無償評価版

無償評価版をダウンロードして、ニーズに最適なAltiumソフトウェアをお探しください

購入方法

設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

ダウンロード

PCB設計およびEDAソフトウェアの最新版をダウンロードしてください

  • PCB DESIGN SOFTWARE
  • Altium Designer

    回路図とレイアウトのための完璧な環境

  • CircuitStudio

    エントリーレベルで、プロ仕様のPCB設計ツール

  • CircuitMaker

    コミュニティベースのPCB設計ツール

  • NEXUS

    チームによる素早いPCB設計

  • クラウド プラットフォーム
  • Altium 365

    PCBデザインを製造業者と連携

  • COMPONENT MANAGEMENT
  • Altium Concord Pro

    Complete Solution for Library Management

  • Octopart

    膨大なデー タが蓄積された、使いやすいコンポーネントデータベース

  • 拡張機能
  • PDN Analyzer

    簡単に使用できるシンプルな電源分配ネットワーク解析

  • 全ての拡張機能を見る
  • エンベデッド
  • TASKING

    組込みシステム開発のための世界的に有名な技術

  • TRAININGS
  • ライブコース

    世界中から利用できる教育トレーニングでベストプラクティスを学びましょう

  • オンデマンドコース

    自宅や会社から出ずに幅広い知識を身につけられます

  • ONLINE VIEWER
  • Altium 365 Viewer

    View & Share electronic designs in your browser

  • Altium Designer 20

    ストレスを感じさせない、プロ用Native 3D™ PCB設計

    ALTIUMLIVE

    Annual PCB Design Summit

    • フォーラム

      Altiumユーザーや熟練設計者がお互いに情報を交換できる場所です

    • ブログ

      Altiumが関心を寄せ、できればユーザーにも関心を持ってほしい話題についてのブログです

    • アイディア

      新しいアイディアをお送りいただいたり、Altiumツールに組み込んでほしい新しい機能に投票したりできます

    • バグの報告

      バグを報告いただき、どのバグが重要かを投票していただくことで、ソフトウェアの改善に役立てます

    • イベント情報

      AltiumLiveへ参加していただき、イベントをフォローできます

    • ベータプログラム

      ベータプログラムへの参加やAltiumのツールへの早期アクセスに関する情報をご覧になれます

    すべてのリソース

    ブログの記事からソーシャルメディアや技術白書に至るまで、最新のコンテンツを検索できます

    ダウンロード

    ニーズに合ったダウンロードオプションをご覧ください

    購入方法

    設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

    • マニュアル

      各製品のマニュアルおよびバージョン情報などの詳細を閲覧頂けます

    • トレーニングとイベント

      世界中のあるいはオンラインのトレーニングイベントのスケジュールを確認し、登録できます

    • デザインコンテンツ

      コンポーネント、テンプレート、サンプルデザインなどを含む無料のデザインコンテンツで当社の膨大なライブラリを参照できます

    • Webセミナー

      オンラインでライブのWebセミナーに参加したり、オンデマンドのWebセミナーに簡単にアクセスできます

    • サポート

      Altiumからの各種のサポートやセルフサービスオプションにより、不明点や疑問を解決してください

    • 技術文書

      もれなく集められた技術白書により、技術および業界の最新動向を常に把握できます

    • ビデオ ライブラリ

      Altium Designer を素早く導入するためのチュートリアル ビデオを見る

    Altium 365により回路図が30日で完全に機能

    Judy Warner
    |  May 8, 2020
    Guy Sitting on Clouds

    Judy Warner: Velocity Research社では以前から、ベータグループの1社としてAltium 365でAltium Designerを活用されていますよね。またアルティウムは、御社とOpen Source Ventilator(OSV:オープンソースの人工呼吸器)プロジェクトとのこのたびの協業に際して、Altium 365プラットフォームで動作するAltium Designer 20.1およびAltium Concord Proのライセンスへのアクセスを御社のチームに提供することでサポートしています。Altium 365の環境で作業してみて、初めの頃の印象と、重要だと思ったことを教えてください。

