サプライチェーン管理: 設計時のコンポーネント在庫状況の確認

Derek Jackson
|  Created: February 21, 2017  |  Updated: December 14, 2020

Supply Chain Full Circle.jpg

包括的データ管理の全体像

 

 

コンポーネントの在庫状況を把握していないために、製品の遅延、製品投入時期の逸失、さらには製品が製造不可能になることもあります。設計上のその他のあらゆる課題に加えて、必要なときに実際に在庫があるコンポーネントを選択していることを確認する必要があります。既存の設計について再発注や変更を行うときは、どうすればいいのでしょうか? 必要なコンポーネントがまだ購入可能かどうか、どうすれば確認できるでしょうか? エンタープライズ向けソリューションから、人手によるスプレッドシートでの追跡まで、多くの異なるデータベースや手法が存在します。コンポーネントにライブのサプライヤーデータが直接追加され、この情報を即座に参照できれば素晴らしいと思いませんか?    

 

Aberdeen Groupによると、優良企業の81%が一元的に構築され管理されているライブラリシステムを使用しています1。このようなシステムにアクセスできると、データベースを参照し、その情報に基づいて選択することができます。ただし、多くの企業は、このレベルの企業ベースのソリューションにアクセスできません。それでは、その他のあらゆる設計作業に加えてコンポーネントデータをどのように管理しますか? どの部品が製造に使用できるか、どの部品を取り換える必要があるか、既存設計のどの部品をいくつ注文するかなどを決定しますか?

サプライチェーンへの直接アクセス

サプライチェーンはソリューションとも呼ばれ、購入データを直接部品表に取り入れるために使用できます。サプライデータ情報は販売業者から直接読み取られるため、ライブサプライヤーリンクとも呼ばれます。Altium Designer®にはいくつかのサプライヤーが含まれており、どれを検索結果に含めるかを、Altium Designerの [Data Management] » [Supplier] の下の環境設定でコントロールできます。

有効にしたサプライヤーから、検索結果のセットが返され、これにはコンポーネントの価格、利用可能な数量などが含まれています。さらに、各コンポーネントのリンクには、製造業者のページやデータシートなどへのWebリンクも含まれています。適切な部品が見つかったら、供給リンクをコンポーネントに直接添付できます。このリンクを使用して、サプライヤーからの関連データを部品表レポートへ引き込むことができます。数量や価格も、リンクを調べて直接参照できます。

サプライヤーパネルを使用してコンポーネントを検索すると、選択したサプライヤーに基づいた検索結果が返され、そのリンクを回路図内のコンポーネントへドラッグするだけで最良の選択を行えます。[System] パネルのボタンから [Supplier Search] パネルを開き、[Supplier Search] を実行します。

 

 

supplier-links-altium-designer

[Supplier Search] パネルを使用した、特定コンポーネントの検索

 


さらに、コンポーネントを右クリックしてサプライヤーのリンクを選択すると、[Add] をクリックして検索を直接実行し、コンポーネントへ追加することができます。

ライブのサプライヤーリンクを追加

デザインにライブのサプライヤーリンクを追加する方法は、いくつかあります。サプライヤーのリンクは回路図ライブラリ内のコンポーネントに追加、回路図レベルのコンポーネントに直接追加、データベースライブラリのコンポーネントに追加、またはAltium Vault®を使用して追加できます。これらのさまざまな手法については、TechDocの「ライブのサプライヤーデータ - サプライヤーリンクの管理」に詳しく解説されています。こちらからご覧ください。

この手法では、追加したサプライヤーリンクで個別のコンポーネントを維持する必要があるため、サプライヤーデータをライブラリのコンポーネントに追加するのが多少難しくなります。これは可能であり、管理もできますが、コンポーネントとライブラリの構造が非常に複雑になる可能性があります。回路図レベルでサプライヤーリンクを追加するほうが適切です。これによって、より一般化された手法が可能になります。例えば、抵抗を再利用したり、設計に配置されているそれぞれのコンポーネントに構成を追加したりといった作業が可能です。ただしこの手法には欠点もあり、ライブラリとの同期が行われなくなるため、エラーが起きやすくなります。確かに、ライブラリの更新時にどのパラメーターを更新しないで残すかを選択できますが、設計者にはミスを犯してはならないという重圧が負わされることになります。  

最も適切な手法は、データベースライブラリまたはAltium Vaultを使用することです。この方法では、回路図ライブラリの同じコンポーネントを再利用して、別のデータを持ち、独自のコンポーネント名、パラメーター、企業の部品番号を持つ、別のコンポーネントを表現できます。こうすることで、同じ基本グラフィックモデルを、数百数千もの抵抗、コンデンサー、その他の多くのコンポーネントに再利用できます。Altium Vaultではデータベースの手法をさらに一歩進め、コンポーネントやサプライヤーのリンクに対してリビジョンやライフサイクルの管理を割り当てることが可能です。これは、Altium Designerでも独立したオプション機能になっています。Altium Content Vaultに無料でアクセスし、コンポーネントを配置できます。

統合されたサプライチェーン ソリューションの体験

設計におけるサプライヤーリンクの使用は、設計プロセスを強化するだけでなく、将来の変更やデザインの再利用にも役立ちます。Altium Designerのサプライチェーン管理機能を活用すれば、設計に適切なコンポーネントをいつでも確実に用意することができるので、期日に遅れることはありません。

Altium Designerのサプライチェーン管理の詳細に関心をお持ちですか? 無償のホワイトペーパー「設計データの管理: パート2 - サプライチェーン」をダウンロードしてください。

 

 

 

 

 

About Author

About Author

Derekは、サポートEDAスペシャリストとして20年以上の経験を持っています。Certified Electronics Technicians認定を取得した後、カリフォルニア州立大学フラトン校でコンピューター アーキテクチャと設計を学び、工学学士号を取得しました。当初は組み込み開発プラットフォームの対応に携わっていましたが、1997年に、回路図、PCB、VHDL、Spiceシミュレーションに焦点を当て、EDAツールの対応を始めました。2005年にAltiumに入社し、人の成功を手伝う仕事に大きな喜びを感じています。

most recent articles

テンプレートを活用してより多くの時間を設計に充てるには 今日、設計者は一般にEDAソフトウェアのデフォルトを開始点として使用し、寸法線、単位、グリッド設定、色、他の環境的な要素を必要に応じて変更します。プロジェクトを開始するたびに初めから作業を行うのが普通で、既知の適切な設定、レイヤー構成、回路図シートのタイトルブロックなどがほとんど再利用されません。 このように設計データをその場その場で作成すると、プロジェクトの不整合や危険を招きます。Altium Designer®とAltium 365®のテンプレートは、個々の設計者や設計チームが一貫した設計データを使用して信頼できる開始点からプロジェクトを始められるようにすることで、これらの危険を排除するのに役立ちます。 このビデオでは、設計プロセスを通してAltium Designerでテンプレートがどのように使用されているか紹介します。 以下は、セッションで紹介されたトピックとなります。 設計プロセスの各側面をテンプレート化する Altium 365を使用してチームに展開するための設計テンプレートを活用する 均一なコンポーネントをすばやく作成する 設計チーム全体で一貫性を実現する 準備や研修時間を短縮する 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問合せフォームにご入力ください。 ビデオを見る
Back to Home