした。興味深いお話をありがとうございます。大学で良い成果が得られるよう期待しております。Altiumの弊社チームも、あなたがMITに入学できるようお祈りしています。

 

Duggan: ありがとうございます。有意義な時間でした。インタビューとサポートに感謝します。

 

DugganがBEEBAについて説明しているYouTubeビデオはここでご覧になれます

About Author

About Author

Judy Warner has held a unique variety of roles in the electronics industry for over 25 years. She has a background in PCB Manufacturing, RF and Microwave PCBs and Contract Manufacturing, focusing on Mil/Aero applications. 

She has also been a writer, blogger, and journalist for several industry publications such as Microwave Journal, PCB007 Magazine, PCB Design007, PCD&F, and IEEE Microwave Magazine, and an active board member for PCEA (Printed Circuit Engineering Association). In 2017, Warner joined Altium as the Director of Community Engagement. In addition to hosting the OnTrack Podcast and creating the OnTrack Newsletter, she launched Altium's annual user conference, AltiumLive. Warner's passion is to provide resources, support, and advocate for PCB Design Engineers worldwide.

most recent articles

Altium Designerによるプリント基板の設計 プリンテッドエレクトロニクスは3D印刷と同様に一般化しつつあります。急速に広がりつつあるこの技術により、製造の分野において新しい可能性が生まれ、技術者や設計者は、これまで対応できなかった市場に製品を送り出すことが可能になりました。新しい基板とインクは、生体医療から航空宇宙、家電機器まで、様々な用途に対応するために開発されています。 この技術に対応できる契約製造業者が多数、出現したことで、コスト競争が激しくなりつつあります。試作と量産を迅速に行えることは多くの可能性を秘めています。Altium 365®を使用すれば、設計プロセス全体で製造業者と情報を常に直接共有できます。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 現在のプリンテッドエレクトロニクス設計で使用する独自の配線技法 プリンテッドエレクトロニクス用にレイヤー構成を指定する方法 プリンテッドエレクトロニクス用にビアを配置する方法 製造業者がすぐに使用できるデザインパッケージを作成する方法 Altium 365を使用して製造業者と直接、情報を共有する方法 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
Altium Designer 21:より優れた設計手法 設計プロセスでは多くの場合、退屈な繰り返し作業が求められます。Altium Designer 21では、ユーザーの皆様からのフィードバックを基に長く使用されている機能に見直しを加え、ユーザーエクスペリエンスを改善するとともにパフォーマンスと安定性の向上が行われており、より優れた環境で設計を行うことができます。これらの改良点により、既存の設計タスクが合理化され、リアルな3Dモデリングで精巧なリジッド設計またはリジッドフレキシブル設計を完成させることができます。 さらに、Altium 365®はAltium Designerの最新リリースで、従来にも増して重要な役割を果たしています。詳しくご覧ください。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 SPICEシミュレーションの拡張 リジッドフレキシブル設計: 基板プランニングとレイヤースタックの定義 高速設計:トロンボーンとノコギリ歯のチューニング 回路設計の改良:一般的なコンポーネントとネットのプロパティ Altium 365:プロジェクト履歴、競合回避、コメント 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
58:23 設計の規模に関わらず必要とされるデータの整合性と管理 今日の設計者が直面する課題はますます広範囲になり、複雑化しています。それとは対照に、作成した設計データを正しく編成、管理、共有する時間は少なくなっています。専任の担当者を置くことができなければ、設計者に選択を任せてしまうことになります。彼らはECADデータ管理システムを自分で実装して保守するかもしれません。あるいは、正しいデータ管理をあきらめ、誤った設計データが製造業者に送られる危険性や、さらには、顧客に供給される最終製品が誤ったデータで製造されるリスクを許容するかもしれません。 このオンデマンドWebセミナーでは、設計の規模に関わらず必要とされるデータの整合性とデータを正確に管理するメリットについて解説し、ECADデータ管理を効率的にするソリューションを紹介します。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 ライブラリ、設計、ワークフロー、共同作業者を1か所に整理し、どのようなデバイスでも、どこからでもアクセスや表示を行えるようにする。 デザインの履歴を、コンポーネントの変更から製造側の結果まで、およびその中間の全てを含めて保守し、以前のバージョンを迅速、かつ簡単に復元する。 根本的に整理され、検索可能で、多くのパラメーターを含む新しいコンポーネントを作成し、入手可能性、コスト、ライフサイクル状態を保証する。 コスト、入手可能性、製造性、信頼性の問題があるコンポーネントを使用している設計を迅速に識別し、更新する。 チームのメンバー、マネージャー、顧客、社外のサービスプロバイダーと設計をリアルタイムで、設計サイクルのどの時点でも簡単に共有およびレビューできるようにし、共同で作業を行う。 MCAD設計者のツールと統合し、MCAD設計者と共同で作業を行う。 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
Back to Home