一般的なバージョンコントロールシステムではなく、Altium 365を使う

Ari Mahpour
|  投稿日 December 13, 2021  |  更新日 May 19, 2024
一般的なバージョンコントロールシステムではなく、Altium 365を使う

世の中にはPCB設計ソフトウェアと一緒に使用する、さまざまなバージョンコントロールシステム(VCS)があります。「バージョンコントロールシステムを使う理由」では、ローカルのハードドライブに保存するものから、洗練されたオンラインのリビジョン管理システムまで、さまざまなオプションを検討しました。この記事では、一般的なVCSとAltium 365の違いについて確認していきます。

メリット

まず、VCSをセットアップすることで実際に得られるものを理解する必要があります。「バージョンコントロールシステムを使う理由」で説明したように、最低限のレビジョン履歴(ファイル保存を含む)を見ることができます。そこでは、すべてのコミットに対して(コメントという形で)意味のあるドキュメントが得られます。上記のような理由でVCSを使用することは、自分自身やチームだけでなく、会社全体の役に立ちます。本番環境で、QAが特定の日時に行われた特定の変更を追跡する必要がある場合を考えてみましょう。ハードディスクが故障しても、ファイルがサーバーにバックアップされているディザスターリカバリーであれば、安心ではありませんか?異なる時間に異なるPCで作業することができれば便利ではないでしょうか?

VCSの使用は、すべてのPCB設計プロジェクトのベースライン、つまりエントリーポイントとなるべきです。長年にわたり、さまざまなバージョンコントロールシステムを使用してきましたが、どのツールも真のECADコラボレーションに必要ないくつかの重要な機能を欠いていることに気づきました。

例えば:

  • ツールに組み込まれたVCS
  • 回路図やレイアウトに直接コメントできる機能
  • 内蔵型差分機能
  • レビジョンスキームを使用したコンポーネントライブラリ

一般的なVCSには欠如していたこれらの機能はすべて、Altium 365に組み込まれています。つまり、Altium 365のユーザーはこれらの機能もご利用いただけるようになりました。各ニーズにAltium 365がどのように対応しているかを理解するため、項目ごとに説明していきます。

ツール内でのシームレスな統合:誰もがGit BashやSourceTreeに精通しているわけでも、そうなりたいと考えているわけでもありません。ネットワークドライブからVCSへの移行は非常に複雑です。バックグラウンドにすべての情報が保存してあれば、この移行作業はずっと楽になります。Altium 365には、はじめからVCSが組み込まれています。例えば、図1をご覧ください。「Make Project Available Online(プロジェクトをオンラインでアクセスできるようにする)」というオプションが表示されています。これは、実際には、ローカルのGitリポジトリを初期化してコミットし、新たに作成されたリモートリポジトリに変更をプッシュしているのです。図2では、「Save to Server(サーバーに保存)」をクリックするだけで、(コメントの入力をユーザーにリクエストした後)デザインがサーバーにアップロードされます。Gitエコシステムでは、これを「コミット」や「プッシュ」と呼んでいます。

図1:プロジェクトをバージョンコントロールシステムで管理する

図2:変更内容のコミットとサーバーへのプッシュ

コメント:コラボレーションに必要な1つのツールは、ほぼリアルタイムでお互いにメモを共有することを可能にするものです。回路図をPDFで印刷してマーキングするのも良いですが、設計ソフトウェアの中でこれらの表記を文書化する仕組みがあれば、それは確実にもっと効率的です。Altium 365のコメント機能を使うことでこれが可能になります。

図3:デザインに直接コメントを入れる

内蔵型比較ツール:VCSを使用する大きな利点の1つは、レビジョン同士を比較できることです。コードの場合はテキストを比較するだけなので、差分ツールを使用するのが直観的で簡単です。回路図やレイアウトを比較しようとすることはかなり複雑です。Altium 365では、Altium 365エコシステム内で回路図やレイアウトを比較できる機能を追加しました。外部のVCSを使用してAltium Designer内で回路図を比較することもできますが、Altium 365の比較ツールは最先端技術を使い、ツール内でそのままお使いになれます。プロジェクト履歴機能を使えば、特定のコミットを選択し、その場で比較するのに非常に簡単です。

図4:比較オプション付きのプロジェクト履歴

図5:Altium 365の回路図比較機能

バージョニング機能を備えたコンポーネントライブラリ:個人的なイチオシ機能は、これです。コンポーネントライブラリはうまくまとまっていますが、コンポーネントのレビジョン履歴は雑然としていることがよくあります。Altium 365には、デザインではなくコンポーネントとモデルに特化したVCSがあり、これは統合されたECADシステムにとって(外部のPLMと比較して)大きな進歩となります。これにより、ライブラリ管理者はライブラリのコンポーネントのレビジョンを追跡することができるだけでなく、ユーザーにコンポーネント履歴を公開することができます。古いバージョンのままでも、ボタンをクリックするだけで最新のバージョンにアップデートすることができます。

図6:コンポーネントのレビジョン履歴

まとめ

この記事では、VCSの欠点を再確認し、Altium 365が提供する機能と比較しました。これらを理解すると、これらの機能がどのようにワークフローに統合されるのか、またVCSをベースとしたコラボレーションにいかに欠かせないものであるかがわかります。今すぐ、Altium DesignerとAltium 36の無償評価版をお試しください。

筆者について

筆者について

Ariは、設計、デバイスパッケージ、テスト、および電気、機械、およびソフトウェアシステムの統合において幅広い経験を持つエンジニアです。彼は、設計/デザイン、検証、テストのエンジニアをまとめて団結したグループとして機能させることに情熱を注いでいます。

関連リソース

関連する技術文書

ホームに戻る
Thank you, you are now subscribed to updates.