Midnight Sunソーラー設計チームが開発した未来のソーラーカー

Judy Warner
|  October 16, 2017

Midsun_2011WorldSolarChallenge_MSX.jpg

World Solar Challenge(WSC)に参戦するWaterloo大学のMidnight Sunソーラーチーム

 

 

1988年度以降、Waterloo大学のMidnight Sunソーラーチームは、顧問のGordon Savage教授の指導の下、ソーラーカーを製造し、American Solar Challenge(ASC)およびWorld Solar Challenge(WSC)に参加しています。これらの大会は、1年おきに交互に開催されます。電気系統チームの舵取りは、Minghou Ji(エンジニアリングマネージャー)、Yifei Li(ハードウェアエンジニア)、およびTaiping Li(ハードウェア設計者リーダー)が行っています。

 

Midsun_Minghao_Ji.jpg

Minghou Ji氏、Midnight Sunソーラーチームのエンジニアリングマネージャー 

 

Midsun_Yifei_Li.jpg

Yifei Li氏、Midnight Sunソーラーチームのハードウェアエンジニア 

 

Midsun_Taiping_Li.jpg

Taiping Li氏、Midnight Sunソーラーチームのハードウェア設計リーダー

 

 

これまでに、チームは、他の多くのソーラーチームと同じように、3輪で運転手1名のみの運転室を備えたチャレンジャークラスのソーラーカーを製造していました。現在、Midnight Sunは、いつか一般消費者のためのソーラーカーを実現できると期待を持てるくらいの技術開発を推し進めている一方、はるかに複雑なクルーザークラスの車両製造という課題に直面しています。メンバーは、2016年以降Midnight Sun 12の製造に取り組んでおり、2018年のASCに参戦する予定です。現在は、車体製造のCADの初期段階で、電気系統の設計が進行中です。チームの短期目標は、2017年12月までに運転可能な車を作ることです。

彼らは、コントローラー基板、電力管理基板、インターフェイス基板、複数センサー、異なるレートで放電する1300個のセルの電圧バランスを取る重要な電池管理システムなどを含む複数の基板を設計しています。また、全てのメインコントロール基板を対応する単一のドーターカードも設計しました。彼らが設計する基板の多くは、2~4層で比較的高密度です。

 

Midsun_Controller_Board.jpg

Altium Designerで設計されたコントローラー基板

 

 

チームは、常時20名ほどのメンバーが活動しています。Waterloo大学は、コーオプ教育モデルを導入しており、学生は、学内学習と、Microsoft、Tesla、Intel、Appleなどの企業でのインターンシップに参加する学外学習に学期を分けて学ぶことができます。Waterloo大学は、科学および技術のリーダーとして認められており、学術環境と業界との橋渡しに成功しています。

将来の就労に有用な非常に実践的な方法で、1人の設計者が年間10~15枚の基板を設計することができます。

 

Midsun_PowerDistribution_Board.jpg

Altium Designerで設計された電源分配基板

 

 

このように要求の厳しいチームプログラムのための基板を設計する一方、このような学生がどのようにAltium Designerを体験するのかを知りたかったので、最も便利で役に立った点について尋ねました。彼らは、非常に簡単に使用でき、準備から作業開始までわずか1週間だったと答えました。チームメンバーは常に入れ替わるので、新しいメンバーが短時間で使用できるようになるソフトウェアは非常に有効です。また、ワークフローを簡単にするための統一された設計プラットフォームやBOMビルダーも気に入っているそうです。最後に、3Dとメカニカルシステムの統合も非常に役に立っているとのことでした。

 

興味をお持ちの方は、Midnight Sunのwebサイトにアクセスすることをお勧めします。近未来の次世代イノベーターは、Minghao氏、Yifei氏、Taiping氏のような情熱あふれる学生であることは疑問の余地がないでしょう。もちろん、Altiumの全従業員にとって、Midnight Sun 12のようなすばらしいものを作り続けられるよう、彼らにPCB設計ツールを提供することよりも名誉なことはありません。

 
 
 

