OnTrack Newsletter February 2018

Judy Warner
|  投稿日 February 26, 2018  |  更新日 September 25, 2020
 
Facebook  Twitter  Linkedin  Youtube
 
 
On Track Newsletter
2018年2月 第1巻第11号
 
 

Altium® On Trackニュースレターの2月号をお届けします。この業界において、次世代のPCB設計者の育成に関する懸念が湧き上がっており、そしてその懸念には妥当な根拠があります。現在のPCB設計者のうち50%は約10年以内に引退すると推定されており、これは憂慮すべき統計です。

私は、ちょうど1年前にAltiumに入社して以来、次世代を担う新しい設計者とテクノロジーについて、数多くの兆候を全世界で目撃してきました。

今月のニュースレターでは、このような例を2つご紹介しましょう。ロックスターとスーパーヒーローでは、フロリダ大学の修士コースでNSF出資の研究所に参加し、天文についての経験を積んだ後、18か月前にNASAに就職した、James MacKinnon氏を紹介します。

スタートアップスナップショットでは、FIRSTロボット工学コンテストで部分的に子供たちにより発案された、新しく新奇なロボット工学アプリケーションについて解説します。

On Trackビデオシリーズでは、今回もJohn Magyarがホワイトボードの前で、組み込みのアクティブおよびパッシブコンポーネントについて解説します。

最後に、今月の目玉として、皆様の頭を鋭くし、情報通になれるよう、いくつかの素晴らしい頭の肥やしと地域ニュースを紹介します。

On Trackでいつも最先端の情報をご覧ください!


Judy Warner
コミュニティー管理担当責任者
 
優秀なPCB設計者に注目
 
James MacKinnon氏は以前から、NASAで働くことを希望していました。氏は小さい頃から父親(そしてEEの仲間)の影響を受け、またフロリダ州ジャクソンビルにある自宅の裏庭から、スペースシャトルの発射を数え切れないほど見てきました。NSF出資の研究センターにあるCubeSatsで勤務し、フロリダ大学で修士号を取得した後で、氏はちょうど18か月前にNASAに採用されました。このインタビューで、MacKinnon氏は自身の一般的でないNASAへの就職が、Searsでの仕事の行き詰まりから始まったことを語りました。
 
電子工学をベースとする興味深い新興企業の特集
 
Left Hand Roboticsは、コロラド州ロングモント市で2016年に設立されました。同社は、多くの労働力を必要とする除雪作業のコスト削減する、企業向けの商用ロボットを設計する目的で設立されました。創業者たちは、FIRSTロボット工学への関与と、自分たちの周囲の歩道や車道をいつも雪かきすることに疲れたため、この事業を考えました。このインタビューでは、EEのShane Zinner氏に、雪かきロボットを動かすために氏が設計した、マルチファンクション基板について語ってもらいました。また氏は、同社にこのような変わった名前を付けた理由や、商業企業が施設や周囲を常時除雪するため、同社がどのように役立っているかについても解説してくれました。
 
組み込みコンポーネント: アクティブおよびパッシブ
 
John Magyarがホワイトボードの前で、組み込みコンポーネントについて解説します。
 
 
 

筆者について

筆者について

Judy Warnerは、25年以上にわたりエレクトロニクス業界で彼女ならではの多様な役割を担ってきました。Mil/Aeroアプリケーションを中心に、PCB製造、RF、およびマイクロ波PCBおよび受託製造に携わった経験を持っています。 また、『Microwave Journal』、『PCB007 Magazine』、『PCB Design007』、『PCD&F』、『IEEE Microwave Magazine』などの業界出版物のライター、ブロガー、ジャーナリストとしても活動しており、PCEA (プリント回路工学協会) の理事も務めています。2017年、コミュニティー エンゲージメント担当ディレクターとしてAltiumに入社。OnTrackポッドキャストの管理とOnTrackニュースレターの作成に加え、Altiumの年次ユーザー カンファレンス「AltiumLive」を立ち上げました。世界中のPCB設計技術者にリソース、サポート、支持者を届けるという目的を達成すべく熱心に取り組んでいます。

最新の記事

ホームに戻る