優れた設計のために、優れた回路作成ソフトウェアをAltiumからダウンロードしてください

Zachariah Peterson
|  投稿日 March 24, 2020
Download the Best Circuit Maker Software by Altium

複数の異なるシステムの設計ツールを使用して作業を行う悩みを解決するには、Altium Designerが不可欠です。この回路作成ソフトウェアは、必要なツールを全て単一のシステムに備えています。

Altium Designer

 

強力で最新の使いやすい専門家向きのPCB設計ツールです。

 

 

PCBの設計を複数の異なる設計ツールで行うと、大きな問題につながる可能性があります。ライブラリがツール間で同期していない、あるいはネットワークの接続が失われている、またツールから次のツールへ移行する際に誤解が生じているなどのおそれがあり、なにより全員が他のツールの再学習の継続を強いられます。優れた回路作成ソフトウェアは、この問題を回避できます。PCBを設計するために必要な全てのツールが同一システム内にそろっているからです。この方法によって、データが集中化され、プラットフォーム全体を通じて利用可能になります。別のシステムに送ることなく、設計を全ての側面から検証でき、さらに同一の共通のシステムインターフェースが、設計の最初から最後まで使用されます。優れた回路作成ソフトウェアは、これらを全て行い、さらにそれ以上のことを行えます。それが、Altium Designerです。

設計資産を一元管理する回路設計ソフトウェア

データ収集のために設計プロセスを何回止める必要があるかによって、PCB設計に深刻な遅れが生じ、さらには計画が頓挫することもあり得ます。使用するコンポーネントを探したり、設計変更を追跡したり、あるツール環境から別の環境へと移動するために時間を使ったり、いずれにしてもこのような作業は、貴重な時間とコストを費やす結果になりかねません。ベストを求めるなら、なすべきことを実現してくれる優れた回路作成ソフトウェアが必要です。

 

Altium Designerは、ActiveBOMと呼ばれる部品表管理機能が組み込まれており、これによって、部品ベンダーにクラウド接続して設計で使用しているコンポーネントの状況を把握したり、更新したりすることができます。また、Altium Designerは、設計変更を追跡して、進捗を維持する機能も組み込まれています。 

 

変更追跡の最も便利な部分は、Altium Designerの異なるツールのそれぞれが、統合データモデルに基づいていることです。すなわち、容易にツール間の移行を行えるように意図されています。異なるシステムや部門に散らばったデータやツールによって時間を浪費しないために、Altium Designerがどのように役立つかをご覧ください。

統合設計環境、Altium Designerの回路作成チュートリアル

ツールが混在する環境で、異なるシステムを学習し続ける時間はありません。Altium Designerの統合設計環境には、必要なものがすべて、同一システム内にそろっています。 

 

Altium Designer Active BOMのメニューのスクリーンショット

Active BOMによって、設計ツールの中からコンポーネントの選択を行えます。

設計を全ての側面から検証できる電子回路設計ソフトウェア

ツールが混在する環境の設計部門で働いた経験がおありでしょうか。回路図の技術によって確立されたデザインルールは、しばしば、手動で再入力されただけのスプレッドシートによってレイアウトに送られます。設計が、適合性の検証のために機構技術チームに送られる間に、レイアウトは頻繁に中断します。そして、基板上の電力供給ネットワークは通常、試作基板が組み立てられるまでテストされません。この設計フローには無駄が多すぎます。無駄な時間、無駄な努力、無駄なコスト、無駄な試作基板の作成 - それこそ無駄の山です。Altium Designerは、このような設計の異なる側面の検証を同一のツール内で全て行える機能を提供し、これらの無駄の多くを解消します。

設計全体を、同一の電子回路設計ソフトウェア内で全て検証

他部門がデザインを検証している間に、何もせず座っている必要はありません。Altium Designerは、その検証能力の全てが手に入ります。

 

Altium Designer PDN Analyzerの画像

試作の作成を待つ必要はありません。PDN Analyzerを使用し、自分でテストできます。

設計を最初から最後までガイドする電子回路設計ソフトウェア

生産性向上とコスト削減の要求のために、設計チームには異なるシステムの設計ツールを運用する時間やコスト超過を吸収する余裕はありません。かつては複数のツールを扱う専門性の高さによってその超過コストを正当化できましたが、それは過去の話です。最初から最後まで設計をガイドするツールを備えた単一の設計システムが、今や必要とされています。それこそが、Altium Designerが開発された理由です。 

 

Altium Designerは、設計の最初から、最も単純な1ページのみの回路図から最も複雑な階層構造の設計まで扱える汎用回路図エディタによって、必要となる高度な技法を提供します。レイアウトにおいても、Altium Designerは、最も複雑な設計を取り扱える強力な64ビットのマルチスレッドシステムで課題に対応します。設計の最後で、Altium Designerは、優れたドキュメンテーションツールのDraftsmanが、製造図面の作成を自動化する機能を提供します。Altium Designerは、設計を最初から最後までガイドするきわめて優れたシステムです。

 

Altium Designerは、最初から最後まで、必要な全ての機能を備えた優れた設計ソフトウェア

回路図からレイアウトして図面作成までの移行時に、異なる設計システムを学習する必要はありません。Altium Designerは、設計に必要なあらゆる作業が扱えるように開発されています。

 