About Author

About Author

Judy Warnerは、25年以上にわたりエレクトロニクス業界で彼女ならではの多様な役割を担ってきました。Mil/Aeroアプリケーションを中心に、PCB製造、RF、およびマイクロ波PCBおよび受託製造に携わった経験を持っています。 また、『Microwave Journal』、『PCB007 Magazine』、『PCB Design007』、『PCD&F』、『IEEE Microwave Magazine』などの業界出版物のライター、ブロガー、ジャーナリストとしても活動しており、PCEA (プリント回路工学協会) の理事も務めています。2017年、コミュニティー エンゲージメント担当ディレクターとしてAltiumに入社。OnTrackポッドキャストの管理とOnTrackニュースレターの作成に加え、Altiumの年次ユーザー カンファレンス「AltiumLive」を立ち上げました。世界中のPCB設計技術者にリソース、サポート、支持者を届けるという目的を達成すべく熱心に取り組んでいます。

most recent articles

テンプレートを活用してより多くの時間を設計に充てるには 今日、設計者は一般にEDAソフトウェアのデフォルトを開始点として使用し、寸法線、単位、グリッド設定、色、他の環境的な要素を必要に応じて変更します。プロジェクトを開始するたびに初めから作業を行うのが普通で、既知の適切な設定、レイヤー構成、回路図シートのタイトルブロックなどがほとんど再利用されません。 このように設計データをその場その場で作成すると、プロジェクトの不整合や危険を招きます。Altium Designer®とAltium 365®のテンプレートは、個々の設計者や設計チームが一貫した設計データを使用して信頼できる開始点からプロジェクトを始められるようにすることで、これらの危険を排除するのに役立ちます。 このビデオでは、設計プロセスを通してAltium Designerでテンプレートがどのように使用されているか紹介します。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 設計プロセスの各側面をテンプレート化する Altium 365を使用してチームに展開するための設計テンプレートを活用する 均一なコンポーネントをすばやく作成する 設計チーム全体で一貫性を実現する 準備や研修時間を短縮する 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
Altium Designerによるプリント基板の設計 プリンテッドエレクトロニクスは3D印刷と同様に一般化しつつあります。急速に広がりつつあるこの技術により、製造の分野において新しい可能性が生まれ、技術者や設計者は、これまで対応できなかった市場に製品を送り出すことが可能になりました。新しい基板とインクは、生体医療から航空宇宙、家電機器まで、様々な用途に対応するために開発されています。 この技術に対応できる契約製造業者が多数、出現したことで、コスト競争が激しくなりつつあります。試作と量産を迅速に行えることは多くの可能性を秘めています。Altium 365®を使用すれば、設計プロセス全体で製造業者と情報を常に直接共有できます。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 現在のプリンテッドエレクトロニクス設計で使用する独自の配線技法 プリンテッドエレクトロニクス用にレイヤー構成を指定する方法 プリンテッドエレクトロニクス用にビアを配置する方法 製造業者がすぐに使用できるデザインパッケージを作成する方法 Altium 365を使用して製造業者と直接、情報を共有する方法 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
Altium Designer 21:より優れた設計手法 設計プロセスでは多くの場合、退屈な繰り返し作業が求められます。Altium Designer 21では、ユーザーの皆様からのフィードバックを基に長く使用されている機能に見直しを加え、ユーザーエクスペリエンスを改善するとともにパフォーマンスと安定性の向上が行われており、より優れた環境で設計を行うことができます。これらの改良点により、既存の設計タスクが合理化され、リアルな3Dモデリングで精巧なリジッド設計またはリジッドフレキシブル設計を完成させることができます。 さらに、Altium 365®はAltium Designerの最新リリースで、従来にも増して重要な役割を果たしています。詳しくご覧ください。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 SPICEシミュレーションの拡張 リジッドフレキシブル設計: 基板プランニングとレイヤースタックの定義 高速設計:トロンボーンとノコギリ歯のチューニング 回路設計の改良:一般的なコンポーネントとネットのプロパティ Altium 365:プロジェクト履歴、競合回避、コメント 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
Back to Home