Uターンはしたくない: PCBのトレース配線に関するガイドライン

投稿日 December 21, 2017
更新日 December 26, 2020

都市の地図のレイアウト

 

自分が生まれ育った町の当時の姿を思い出すのは、お気に入りのテレビ番組のエンディングや、映画の名作が公開されてから何年も後に続編を観ることにとても似ています。私が育った町には碁盤目状のとても広い通りがあったため、繁華街でも縦列駐車をする必要がありませんでした。ただし、町はとても小さく、2人の運転手が車が一時停止して話をしていると渋滞が発生してしまいます。それは交通事故よりもよくある光景でした。久しぶりに故郷を訪れてみると、町は変わっていました。広い駐車スペースがなくなり、新しい車線が追加されていたのです。

 

隠喩的にも文字通りにとらえても、町は私が子どもの頃よりずっと新しくなっていました。確かに交通事故や渋滞は増えたものの、先見性のある都市計画によって、町が乱雑にならないように維持されています。PCBもこれと同じで、流れを妨げたり、エラーを引き起こしたりする重大な事故や失敗は、適切な計画によって回避できます。正しいPCB設計とは、単に交通警官を横断歩道に配備することにとどまりません。許容できるだけのスムーズなレベルで交通の流れを維持するには、必要になる電源回路とコンポーネントの接続についてかなり早い段階から把握して設計を進めなければなりません。

 

PCB設計のトレース配線では、都市計画と同じくらい注意が必要になります。不適切な配線が交通事故を起こしたり、何百人もの人々を仕事に遅刻させたりすることはありませんが、ショートを発生させることはあります。比較的交通量の少ない道路に無駄に長い信号があったり、交通量の多い交差点のそばに一時停止の標識がなかったりするのと同じように、間違ったトレース配線では半田接合の品質が損なわれるほか、内層のトレースがショートを引き起こすこともあります。トレース配線についてよく理解しておけば、発生する「交通量」に対応するPCBを設計できるようになります。

 

 

たくさんの信号機

この交差点のように配線しないでください。1つのノードに多くの接続がありすぎると、ショートの危険が高くなります。

 

PCBのトレース配線でブレーキを踏むタイミング

 

トレースの配線は、赤信号でも黄色信号でも青信号でもありません。ご存知のように、黄色信号に対する解釈は運転手によって違うため、より多くの要素がトレースに影響することになります。製造時と稼働時にショートが発生する可能性に影響を及ぼす要素は下記のとおりです。

 

  • トレース幅: 道路の幅を変更するのと同じように、トレース幅は流せる電流量に影響を及ぼします。小さな通りに新しい店が開店したときのように、オーバーロードはたくさんの問題を引き起こします。パッドに接続する前にトレースの幅を狭めると、それによって抵抗、付随する加熱、基板の損傷が増加します。概して、トレース幅を狭めるのは好ましくありません。

 

  • 接続: パッドやノードへの接続数を増やすと、ショートが発生するリスクが高くなります。分岐させたトレースはさらに近接する可能性が高くなり、より多くの角に電荷が蓄積することになります。さらに一般的である不均一な半田ペーストは、コンポーネントの傾きや半田ブリッジの原因になります。1つのパッドで多数のトレースを接続する必要のあるネットやオートルーターの出力については慎重に判断するようにしてください。

 

  • パッドのサイズ : パッドが大きくなるほど作業できる領域が拡大しますが、パッド間の距離も考慮に入れておく必要があります。ここでは半田ブリッジが発生しやすいですが、ギャップが大きいほど半田ブリッジが発生しにくくなります。

 

  • 一貫したサイズ: パッドとトレースのサイズを一貫させると、特に多層基板に対処している場合に、デザインルール チェックとエラールール チェックを想定通りに進めることができます。許可をもらう役所が面倒なように、特にいくつもの警告を修正する必要がある場合はルールが煩わしく感じますが、通常は後でもっと大きな問題が発生するのを阻止できます。

 

  • 角: トレースを急カーブさせると、電界の電位が増加する場所が作られます。優れた製造業者は角に対応できるものの、基板の稼働時のアーク放電やショートといった機能的なリスクが増加します。そのため、半径が大きくて丸みを帯びた角を使用するようにしてください。

 

クローバーの葉の形を成す高速道路の上空写真

高速道路のカーブと同様に、PCBのトレースでは鋭角を避けてください。これは、アーク放電のリスクを増加させ、ショートの発生につながるためです。

 

トレース配線のベストプラクティス

通常、道路の秩序を乱しがちな運転手は、その地域のことをあまりよく知らない人たちです。これと同じく、不適切な配線を行って基板をショートさせる可能性が高い設計者は、トレース配線についてきちんと理解していません。トレース配線に影響を及ぼすものについて把握しておくと、下記のベストプラクティスを理解、実践するのがはるかに簡単になります。その結果、基板がショートする可能性が軽減し、より望ましい機能性を確保できます。トレース配線に関して私が見つけたベストプラクティスは下記のとおりです。

 

