無償評価版

無償評価版をダウンロードして、ニーズに最適なAltiumソフトウェアをお探しください

購入方法

設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

ダウンロード

PCB設計およびEDAソフトウェアの最新版をダウンロードしてください

  • PCB DESIGN SOFTWARE
  • Altium Designer

    回路図とレイアウトのための完璧な環境

  • CircuitStudio

    エントリーレベルで、プロ仕様のPCB設計ツール

  • CircuitMaker

    コミュニティベースのPCB設計ツール

  • NEXUS

    チームによる素早いPCB設計

  • クラウド プラットフォーム
  • Altium 365

    Connecting PCB Design to the Manufacturing Floor

  • COMPONENT MANAGEMENT
  • Altium Concord Pro

    Complete Solution for Library Management

  • Octopart

    膨大なデー タが蓄積された、使いやすいコンポーネントデータベース

  • 拡張機能
  • PDN Analyzer

    簡単に使用できるシンプルな電源分配ネットワーク解析

  • 全ての拡張機能を見る
  • エンベデッド
  • TASKING

    組込みシステム開発のための世界的に有名な技術

  • TRAININGS
  • ライブコース

    世界中から利用できる教育トレーニングでベストプラクティスを学びましょう

  • オンデマンドコース

    自宅や会社から出ずに幅広い知識を身につけられます

  • ONLINE VIEWER
  • Altium 365 Viewer

    View & Share electronic designs in your browser

  • Altium Designer 20

    ストレスを感じさせない、プロ用Native 3D™ PCB設計

    ALTIUMLIVE

    Annual PCB Design Summit

    • フォーラム

      Altiumユーザーや熟練設計者がお互いに情報を交換できる場所です

    • ブログ

      Altiumが関心を寄せ、できればユーザーにも関心を持ってほしい話題についてのブログです

    • アイディア

      新しいアイディアをお送りいただいたり、Altiumツールに組み込んでほしい新しい機能に投票したりできます

    • バグの報告

      バグを報告いただき、どのバグが重要かを投票していただくことで、ソフトウェアの改善に役立てます

    • イベント情報

      AltiumLiveへ参加していただき、イベントをフォローできます

    • ベータプログラム

      ベータプログラムへの参加やAltiumのツールへの早期アクセスに関する情報をご覧になれます

    すべてのリソース

    ブログの記事からソーシャルメディアや技術白書に至るまで、最新のコンテンツを検索できます

    ダウンロード

    ニーズに合ったダウンロードオプションをご覧ください

    購入方法

    設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

    • マニュアル

      各製品のマニュアルおよびバージョン情報などの詳細を閲覧頂けます

    • トレーニングとイベント

      世界中のあるいはオンラインのトレーニングイベントのスケジュールを確認し、登録できます

    • デザインコンテンツ

      コンポーネント、テンプレート、サンプルデザインなどを含む無料のデザインコンテンツで当社の膨大なライブラリを参照できます

    • Webセミナー

      オンラインでライブのWebセミナーに参加したり、オンデマンドのWebセミナーに簡単にアクセスできます

    • サポート

      Altiumからの各種のサポートやセルフサービスオプションにより、不明点や疑問を解決してください

    • 技術文書

      もれなく集められた技術白書により、技術および業界の最新動向を常に把握できます

    • ビデオ ライブラリ

      Altium Designer を素早く導入するためのチュートリアル ビデオを見る

    低電力ワイヤレス通信用のRFテクノロジー: Ambient Backscatter

    August 21, 2017

    テレビのアンテナ

     

     

    私は家族の再会が好きですが、私の拡大家族は40人もいるため、これはかなりの大事になります。カードで遊んだり、水泳をしたり、または夕食のテーブルなどどこでも、常に誰かが冗談を言ったり、話を始めたりします。実際に、ほとんどの人々が話を始めるため、皆に聞いてもらうには叫ばなくてはならないこともあります。電磁スペクトルの中での通信も、このように困難な場合があります。デバイスは多くの場合、データを伝送するために、空中に自分の信号を「叫ぶ」必要があります。この伝送には電子機器とエネルギーが必要で、一部のデバイスでは容積やバッテリー駆動時間の関係で実現できません。ワシントン大学の研究グループは、Ambient Backscatterによる通信を使用して、これらの問題点の解決を試みています。この方法により、データの伝送に必要な回路と電力が何桁も減少する可能性があります。Ambient Backscatterがワイヤレスネットワークへ実際に使用可能なら、大規模なモノのインターネットのセンサーネットワークに極めて有用となるでしょう。

    Ambient Backscatter

    技術者は、周囲の世界が電磁気信号に満ちており、その多くは人間の設計するデバイスにより生成されることを熟知しています。これらの伝送は他のデバイスにより検出可能で、さらに発電にも使用可能です。これらは意図しない受信機と干渉する可能性もあるため、FCCは放射放出について厳しい規制を行っています。しかし、これらの研究員たちは、空中の周囲の信号を逆に利用して、デバイス間で情報を伝達する方法を発見しました。

