OnTrack Newsletter 2017年11月

投稿日 November 20, 2017
更新日 November 2, 2020
 
Facebook  Twitter  Linkedin  Youtube
 
 
On Track Newsletter
2017年11月 第1巻第8号
 
 

AltiumのOn Trackニュースレターの11月号をお届けします。今月の「ロックスターとスーパーヒーロー」では、サンディエゴで開催されたAltiumLive 2017: 年次PCB設計サミットで講演を行った設計者を紹介します。彼は非常に才気溢れる設計者であると同時に、現地のAltium®ユーザーグループのリーダーにして主唱者であり、独自の設計の開始方法と構築方法を周囲と共有しています。

「メーカーの場所」では、コンピューターの基本動作を習得するために自分独自のコンピュータ用マイクロアーキテクチャであるBEEBAを設計して構築した、感銘的な若い男性を紹介します。

今月のOn Trackビデオシリーズでは、Chris Carlsonが熱管理について引き続き、レッスンの第2部を行います。

頭脳食ではいつものように、基板設計に関するいくつかの記事を紹介します。

10月に開催されたAlitumLive 2017: 年次PCB設計サミットに、弊社のユーザーコミュニティから数百人が参加してくださったことに、心から感謝いたします。このような新たなイベントを大成功に導いてくださったことについて、弊社は心より御礼申し上げます。弊社は、サンディエゴとミュンヘンにおいて、2018年10月に再度このイベントを開催する予定です。

休暇の時期が近づいています。Altium社員は、皆様が幸せで健康な休暇を送られることをお祈りしております。
よい休暇を!
Judy Warner
コミュニティー管理担当責任者
 
優秀なPCB設計者に注目
 
Randy Clemmonsは、カリフォルニア州で成功しているIoT企業であるIngenuの中心的なPCB設計者です。彼は自分の余暇に、自分で公表しているブログなど各種の方法で、Altium Designer®に関する自分の技術を公開しています。彼は最近、AltiumLive 2017: 年次PCB設計サミットにおいて各種のバリエーションについて講演し、ローカルユーザーグループを開始するためのいくつかのヒントも紹介しました。この話題について参加者が明確に興味を示したため、私はClemmons氏と会って彼のキャリアと、彼がローカルユーザーグループを開始して主導することをどのように決心したのかについて詳しく聞いてみることにしました。
 
Frank Duggan: スナップ回路からマイクロアーキテクチャーへ、さらにMITの夢へ
 
私は最近、Altium CircuitMaker および CircuitStudio チームとともに、 ニューヨーク市メーカーフェア に参加する機会がありました。私はこの会場で、Frank Dugganという若い設計者に会い、彼は自分がBEEBAと呼ぶコンピュータマイクロアーキテクチャーをどのように構築したか、興味深い話を聞かせてくれました。彼は現在、ニュージャージー州Scotch PlainsのUnion County Valley Technical High Schoolの3年生で、2年生のときにこのプロジェクトを開始しました。彼はテクノロジーに天性の素質があるだけでなく、音楽の才能もあり、卒業後はMITへの入学を希望しています。以下は、彼へのインタビューです。
 
熱管理、第2部
 
Chris Carlsonが、熱管理に関する講座の第2回を行ないます
 
 
 

最新の記事

ホームに戻る