PCBのあらゆる要素をAltium Designerでシミュレート

Zachariah Peterson
|  投稿日 January 28, 2020
PCBのあらゆる要素をAltium Designerでシミュレート

PCBの機能に、高速、高周波、デジアナ混在信号、低電流、RF通信のいずれかが含まれる場合、設計どおりのデバイス機能を実現するには設計の検証が不可欠です。それには、高度なシミュレーションツールとシームレスに統合された、回路図、レイアウト、コンポーネント管理のための優れたツールが必要になります。市場で最も優れたPCB設計ソフトウェアであるAltium Designerなら、複数のPCBシミュレーションツールを1つの環境で利用でき、回路基板の電源供給、シグナルインテグリティ、熱解析、デジアナ混在信号などを簡単にシミュレーションできるので、その他のツールを探す必要はありません。

Altium Designer

回路基板を構築する技術者向けのツールが豊富に含まれたPCB設計パッケージで、堅牢なPCBシミュレーション ソフトウェアが組み込まれています。

回路、および電子デバイス向けのシミュレータやシミュレーション手法は非常に数多く存在するので、これらのツール全てが1か所に集約されていると非常に便利です。シミュレーションによる設計の検証が必要な場合も、設計用とシミュレーション用のソフトウェアツール間で設計を移動するために時間を使う必要はありません。全てを1か所に統合したという宣伝文句の高価なPCB設計ソフトウェアパッケージではなく、市場で唯一の正式な統合PCB設計ソフトウェアパッケージをご検討ください。

デバイス検証は基板レベルで直接行いますが、この重要なステップを完了するには、デバイス上の全ての回路に対応できるPCBシミュレータおよびテストツールが必要です。デバイスが複雑になるほどシミュレーションツールに求められる適応性が高くなりますが、使用中の設計プログラムを離れることなく、これらの重要なシミュレーションを実行して結果を解析することができます。Altium Designerは、手頃な価格でありながら、1つのインターフェース内で回路シミュレータツールをデザインに直接、関連付けられる、唯一の完全なPCB設計パッケージです。

Altium Designerで完全なパッケージを入手

その他のPCB設計ソフトウェアプログラムにも統合されているものがありますが、これらは、PCB設計モジュールとPCBシミュレータ モジュールの間で切り替えが必要です。これでは、完全な統合設計とは言えないばかりか、単純な回路シミュレーションの実行や最も基本的な設計ツールの使用にも、多数の不要な手順が必要です。Altium Designerだけが真に統合された設計環境として、設計からシミュレーションや高度な解析まで、全てを同一パッケージ内で提供します。

設計、シミュレーション、コンポーネント管理の全ツールを1つのパッケージで提供

統合された設計環境を使用すれば、回路設計またはレイアウトから別のシミュレーション プログラムへのエクスポートは必要ありません。重要なシミュレーションツールが、回路設計や回路基板レイアウトツールと直接、相互作用します。コンポーネントの機能、仕様、論理回路は全て広範なコンポーネントライブラリ内に定義されており、新しいコンポーネントが追加されると自動的にライブラリが更新されます。これらは全て、Altium Designer内で回路に対して適用できます。

 Altium Designerの設計インターフェースのスクリーンショット

Altium Designerの統合設計インターフェース

Altium Designerでの電源供給、およびシグナルインテグリティの解析

ほとんどの技術者は、DCソースから電源供給するようにPCBを設計しますが、PCBでの電源供給はデバイスの正しい動作にとって極めて重要です。不適切なパワーインテグリティーは、診断しにくい動作の問題を数多く引き起こす根本原因となります。パワーインテグリティーの問題があると、PCBでシグナルインテグリティの問題が発生しやすく、緊急時に回路基板が故障するおそれもあります。SPICEシミュレーションや強力なデザインルールチェック エンジンの利用は、回路の問題を解決する手段のごく一部にすぎません。

電源供給ネットワーク(PDN)解析ツールを使用すると、PCB内での電力分配の全体像を把握できるので、デバイス全体で電圧降下および電流密度をマッピングしやすくなります。発熱と電流密度は比例関係にあり、このツールで潜在的なホットスポットとルール違反に簡単にフラグを付けられるので、PCBが発火する前に潜在的な問題を容易に修正できるようになります。

Altium Designerでの電源供給、およびシグナルインテグリティの問題の診断

Altium DesignerのPDN Analyzerツールでは、大幅なIRドロップ、電流密度の分布、ホットスポットなどを計算できます。これらのツールは、設計およびコンポーネント管理ツールに簡単に統合でき、非常に高精度な電力密度シミュレーションとシグナルインテグリティシミュレーションを提供します。設計は、Altium Designerのユーザーインターフェースと同じくらい柔軟に実行を継続できます。

 Altium DesignerでのPDNAシミュレーションのスクリーンショット

Altium DesignerでのPDNAシミュレーション

Altium Designerによる任意のデバイスのシミュレーション

電子設計において、シミュレーションによる設計の検証は決定的に重要です。デバイスの設計方法は数多くあるので、同じシミュレーションモデルは2つとありません。また、高性能なシミュレーションソフトウェアを設計に利用することで、チームの共同作業に役立つ優れた視覚的表示が可能になります。