    IoTセンサーとデバイスのバッテリーを環境発電システムに置き替えることについては、最近多くの議論が行われています。一部の人々は、テレビ局の送信など高エネルギーのRF信号を電力に変え、デバイスに供給することさえも想定しています。このアイディアはいくつかの理由から完全に実用的ではありません。しかし、この主な理由の1つは、単に電力が十分ではないということです。最低でもマイクロプロセッサー、センサー、ワイヤレス回路に電力を供給し、多くの場合はメモリにも電力を供給可能な必要があります。低消費電力のプロセッサー、センサー、メモリは存在しますが、ワイヤレス接続には代償が伴います。ただし、Ambient Backscatterを使用すれば話は別です。

    Ambient Backscatterは、従来のワイヤレスモジュールよりも大幅に少ないエネルギーで信号の伝送を可能にします。これは、空中に既に存在するRF信号を変調してデータを伝送する方法です。Ambient Backscatter PCBは信号を受信してから応答を作成する代わりに、独自の信号を作成せず、付近の信号を変調して転送するだけで動作します。これによって、多くの電力を消費するワイヤレスチップが不要になり、環境発電によるRFエネルギーを使用してIoTデバイスを動作させる可能性が開けることになります。

     

     

    RFID用のワイヤレスタグ

    Ambient BackscatterはRFIDタグと同様に動作しますが、専用の送信機を必要としません。
     

     

    概念実証

    ワシントン大学の研究グループは、このシステムを理論化しただけではなく、実際に構築しました。この目的のため、このグループは環境発電を行い、信号の受信と送信を行える、単純なPCBを設計しました。

    Ambient Backscatterを使用するための基本的な要素は、どのRF信号を使用するかの選択です。環境発電のためには電力の大きな信号が望ましいのですが、通信のためには一定であることも要求されます。このため研究者たちは、テレビ局の電波を利用することにしました。これは常に放送され続け、カバー範囲が広く、非常に強力な信号を使用しています。別の重要なポイントは、テレビ送信機と受信機にはマルチパスの歪みが発生することです。信号の後方散乱においては、この信号に意図的な干渉を行います。これらのデバイスは、既存の信号を変調して反射するだけで、実際の「送信」を行わないため、厳密には違法でないと思われます。合法かどうかはともかく、干渉を処理できない信号について、この方法を試みるべきではありません。

    つぎに、このデバイスについて調べてみましょう。このデバイスは単一のアンテナを使用して環境発電を行い、送信と受信を行う、効率的な設計です。送信には、アンテナのインピーダンスを変調して、テレビの信号を歪め、反射します。グループは、ADCやオシレーターなど多くの電力を消費するコンポーネントを使用せずに信号を受信することを目指しました。その代わりに、従来型のデジタル受信機が使用され、超低消費電力のアナログ受信機が理論化されました。これらは、反射された信号と元の送信とを、データ速度のチェックにより区別します。変調された信号はテレビ局よりもはるかに低速で伝送されるため、自分たちの信号を絞り込んでデコードできます。これらのコンポーネントを使用することで、研究者たちはAmbient Backscatterデバイス間でデータを伝送できました。すなわち、このテクノロジーによって極度に低消費電力の機械間通信が可能になるということです。

     

     

    テレビ画面のアメリカンフットボールの映像

    テレビを見ているだけで、デバイスが作業を手助けできるようになりました。
     

     

    応用

    このテクノロジーの応用の数は、私の家族の人数よりも多いでしょう。特に興味深い応用分野として、ウェアラブル、IoT、さらには支払い処理などが挙げられます。

    • ウェアラブル - 現在は、誰かと歩数を比較するには、デバイスがそれらの歩数をサーバーにアップロードしてから、ダウンロードする必要があります。この種のテクノロジーがあれば、ウェアラブルが直接互いに通信でき、データ伝送についてより有機的な方法が可能になります。

    • IoT - モノのインターネットは低消費電力センサーの膨大なネットワークを持つようになり、互いの通信が必要になります。この種類のシステムを利用することで、これらのセンサーの消費電力は大幅に低減し、より効率的で信頼性の高いシステムが実現可能になります。

    • 支払い処理 - この最後の例は、研究自体で提案されているものです。研究グループはカードからカードへ現金を直接転送できる「バスカード」を作成しました。これによって、セル信号やWiFiを使用しなくても、電子的な支払いが可能になります。

    このテクノロジーは、近い将来に極めて有用となるでしょう。このテクノロジーにより、ワイヤレスモジュールを使用せずデバイス間の通信が可能となるだけでなく、空中から環境発電を行う、バッテリー不要の新世代デバイスが可能になります。ワシントン大学は既に、この実現方法を示しており、Ambient Backscatterを使用するための、さらにエネルギー効率の高い方法について、いくつかの構想も提示しています。IoTからクレジットカードまでのあらゆる機器が、将来的にはこの通信システムを使用することになるでしょう。

    超低消費電力のIoTデバイスの設計を目標としており、データ伝送について懸念を抱いていたなら、これはまさに魔法の杖のようなテクノロジーです。すなわち、今が設計を開始する絶好のタイミングで、適切な設計を行うには優れたPCB設計ソフトウェアを使用する必要があります。CircuitStudioは最先端のPCB設計ソフトウェアで、広範な優れたツールにより、夢に描いた設計を現実のものにすることができます。

    低消費電力デバイスについてのご質問は、Altiumの専門家にお問い合わせください

     
     
     
     
     
     

    most recent articles

    Back to Home