アルティウムのデジタルエクスペリエンス(DX):お客様のご要望に”全集中”

Judy Warner
|  Created: November 20, 2020
アルティウムのデジタルエクスペリエンス(DX):お客様のご要望に”全集中”

Judy Warner: Lawrence、あなたは当社の顧客中心主義をさらに推し進める画期的なオンライン環境プロジェクトに取り組んでいます。Altium Designerユーザーにとってこれが何を意味するのかを教えてください。

Lawrence Romine: これは、とてもすごいことなんですよ、Judy。知っているかと思いますが、アルティウムが成功しているのは、当社の製品とサービスを利用しているユーザーに力点を置き、経営上の意思決定者に向け、流行によって左右されない価値を提案できるためです。アルティウムの世界では、ユーザーが意思決定者です。どこからでも当社と簡単につながる選択肢を彼らに提供できるなんて、非常にエキサイティングなことです。 

Warner: この機能では、当社の担当者とやり取りする際に従来の電話やフォーム入力などのほうがいいと考える人々ともやり取りできるのでしょうか。それとも、そうした方法は排除されるのでしょうか。

Romine: 従来の方法も引き続き利用できます。今回のデジタル環境で重要なポイントは選択肢です。従来の方法で当社につながりたいと考える人にも、私たちは手段を用意しています。事実、伝統的な接続手段もさらに効率的になると私たちは予想しています。アカウントの管理、サブスクリプションの更新、技術サポートへのアクセス、それに簡単な質問であっても、複数の並行した問い合わせ方法を提供することになるためです。 

Warner: あなたからも他の人からも聞いたことがあります。これは、当社のユーザーを「一級市民」として扱うことになるのだと。それはどういうことなのでしょうか。また、アルティウムはこの環境を作るためになぜリソースを投資しているのでしょうか。

Romine: 前にも言いましたが、私たちの成功は顧客の成功と密接に結びついています。私たちにとっては、ライセンスを多く必要とする大口の顧客であっても、1つのライセンスを活用するスタートアップや中小企業の顧客であっても違いはありません。これはPCB設計サミットのAltiumLive2019で何度も話したことですが、サービス機関を運営しているある顧客に、Altium DesignerをPCB設計に採用した経緯を尋ねたことがあります。彼の答えは私には的を射たものでした。「簡単なことだよ。連絡を折り返してくれたのが君たちだけだったんだから」と彼は言ったのです。顧客一人一人がどれだけ重要かについて、彼の答えは多くのことを語ってくれています。今回の新機能があれば、ユーザーとのつながりやサポートをさらに高めることができます。顧客はようやく私たちからの折り返しの連絡を待たずに済むようになりました。当社のデジタルプラットフォームのいずれかにアクセスすれば、すぐに私たちとつながるようになったのです。 

Warner: 当社のWebサイトを訪問し、オンライン環境にアクセスすると、どのようなことができるようになるのでしょうか。 

Romine: altium.comやそのサブドメインにアクセスすれば、当社のスタッフが週末を除く24時間、いつも待機しています(※日本語での対応は平日の営業時間となります)。そこでアカウント管理、パスワードのリセット、アカウント情報の更新、技術サポートを受けることができます。電話や電子メールで普段行っていることであれば何でもオンラインですぐに行うことができます。ガイド付きでもガイドなしでも金融取引を処理できます。初回ライセンス購入、サブスクリプション更新、利点や製品の追加を1日24時間、いつでも簡単に進めることができるのです。   

Warner: 広範囲にまたがる取り組みのようですね。先ほども言っていましたが、週末を除く24時間、これらの機能を利用できるようにするわけですが、十分な人材とリソースはあるのでしょうか。 

Romine: はい、グローバルな組織として、チームメンバーが世界中に配置されています。つまり、ユーザーが必要なときにいつでも利用できるよう、私たちの稼働時間は増えているのです。現在、チャットアクセス用に130人以上のスタッフがいます。そのため、チャットボットがポップアップすると、そこにいるのは実際のアルティウムの社員で、すぐにヘルプとサポートを利用できるというわけです。

