Maker FaireおよびOpen Source Hardware SummitでのPCB設計ツール

Judy Warner
|  投稿日 September 20, 2017  |  更新日 December 8, 2020

maker faire

 

 

「メイカー」ムーブメントが一般の人々の間で盛り上がったことを受け、Maker Mediaは2006年、第1回Maker Faireをサンフランシスコのベイエリアで開催しました。それ以来、2014年までに、ニューヨーク市とサンフランシスコで開催された2つの主力イベントを訪れた参加者は215,000名に上りました。その間、これらの大規模イベントから、Featured Maker Faire、Mini-Maker FaireSchool Maker Faireが世界各地で生まれました。

 

 

Maker Faireについてご存知ない場合、Webサイトの説明が最も分かりやすいでしょう。

 

 

「Maker Faireは、地上最大の展示発表会です。家族で楽しめる、発明と創造と役に立つ情報がいっぱいの展示会であり、メイカームーブメントのお祭りです。科学展示会や農産物品評会、さらには完全に新しい要素からなるMaker Faireに出展するメイカーは、技術愛好家、クラフト作家、教育者、機械いじり愛好家、技術者、科学部、著者、芸術家、学生、企業など多岐にわたり、年齢も経歴もまちまちです。そこは人々が自分で作った物を見せ合う場所であり、自分が学んだことを共有する場所でもあります」

 

 

Screaming Circuits at Makerfaire

 

 

Altiumがメイカーコミュニティの一員として、CircuitMakerと呼ばれる無償のEDAツールを提供していることを意外に思う方もいるでしょう。このツールを使うことで、独創的なメイカーは無償のPCB設計ツールを使用し、CircuitMakerコミュニティに参加することができます。これまでに、世界中の何百もの技術的なメイカーが、このソフトウェア上で協力して、電源からニキシー管時計までのさまざまなモノを製作してきました。

 

 

 

ニューヨーク市で開催されるMaker Faireは、2つの主力イベントの1つです。9月23 ~ 24日、Altiumのアプリケーションエンジニア(AE)であるColby Siemerと私自身を含む少人数のチームが、主催者としてこのイベントに参加しました。下の写真は、創意に富む展示作品を撮影したものです。準備でき次第ビデオも共有する予定ですので、是非ご覧ください。それまでの間、昨年のSan Diego Maker Faireのビデオをお楽しみください。また、Maker mediaはMakeという非常に多彩で人気のある雑誌を出版しています。

 

 

 

メイカー文化は一般に、オープンソース ハードウェアに対応しています。メイカー文化で注目されている領域には、エレクトロニクスロボティクス3Dプリンタなどの技術者主導型研究と、金属加工や木工などのより従来型の作業、さらにはその前身である伝統美術および工芸が含まれます。

 

 

 

このつながりから、Siemerの9月の予定にはOpen Source Hardware Associationの年次サミットが入っていました。2017年のサミットは、コロラド州デンバーの市庁舎で10月5日に開催され、オープンソース ハードウェアのハッカーたちが意見を交わし、講演を聴き、仲間をつくるためにやって来ます。

 

 

 

世界有数の専門職向けPCB設計ツール(Altium Designer)を製造しているAltiumが、メイカーとハードウェアハッカーのコミュニティにかかわり、そのための無償ソフトウェアツールを提供するのはなぜなのか、不思議に思う方もいるでしょう。ここで説明させてください。Altiumのルーツは、タスマニア大学に通うオーストラリア出身の2人の若いイノベーターが、ハードウェア製品を開発しようとした頃に遡ります。当時、ECADツールを使えたのは、豊富な資金とミニコンピューター(または専用のエンジニアリングステーション)を持つ大企業だけでした。

 

 

 

Nick MartinとDave Warrenは、これらのツールを使用できないことを歯がゆく思い、ちょうど登場したばかりで、2人がメイカー/ハッカーとなる基盤となったパーソナルコンピューターの初期バージョンを使用して、自身のためにソフトウェアツールを開発しました。これは、エレクトロニクス史における「EDAのビッグバン」と呼ばれることもあります。Altiumは、フル機能つきのEDAツールを誰もが使えるようにしたいと考えた、MartinとWarrenの精神を受け継いでいます。これまでに、いくつかの非常に優れたアイディアと卓越したPCB設計者が、創造性と革新性に富むメイカーおよびハードウェアハッカーのコミュニティから出現しています。だからこそ、弊社は引き続き、CircuitMakerCircuit Studioなどの無償または低コストツールを製造および対応し、豊富な機能を搭載することで、(私たちもその一員である)これらのすばらしいコミュニティの力になりたいと考えています。

 

 

是非、お住いの地域で開催されるMaker Faireを見つけて、目覚ましい創造的な展示の世界を満喫してください。文字どおりに「地上最大の展示発表会」です!