Altium Designerでは、直感的に使用できるインターフェース内でシミュレーションをカスタマイズすることができます。デジアナ混在信号のシミュレーション、インピーダンスプロット、伝達機能の特定など、さまざまな解析を1つの環境内で実行できます。これを統合出力ファイルと組み合わせることで、チームのあらゆる要素に対して結果と基板設計を容易に解釈できるようになります。

Altium Designerでのシミュレーションツールのカスタマイズ

Altium Designerでは、強力な組み込みシミュレーションツールを使用して、PCB上の任意の箇所をシミュレートできます。また、別の業界標準形式のシミュレーションモデルをインポートすることも可能です。SPICEモデルを使用してアナログデバイスをシミュレートし、IBISモデルを使用してカスタム デジタルコンポーネントの機能を定義することもできます。これほど多くの機能を1つの環境に統合したPCB設計ソフトウェアパッケージは、ほかにはありません。

単一コンポーネント、またはデジアナ混在信号回路をシミュレートする場合も、シグナルインテグリティの問題を識別する場合も、必要なツールは全てAltium Designerに含まれています。Altium Designerをダウンロードするだけで、PCB設計業界で求められる全てのシミュレーションツールを使用できます。

今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問い合わせフォームにご入力ください。

筆者について

筆者について

Zachariah Petersonは、学界と産業界に広範な技術的経歴を持っています。PCB業界で働く前は、ポートランド州立大学で教鞭をとっていました。化学吸着ガスセンサーの研究で物理学修士号、ランダムレーザー理論と安定性に関する研究で応用物理学博士号を取得しました。科学研究の経歴は、ナノ粒子レーザー、電子および光電子半導体デバイス、環境システム、財務分析など多岐に渡っています。彼の研究成果は、いくつかの論文審査のある専門誌や会議議事録に掲載されています。また、さまざまな企業を対象に、PCB設計に関する技術系ブログ記事を何百も書いています。Zachariahは、PCB業界の他の企業と協力し、設計、および研究サービスを提供しています。IEEE Photonics Society、およびアメリカ物理学会の会員でもあります。

最新の記事

Altium Roadshow 2022 Tokyo - Day 2 Altium Roadshow 2022は、アルティウム製品の最新動向およびテクノロジーを紹介するイベントです。リリースされたばかりのAltium Designer 22の新機能など、米国で年1度に開催するPCB設計サミット「AltiumLive」で紹介されるコンテンツをいち早くご案内します。第2日目は、マルチボード・プロジェクトのシステム設計、クラスやルームの概念に焦点をあてたベストプラクティス、ドキュメンテーション、MCADのコラボレーションについて紹介します。 このビデオでは次の内容について解説します: マルチボード・プロジェクトのシステム設計 Altium Designerを使用してMCADの制約を満たしながら基板間インターフェースを実現する方法を示しながら、複数のPCBのシステム設計と実装について深く掘り下げます。 Altium Designer ベストプラクティス (Part 2) このセッションでは、クラスやルームの概念を駆使することにより設計要件を予め整理し、デザインルールへ落とし込む工程について紹介します。さらに各ルールの複雑な標的の設定やそれぞれの優先順位付けを構築し、検証する方法を解説します。またOutput Jobsを介してのActiveBOM、Draftsman、部品座標データや 基板製造ファイルの設定、及びAltium 365 Workspaceにおける最終的な製造へのリリース用ファイルの生成にも焦点をあてます。 製造と実装のためのドキュメンテーション ビデオを見る
Altium Roadshow 2022 Tokyo - Day 1 Altium Roadshow 2022は、アルティウム製品の最新動向およびテクノロジーを紹介するイベントです。リリースされたばかりのAltium Designer 22の新機能など、米国で年1度に開催するPCB設計サミット「AltiumLive」で紹介されるコンテンツをいち早くご案内します。第1日目は、シミュレーション、回路設計機能に焦点をあてたベストプラクティス、コンポーネントライブラリについて紹介します。 このビデオでは次の内容について解説します: Altium Designer 22の紹介 このセッションでは、Altium Designer 22のエキサイティングな改良点についてご案内します。シミュレーション結果/測定の改善、デザインルールに含まれるデジグネータの自動更新、IPC-4761経由のサポート、Draftsmanの改善、回路図のクロスリファレンス、トレースグロスなどが含まれます。 シミュレーションを用いた設計分析 本セッションでは、動作点、AC/DCスイープ、波形表示/編集を伴う過渡状態シミュレーションのための更新フローと回路セットアップを紹介します。 Altium Designer ベストプラクティス (Part 1) 本セッションでは、回路設計を階層的にトップダウンまたはボトムアップで構成することのメリットと、回路図ディレクティブとPCBプランニングが基板レイアウトに与える影響についてレビューします。さらに、回路図ではなくPCBにてクラスを作成することの危険性についても言及します。 ビデオを見る
ホームに戻る