Warner: 貴重なお話をありがとうございました。顧客中心主義に対する今回の投資は挑戦的ですが、エキサイティングですね。

Romine: 私たちが舞台裏で取り組んでいることならば、いつでも喜んで情報提供しますよ。今回、実装している環境は、すべて顧客の成功を確かなものにするために設計されました。アルティウムへのアクセスや必要なソリューションへのアクセスを拡大することで、顧客の成功をお手伝いできる、そうやって顧客がアルティウムとつながるのだということに、とてもわくわくさせられます。 

Lawrence Romine
Lawrence Romine (マーケティング担当部長)
chat widget
Altium.comチャットボットを通じて、世界中に130名以上いるアルティウムスタッフが週末を除く24時間いつでもお手伝いいたします。

 

About Author

About Author

Judy Warnerは、25年以上にわたりエレクトロニクス業界で彼女ならではの多様な役割を担ってきました。Mil/Aeroアプリケーションを中心に、PCB製造、RF、およびマイクロ波PCBおよび受託製造に携わった経験を持っています。 また、『Microwave Journal』、『PCB007 Magazine』、『PCB Design007』、『PCD&F』、『IEEE Microwave Magazine』などの業界出版物のライター、ブロガー、ジャーナリストとしても活動しており、PCEA (プリント回路工学協会) の理事も務めています。2017年、コミュニティー エンゲージメント担当ディレクターとしてAltiumに入社。OnTrackポッドキャストの管理とOnTrackニュースレターの作成に加え、Altiumの年次ユーザー カンファレンス「AltiumLive」を立ち上げました。世界中のPCB設計技術者にリソース、サポート、支持者を届けるという目的を達成すべく熱心に取り組んでいます。

most recent articles

設計ルールと制約の基本 初めて設計ルールに触れる方にとって、設計ルールの導入は難しい作業かもしれませんが、必ずしもそうではありません。大量のデータを管理する場合、鍵となるのは正しい構造を用いることです。多くの設計に数百ものルールと制約が付属している状況では、適切な整理が不可欠です。 Altium Designerには、新しい設計ルールのユーザーインターフェースとともに、ルールを定義する新しい方法が追加されました。もちろん、従来の方法もそのまま使用できます。ルールと制約は、ルール中心のビューではなく、設計中心のビューで表示されるようになったため、視覚化が簡単で、エラーも起きにくくなります。 このビデオでは、改良されたルール2.0の設計ルールインターフェースを最大限に活用する方法について解説します。以下は、セッションで紹介される主なトピックです: 新しい設計ルールインターフェース 高度なルールと基本的なルール スコープライブラリ 設計ルールのクロスプローブ 設計ルールの検証 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問い合わせフォームにご入力ください。 ビデオを見る
設計能力をレベルアップして持続的な競争優位性を向上 どの設計チームも、それぞれ独自の目的で、同じ設計情報にアクセスし使用できる一元化された場所を作成する、という構想または計画があります。同じ設計情報というのは、プロジェクト、コンポーネント、ライブラリ、シンボル、モデルなどを指しています。これらのファイルシステムは非常に壊れやすいにもかかわらず、あまりにも多くのユーザーがあまりにも多くの編集を、品質管理せずに行います。 これらの試みが失敗に終わるのは、構造、標準化、電気的なインテリジェンスが欠如しているからです。Altium 365は、電気、機械、製造を含むすべてのプロジェクト関係者を結びつけて、これらすべての問題を解決します。 このビデオでは、以下のトピックについて紹介します: インテリジェントに構造化および管理された設計データセンターを、迅速かつ簡単に構築する 機構チームと連携する コンポーネントおよびライブラリを管理する ユーザーグループを構築し、権限を管理する 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問い合わせフォームにご入力ください。 ビデオを見る
Back to Home