 

 

Marcus Cheung

 

 

Makerfaire Dragon float

 

 

Bike at Makerfaire

 

 

Judy at Makerfaire

 

 

 

筆者について

筆者について

Judy Warnerは、25年以上にわたりエレクトロニクス業界で彼女ならではの多様な役割を担ってきました。Mil/Aeroアプリケーションを中心に、PCB製造、RF、およびマイクロ波PCBおよび受託製造に携わった経験を持っています。 また、『Microwave Journal』、『PCB007 Magazine』、『PCB Design007』、『PCD&F』、『IEEE Microwave Magazine』などの業界出版物のライター、ブロガー、ジャーナリストとしても活動しており、PCEA (プリント回路工学協会) の理事も務めています。2017年、コミュニティー エンゲージメント担当ディレクターとしてAltiumに入社。OnTrackポッドキャストの管理とOnTrackニュースレターの作成に加え、Altiumの年次ユーザー カンファレンス「AltiumLive」を立ち上げました。世界中のPCB設計技術者にリソース、サポート、支持者を届けるという目的を達成すべく熱心に取り組んでいます。

最新の記事

Altium Designerのベストプラクティス(パート2) - AltiumLive 2022 このセッションでは、ネットクラスやルールを使って設計意図を伝えるために回路図を使用する際のベストプラクティスをご紹介します。また、部品、ルール、ネットに優先順位とクラスを使用して、複雑な設計ルールを構築する方法も学習していきます。 ハイライト: 設計プロセスにおけるActiveBOM文書の活用 設計要件を理解 トランスクリプト: デビッド・ハバウド: 始めましょう。皆さん、ようこそ。デビッド・ハバウドです。Altiumでプロダクト・マーケティング・エンジニアをしています。本日は、Altium Designerのベストプラクティスをご紹介します。このプレゼンテーションは、「ベストプラクティス」に関する講演の第2部です。ですから、新規ユーザーの方や、ルール作成や情報提供の基礎から学びたい方は、先に「ベストプラクティス パート1」をまずご覧になることをお勧めします。 そこで今日はまず、PCBについて話す前に、回路図側からルールを定義することである「回路図ディレクティブ」について説明します。その後、PCBに話題を移した後は、複雑なルールの構築、ルールの複雑なスコープを作成するためのクエリ言語などの使用、優先順位付けがある場合の作業、違反に対する調和の構築、違反の対処方法などについてご説明します。 そこからは、設計レビューについても少しお話します。さまざまなステークホルダーがいる場合に、プロセスを少しでもスムーズにするためにできることがあります。このセクションでは、Altium 365でプロジェクトの作業をしながら説明します。プロジェクトはワークスペースでホストされます。そこから、出力ファイルの生成におすすめのファイルを紹介していきます。そして、これらの出力ファイルを手に入れたら、Altium 365ワークスペースのウェブインターフェースでもう一度確認し、すべての情報を製造業者に直接提供する方法について説明していきます。 それでは始めましょう。設計プロセスを開始する際に最初にすべきことは、設計要件を深く理解することです。新しい設計に取り組む際、要件を明確にするときに直面するいくつかの課題があります。 まず、一般的な要件を明確にしたら、それらがどのように相互作用するかを理解しなければなりません。例えば、エッジコネクタの場合、筐体の中にうまく収まるように、適切なクリアランスを確保する必要があります。また、ルールを明確にした後、違反が発生した場合、その違反を解決したり、必要に応じて免除したり、文書化したりすることは、非常に困難なことです。 ここで、検証が重要になってきます。これは、製造プロセスに移る前に、確実に設計意図を伝え、正確に処理されるようにするために、ルールを検証することです。そこで、これらの要件を満たしていることを関係者に証明するための文書を作成します。 そこで、設計要件について、3点ばかり重要なことをお伝えします。1つ目は同期です。設計はすべて2つの要素で構成されています。論理的な要件を明確にする回路図。コネクティビティはこの一例です。さまざまなネットクラスで差動ペアを定義します。このプレゼンテーションでは、ここに焦点を置きます。 もう1つは、PCB。定義した要件やルールが、実際のアプリケーションに反映されることになります。これらは、先程述べたように、筐体の適切なクリアランスや、インピーダンスプロファイルの適切な幅などが定義されていることが非常に重要です。 これらを明確にし、これらの要件が回路図かPCBか、どちらに影響を及ぼすかを把握したら、要件をルールにまとめるという次のステップに進みます。ここでは、部品のクリアランスなど、要求を分類する必要があります。その後、範囲を明確にします。範囲が適切に設定されていないルールを作成すると、意図したレベルの検証ができなくなるため、範囲設定は非常に重要です。そこで、同様に重要なのが優先順位付け。ルールには階層があります。これについても説明していきます。そして、設計要件を明確にする中で、次に取り組まなければならないのが、相反する範囲の削減です。 そこで、まずは「同期」について説明します。先に述べたように、設計プロセスにはいくつかの側面があります。私たちは、設計プロセスのすべての領域に適用される要件、対応するルールを作成します。先程お話ししたように、ルールの中でも、今日は、回路図ディレクティブに焦点を当ててお話ししていきます。回路図の選択肢としては、「差動ペア」「No ビデオを見る
ホームに戻る