Altium Designerは、異なるツールが混在し、時間のかかる無駄の多いワークフローのためのソリューションです。同一システム内に設計に必要な全てがそろい、自由な設計を素早く効率的に低コストで行えます。無償評価版をダウンロードして、優れた回路作成ソフトウェアのAltium Designerがどのように役立つかをご確認ください。

筆者について

筆者について

Zachariah Petersonは、学界と産業界に広範な技術的経歴を持っています。PCB業界で働く前は、ポートランド州立大学で教鞭をとっていました。化学吸着ガスセンサーの研究で物理学修士号、ランダムレーザー理論と安定性に関する研究で応用物理学博士号を取得しました。科学研究の経歴は、ナノ粒子レーザー、電子および光電子半導体デバイス、環境システム、財務分析など多岐に渡っています。彼の研究成果は、いくつかの論文審査のある専門誌や会議議事録に掲載されています。また、さまざまな企業を対象に、PCB設計に関する技術系ブログ記事を何百も書いています。Zachariahは、PCB業界の他の企業と協力し、設計、および研究サービスを提供しています。IEEE Photonics Society、およびアメリカ物理学会の会員でもあります。

最新の記事

Altium Designerのベストプラクティス(パート2) - AltiumLive 2022 このセッションでは、ネットクラスやルールを使って設計意図を伝えるために回路図を使用する際のベストプラクティスをご紹介します。また、部品、ルール、ネットに優先順位とクラスを使用して、複雑な設計ルールを構築する方法も学習していきます。 ハイライト: 設計プロセスにおけるActiveBOM文書の活用 設計要件を理解 トランスクリプト: デビッド・ハバウド: 始めましょう。皆さん、ようこそ。デビッド・ハバウドです。Altiumでプロダクト・マーケティング・エンジニアをしています。本日は、Altium Designerのベストプラクティスをご紹介します。このプレゼンテーションは、「ベストプラクティス」に関する講演の第2部です。ですから、新規ユーザーの方や、ルール作成や情報提供の基礎から学びたい方は、先に「ベストプラクティス パート1」をまずご覧になることをお勧めします。 そこで今日はまず、PCBについて話す前に、回路図側からルールを定義することである「回路図ディレクティブ」について説明します。その後、PCBに話題を移した後は、複雑なルールの構築、ルールの複雑なスコープを作成するためのクエリ言語などの使用、優先順位付けがある場合の作業、違反に対する調和の構築、違反の対処方法などについてご説明します。 そこからは、設計レビューについても少しお話します。さまざまなステークホルダーがいる場合に、プロセスを少しでもスムーズにするためにできることがあります。このセクションでは、Altium 365でプロジェクトの作業をしながら説明します。プロジェクトはワークスペースでホストされます。そこから、出力ファイルの生成におすすめのファイルを紹介していきます。そして、これらの出力ファイルを手に入れたら、Altium 365ワークスペースのウェブインターフェースでもう一度確認し、すべての情報を製造業者に直接提供する方法について説明していきます。 それでは始めましょう。設計プロセスを開始する際に最初にすべきことは、設計要件を深く理解することです。新しい設計に取り組む際、要件を明確にするときに直面するいくつかの課題があります。 まず、一般的な要件を明確にしたら、それらがどのように相互作用するかを理解しなければなりません。例えば、エッジコネクタの場合、筐体の中にうまく収まるように、適切なクリアランスを確保する必要があります。また、ルールを明確にした後、違反が発生した場合、その違反を解決したり、必要に応じて免除したり、文書化したりすることは、非常に困難なことです。 ここで、検証が重要になってきます。これは、製造プロセスに移る前に、確実に設計意図を伝え、正確に処理されるようにするために、ルールを検証することです。そこで、これらの要件を満たしていることを関係者に証明するための文書を作成します。 そこで、設計要件について、3点ばかり重要なことをお伝えします。1つ目は同期です。設計はすべて2つの要素で構成されています。論理的な要件を明確にする回路図。コネクティビティはこの一例です。さまざまなネットクラスで差動ペアを定義します。このプレゼンテーションでは、ここに焦点を置きます。 もう1つは、PCB。定義した要件やルールが、実際のアプリケーションに反映されることになります。これらは、先程述べたように、筐体の適切なクリアランスや、インピーダンスプロファイルの適切な幅などが定義されていることが非常に重要です。 これらを明確にし、これらの要件が回路図かPCBか、どちらに影響を及ぼすかを把握したら、要件をルールにまとめるという次のステップに進みます。ここでは、部品のクリアランスなど、要求を分類する必要があります。その後、範囲を明確にします。範囲が適切に設定されていないルールを作成すると、意図したレベルの検証ができなくなるため、範囲設定は非常に重要です。そこで、同様に重要なのが優先順位付け。ルールには階層があります。これについても説明していきます。そして、設計要件を明確にする中で、次に取り組まなければならないのが、相反する範囲の削減です。 そこで、まずは「同期」について説明します。先に述べたように、設計プロセスにはいくつかの側面があります。私たちは、設計プロセスのすべての領域に適用される要件、対応するルールを作成します。先程お話ししたように、ルールの中でも、今日は、回路図ディレクティブに焦点を当ててお話ししていきます。回路図の選択肢としては、「差動ペア」「No ビデオを見る
ホームに戻る