コンポーネントをルームにグループ化してレイアウトを効率的に行う方法

投稿日 December 20, 2019
更新日 July 7, 2020

PDFをダウンロードしてオンラインで学ぶ

コンポーネントの配置とトレースを適切に管理するための鍵となるのは、オブジェクトを別々に修正するよりも、各種の技法を使用してオブジェクトをグループ化することです。多くのユーザーは、コンポーネントを別々に基板レイアウトに配置することを嫌がります。このホワイトペ ーパーでは、PCB設計ツールのAltium Designer®を使用することでレイアウト管理がどのように簡単になり、時間を節約でき、プロジェクトの納期を守れるよう になるかについて詳しく解説します。 

はじめに

コンポーネントとトレースが適切に整理されていないと、コンポーネントのレイアウトが非常に面倒になる場合があります。設計レイアウトを管理するための最も一般的な方法は、ルームを使用することです。ルームを使用すると、コンポーネントの配置をより的確に管理でき、コンポーネントがどこから来たものかを簡単に特定できます。この点については、以下で詳しく説明します。 

配線が行われておらず、たくさんのコンポーネントが使用されていれば、複雑な回路の接続は苦痛に満ちたものとなります。レイアウト全体にコネクションラインを作成するために多くのリソースが消費され、システムの性能が大幅に低下し、コンポーネントの配置は遥かに難しくなります。 

ルームの使用 

ルームは一般に、デザインを回路図からPCBエディタに移すときに使用され、各ルームは、それぞれ回路図シートごとに定義されていま す。コンポーネントは各シート上にコンポーネントクラスとして定義されており、生成方法はプロジェクトの構成により定義されます。例えば、 プロジェクトに5種類のシートがあり、それぞれに特定のコンポーネントが含まれている場合です(ここでは、フラット設計と階層設計につい ては考慮しないものとします)。回路図がプロジェクトのPCBレイアウトに送られたとき、PCBレイアウトには、図1のように、シートで定義され たルームと、使用されている対応コンポーネントがそれぞれ含まれます。ECO生成後に、ルーム内に配置されていないコンポーネントについては、それらのコンポーネントに手作業でルームを定義するか、新しいルームにコンポーネントをドラッグできます。 

図1: シートにリンクされたコンポーネントにルームを生成します。
図1: シートにリンクされたコンポーネントにルームを生成します。

ルームの便利な点は、ルーム定義の設定によりルームとコンポーネントをロックできることです。図2のようにコンポーネントをルーム内にロックすると、 マウスを1回ドラッグしてルームの位置を変更するだけで、割り当てられた全 てのコンポーネントも一緒に移動できます。その後でロックを使用するとル ームを固定できます。これにより、オブジェクトを個別に移動したり、オブジェクトのグループを選択したりする面倒な手作業は不要になります。もちろん、 コンポーネントをロック解除して別々に位置を変更することも可能で、オブジェクトを1つだけ変更する必要がある場合にも柔軟に対応できます。 (※続きはPDFをダウンロードしてください)

今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!

最新の記事

PCBコンポーネントの在庫に関する問題を克服する方法 供給不足は今も昔も変わらぬ問題です。エレクトロニクスの世界では、特にそうでしょう。基板に使用するさまざまなコンポーネントの入手に苦労するのは、もううんざりです。しかも、基板そのものまでが手に入りにくくになっています。 電子部品が廃番になったり、在庫切れになったりすると、設計と製造に大きな遅れが出る恐れがあります。現在のサプライチェーンの遅れに加え、毎日平均で15件の製造中止の通知が発行されていることを踏まえると、コンポーネントの入手は骨の折れる仕事です。 このビデオでは、次のトピックについて紹介します: 必要な新しいコンポーネントをすばやく見つける 回路図から離れずに、コンポーネントの価格や在庫などを調べる 詳細なパラメーター データで検索して代替部品をすばやく見つける 古いまたは製造終了になったコンポーネントの使用を避けるために、ライフサイクル状態に関する警告を受け取る 完成したプロジェクト全体で問題があるコンポーネントの使用場所を特定する 今すぐAltium Designerの無償評価版をリクエストして、世界最高のPCB設計ソリューションをお試しください!ご不明な点などございましたら、お問い合わせフォームにご入力ください。 ビデオを見る
ホームに戻る