  1. 配線を開始する前に、トレース幅と間隔に対する製造業者の制約事項を確認する
  2. 電流負荷に対して最適なトレース幅にする
  3. 幅の狭いトレースや間隔が必要でない場合は、幅を広げたデザインルールを使用する(そのほうが容易でコストも安い)
  4. トレースを短くして直接配線にする(…の場合は最も簡単)
  5. 基板上で関連するコンポーネントをグループ化する
  6. 配線では急カーブを避ける

 

交通事故が混雑した道路で起こりやすいように、トレース配線が多数ある領域では欠陥率が高くなる傾向があります。個々のトレースに付随するすべてのリスクが組み合わさると、すべてを狭いスペースに収めるために妥協を強いられることになります。部品の位置を最適化し、高密度の領域を最小限にするには、前もってレイアウトを計画しておくことが重要です。

 

高密度のトレース配線が必要な場合は、基板の性能に対処できる設計ツールを使用しなければなりません。その優れた選択肢は、指定した要件に合わせてデザインルールをカスタマイズできるAltiumのCircuitStudioでしょう。

 

設計プロジェクトに対応する優れたトレースを確保する方法やトレース配線の仕様に関する詳細については、アルティウムの専門家にお問い合わせください。

 

 

最新の記事

Altium Designerのベストプラクティス(パート2) - AltiumLive 2022 このセッションでは、ネットクラスやルールを使って設計意図を伝えるために回路図を使用する際のベストプラクティスをご紹介します。また、部品、ルール、ネットに優先順位とクラスを使用して、複雑な設計ルールを構築する方法も学習していきます。 ハイライト: 設計プロセスにおけるActiveBOM文書の活用 設計要件を理解 トランスクリプト: デビッド・ハバウド: 始めましょう。皆さん、ようこそ。デビッド・ハバウドです。Altiumでプロダクト・マーケティング・エンジニアをしています。本日は、Altium Designerのベストプラクティスをご紹介します。このプレゼンテーションは、「ベストプラクティス」に関する講演の第2部です。ですから、新規ユーザーの方や、ルール作成や情報提供の基礎から学びたい方は、先に「ベストプラクティス パート1」をまずご覧になることをお勧めします。 そこで今日はまず、PCBについて話す前に、回路図側からルールを定義することである「回路図ディレクティブ」について説明します。その後、PCBに話題を移した後は、複雑なルールの構築、ルールの複雑なスコープを作成するためのクエリ言語などの使用、優先順位付けがある場合の作業、違反に対する調和の構築、違反の対処方法などについてご説明します。 そこからは、設計レビューについても少しお話します。さまざまなステークホルダーがいる場合に、プロセスを少しでもスムーズにするためにできることがあります。このセクションでは、Altium 365でプロジェクトの作業をしながら説明します。プロジェクトはワークスペースでホストされます。そこから、出力ファイルの生成におすすめのファイルを紹介していきます。そして、これらの出力ファイルを手に入れたら、Altium 365ワークスペースのウェブインターフェースでもう一度確認し、すべての情報を製造業者に直接提供する方法について説明していきます。 それでは始めましょう。設計プロセスを開始する際に最初にすべきことは、設計要件を深く理解することです。新しい設計に取り組む際、要件を明確にするときに直面するいくつかの課題があります。 まず、一般的な要件を明確にしたら、それらがどのように相互作用するかを理解しなければなりません。例えば、エッジコネクタの場合、筐体の中にうまく収まるように、適切なクリアランスを確保する必要があります。また、ルールを明確にした後、違反が発生した場合、その違反を解決したり、必要に応じて免除したり、文書化したりすることは、非常に困難なことです。 ここで、検証が重要になってきます。これは、製造プロセスに移る前に、確実に設計意図を伝え、正確に処理されるようにするために、ルールを検証することです。そこで、これらの要件を満たしていることを関係者に証明するための文書を作成します。 そこで、設計要件について、3点ばかり重要なことをお伝えします。1つ目は同期です。設計はすべて2つの要素で構成されています。論理的な要件を明確にする回路図。コネクティビティはこの一例です。さまざまなネットクラスで差動ペアを定義します。このプレゼンテーションでは、ここに焦点を置きます。 もう1つは、PCB。定義した要件やルールが、実際のアプリケーションに反映されることになります。これらは、先程述べたように、筐体の適切なクリアランスや、インピーダンスプロファイルの適切な幅などが定義されていることが非常に重要です。 これらを明確にし、これらの要件が回路図かPCBか、どちらに影響を及ぼすかを把握したら、要件をルールにまとめるという次のステップに進みます。ここでは、部品のクリアランスなど、要求を分類する必要があります。その後、範囲を明確にします。範囲が適切に設定されていないルールを作成すると、意図したレベルの検証ができなくなるため、範囲設定は非常に重要です。そこで、同様に重要なのが優先順位付け。ルールには階層があります。これについても説明していきます。そして、設計要件を明確にする中で、次に取り組まなければならないのが、相反する範囲の削減です。 そこで、まずは「同期」について説明します。先に述べたように、設計プロセスにはいくつかの側面があります。私たちは、設計プロセスのすべての領域に適用される要件、対応するルールを作成します。先程お話ししたように、ルールの中でも、今日は、回路図ディレクティブに焦点を当ててお話ししていきます。回路図の選択肢としては、「差動ペア」「No ビデオを見る
ホームに戻る