無償評価版

無償評価版をダウンロードして、ニーズに最適なAltiumソフトウェアをお探しください

購入方法

設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

ダウンロード

PCB設計およびEDAソフトウェアの最新版をダウンロードしてください

  • PCB DESIGN SOFTWARE
  • Altium Designer

    回路図とレイアウトのための完璧な環境

  • CircuitStudio

    エントリーレベルで、プロ仕様のPCB設計ツール

  • CircuitMaker

    コミュニティベースのPCB設計ツール

  • NEXUS

    チームによる素早いPCB設計

  • クラウド プラットフォーム
  • Altium 365

    Connecting PCB Design to the Manufacturing Floor

  • COMPONENT MANAGEMENT
  • Altium Concord Pro

    Complete Solution for Library Management

  • Octopart

    膨大なデー タが蓄積された、使いやすいコンポーネントデータベース

  • 拡張機能
  • PDN Analyzer

    簡単に使用できるシンプルな電源分配ネットワーク解析

  • 全ての拡張機能を見る
  • エンベデッド
  • TASKING

    組込みシステム開発のための世界的に有名な技術

  • TRAININGS
  • ライブコース

    世界中から利用できる教育トレーニングでベストプラクティスを学びましょう

  • オンデマンドコース

    自宅や会社から出ずに幅広い知識を身につけられます

  • ONLINE VIEWER
  • Altium 365 Viewer

    View & Share electronic designs in your browser

  • Altium Designer 20

    ストレスを感じさせない、プロ用Native 3D™ PCB設計

    ALTIUMLIVE

    Annual PCB Design Summit

    • フォーラム

      Altiumユーザーや熟練設計者がお互いに情報を交換できる場所です

    • ブログ

      Altiumが関心を寄せ、できればユーザーにも関心を持ってほしい話題についてのブログです

    • アイディア

      新しいアイディアをお送りいただいたり、Altiumツールに組み込んでほしい新しい機能に投票したりできます

    • バグの報告

      バグを報告いただき、どのバグが重要かを投票していただくことで、ソフトウェアの改善に役立てます

    • イベント情報

      AltiumLiveへ参加していただき、イベントをフォローできます

    • ベータプログラム

      ベータプログラムへの参加やAltiumのツールへの早期アクセスに関する情報をご覧になれます

    すべてのリソース

    ブログの記事からソーシャルメディアや技術白書に至るまで、最新のコンテンツを検索できます

    ダウンロード

    ニーズに合ったダウンロードオプションをご覧ください

    購入方法

    設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

    • マニュアル

      各製品のマニュアルおよびバージョン情報などの詳細を閲覧頂けます

    • トレーニングとイベント

      世界中のあるいはオンラインのトレーニングイベントのスケジュールを確認し、登録できます

    • デザインコンテンツ

      コンポーネント、テンプレート、サンプルデザインなどを含む無料のデザインコンテンツで当社の膨大なライブラリを参照できます

    • Webセミナー

      オンラインでライブのWebセミナーに参加したり、オンデマンドのWebセミナーに簡単にアクセスできます

    • サポート

      Altiumからの各種のサポートやセルフサービスオプションにより、不明点や疑問を解決してください

    • 技術文書

      もれなく集められた技術白書により、技術および業界の最新動向を常に把握できます

    • ビデオ ライブラリ

      Altium Designer を素早く導入するためのチュートリアル ビデオを見る

    PLCと組み込みシステムとの比較: ユニット単価が高くてもPLCを選択すべき場合

    August 23, 2017

    Cost reduction graph

     

     

    評判の高い、豪華なレストランで夕食を取ったことがありますか? そのときは、かなりの金額を支払ったことでしょう。しかし、素晴らしい夕食を希望し、それを楽しめたなら、その金額は十分に価値のあるものだったはずです。これに対して、平均的な地元のレストランで、サンドイッチが予想額より20ドル高かったら、馬鹿げた話だと思うのが当然です。このような場合は、そのお金で料理教室に通い、自分で料理を作った方がずっとマシというものです。

    私は電子機器設計者として、プログラマブル ロジックコントローラー(PLC)やローカライズされた組み込みシステムで同様の経験があります。PLCを、ローカライズされた組み込みシステムに置き換えることで、コストを大幅に削減できます。しかし、豪華な夕食が支払い金額に見合う価値があるように、より高価な選択肢であるPLCの方が適切な選択となる状況もあります。

    PLCとその応用

    プログラマブル ロジックコントローラーは産業用に特化したコンピューターです。入力信号(デジタルまたはアナログ)を監視し、論理演算を実行し、特定の出力信号を出力するようカスタムプログラムされています。PLCは堅牢であることが知られており、産業用の極端な環境や、障害がほとんど許されないようなアプリケーションで一般に使用されます。

    PLCが一般的なのは、モジュール構造のためです。これによって、プラグアンドプレイの手法で簡単に組み入れできます。最も基本的な構造は、中央処理装置(CPU)、電源、入力/出力(I/O)モジュールで構成されます。PLCのプログラミングは、マイクロコントローラーのコーディングよりも簡単です。これは、製造業者から供給されるラダー図、機能ブロック図、およびソフトウェアについての構造化テキストを中心としてプログラミングが行われるためです。

    PLCは産業用アプリケーションにおいて珍しいものではありません。生産ライン、交通信号、エスカレーター、HAVAシステムなどに一般的に使用されています。これらのPLCは基本的なデータ操作機能があり、ModbusDeviceNetなど各種の通信プロトコルを対応できます。これらの機能から、自動制御システムに好んで使用されています。

     

     

    PLC being installed
    PLCの設定はほとんどプラグアンププレイで行われます。

     

    ローカライズされた組み込みシステムがPLCに置き換わることがある理由

     

    一般に、組み込みシステムとは、ハードウェアとソフトウェアが連携動作し、アプリケーション固有の機能を提供するものと定義されます。電子機器設計者の視点からは、これはマイクロコントローラー(MCU)、メモリチップ、電源管理回路、通信モジュール、入力/出力機能で構成されます。

    これはPLCと似ていますが、両者の間には明確な相違点があります。

    構成: PCLはモジュール構造で、特定のモジュールに障害が発生した場合は簡単に交換できることはよく知られています。これに対して、組み込みシステムはほとんどの場合、コスト削減のために単一の基板として設計されます。

    プログラミング: PLCのプログラミングは、理解しやすいラダー図が付属しているため、通常は少ない時間で完了します。これに対して組み込みシステムはCなど高レベルのプログラミング言語でコーディングされ、ファームウェアの作成にはより長い時間が必要です。

    コスト: PLCは一般にコストが高く、評判の高い製造業者から供給されるものは特にその傾向があります。これに対して組み込みシステムは、ローカライズされる場合には、ユニットごとの製造コストは非常に安くなります。

    ハードウェアの組み立ておよびプログラミング手法の相違にかかわらず、組み込みシステムはPLCの機能を簡単に複製できます。私がフリーランスで仕事をしていた頃、私は各種の業界のクライアントが産業用PLCから、ローカライズされた組み込みシステムに置き換えるのを手助けしました。この置き替えの理由はただ1つ、コストです。特定のアプリケーションでは、ローカライズされた組み込みシステムのコストは、ブランドPLCの約20%まで低下します。ビジネスでは、これによって同じ機能を実現しながら、健全な利益率を確保できるようになります。

     

    “Technical Support” image
    PLCと組み込みシステムのどちらを選択するかにかかわらず、技術サポートは極めて重要です

     

     

    ユニット単価が高くなってもPLCを使用すべき場合

     

    なぜ、すべての製品が組み込みシステムに切り替わらないのかと疑問に思うかもしれません。コストは常に考慮しますが、コストだけを理由に、ローカライズされた組み込みシステムを常に優先するのは間違いです。PLCの方が大幅にコストが増大する事実にもかかわらず、PLCを使用するのが最適な場合もあります。PLCのコストが十分に引き合う、いくつかの要素を以下に示します。

    数量: 同じ構成で数百のPLCを必要とするプロジェクトに従事している場合を除き、商用の既製品PLCを購入するのが最もコスト効果が高くなる可能性があります。ローカライズされた組み込みシステムを開発し、その構成を製造するための時間により発生するコストは、ユニットのコスト削減を上回る可能性があります。

    認定: 特定の産業用アプリケーションでは、電子制御システムが標準化組織により認定を受けるための要件があります。ブランドPLCは一般にCE、UL、その他の認定を受けています。自社の組み込みシステムが認定を受けるときのコストが、PLCのコストを上回る場合は、PLCを使用する方が適切です。

    サポート: PLCには多くの場合、評価の高い企業からのサポートが付属します。ローカライズされた組み込みシステムの製造を契約先に外注する場合、十分な量の技術サポートを受けられることを確認します。そうでない場合、PLCを使用する方が安全です。

    信頼性: 目的のアプリケーションにおいて、制御システムが過酷な電気的および物理的環境で動作するなら、それらの環境での動作が証明済みであるPLCを使用するのが、多くの場合に適切です。そのような環境に向けてローカライズされた組み込みシステムを開発する予定で、そのための予算を獲得済みでない限り、ラボで十分なテストが行われない可能性が高くなります。

    最終的に、PLCとローカライズされた組み込みシステムのどちらを使用するべきかの選択は、財務的な考慮事項に留まらなくなります。実際のところ、この選択は状況によって異なります。組み込みシステムが望ましい状況では、CircuitStudioのようなプロフェッショナルな設計ソフトウェアの助力が必要です。また、堅牢なローカライズされた組み込みシステムを設計するため、アルティウムのブログにある多くのリソースを使用できます。

    今すぐCircuitStudioの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!

    most recent articles

    Back to Home