    Dugan Karnazes: 人工呼吸器プロジェクトの前は、Altium 365をシングルユーザー設定で使用していました。これは整理整頓には役立つのですが、使用できる共同設計ツールを完全には活用していませんでした。追加のライセンスを受け取ってからわずか24時間後には、アップロードされた設計の作業が開始され、世界中の10人の設計者がその作業に取り組んでいました。4週間後には、サーバーに50人のユーザーが登録され、6つのPCBマルチボードプロジェクトがほぼ完成し、設計者、基板製造業者、プロジェクトマネージャー、およびアセンブリ業者がすべて、統合された同じ情報を使用して作業していました。すべての作業は、誰もが対面することなく行われました。デジタルツールは企業を成功に導くものであり、OSVチームと同じくらい迅速にこの人工呼吸器を設計するという点において、Altium 365は重要な要因でした。 
     
    Warner: Altium 365を使用したクラウドベースの環境で作業している今、初めてできるようになったことは何ですか?

    Karnazes: 私達にとって、クラウドベースのプラットフォームの最大の利点は、誰もが常に最新の情報に基づいて作業できることです。ドキュメントとコミュニケーションは既にクラウドベースです。最新の設計環境もそうである必要があり、Altium 365はそれをみごとに促進しています。今の業務環境では、物理的なオフィスをすべて閉鎖する必要があっても、設計環境がクラウドベースなので、ワークフローにはほとんど影響がありませんでした。私達のチームでは、在宅勤務への移行は円滑に行われました。クラウドベースのツールを使用することで、5人の社内チームから50人のグローバルチームに、あっという間に拡張できました。

    Warner: 御社は、グローバルチームを編成して、完全にオープンソースの救急用人工呼吸器を1か月で製作しました。世界中の見知らぬ人から成るグループが、Altium 365プラットフォームでうまく作業を進められるようにするのは、どのような感じでしたか? 

    Karnazes: Altium 365でクラウドの環境を立ち上げていたとき、私達が送信したボランティアのスキル評価調査に800人が回答してくれました。チームの編成は、Altium Designerに習熟している人をリストから検索し、メールを送信して、ユーザーとしてサーバーに追加するだけのことでした。10分で、多くの技術者がつながりました。セットアップはスイッチを押すだけのようなもので、すぐに、同じ言語でコミュニケーションを開始し、プロジェクトを進めることができました。

    Warner: コロナウイルス(COVID-19)の危機から徐々に抜け出し始めている中、Velocity Research社のエンジニアリングチームでの経験とオープンソースの人工呼吸器プロジェクトチームでの経験から、Altium 365に対する感想や、その最適な活用方法について教えてください。

    Karnazes: 急成長している会社の目標は、新しい責任を負えるよう常に自分を陳腐化することです。Altium 365に慣れるまでに約9か月かかりましたが、その後一晩で10倍ものユーザーを獲得しました。最も重要なことは、Altium 365は、ユーザーとともにシームレスに成長し、コミュニケーションの途絶や不足からユーザーを守るシステムであるということです。もう前の状態には戻れません。今の環境にすっかり夢中です。
     
    Warner: Altium 365に関して、他の設計技術者にアドバイス(または注意)するとしたら、どのような言葉をかけますか?

    Karnazes: ボトルネックを取り除けば、変化はあっという間です。そうなったとき、チームの他のメンバーが後れを取らないといいですね! 

    Warner: 最後に、Altium 365はユーザーを選ばないシステムでしょうか、それとも一部のユーザーや組織向けでしょうか?いずれにしてもその理由も教えてください。

    Karnazes: ライセンスが1つしかなかったときでも、非常に便利でした。PDFをメールで送信することはもうありません。ファームウェア技術者は、CAD環境がなくても、Webから信号をマッピングおよび追跡することができます。設計レビューが一層簡単になります。基板ごとにデータシートのライブラリを個別に維持する必要がありません。データシートはすべてブラウザから直接リンクされていますから。Altium 365の最大のポイントは、設計に取り組んでいる誰もが、質問と回答にかかる手間をなくせることです。

    Warner: Duganさん、お考えをお聞かせいただき、ありがとうございました。今後ともVelocityで成功なさることをお祈りします。また、人工呼吸器のプロジェクトの件、おめでとうございます!

    Karnazes: Judyさん、ありがとうございます。アルティウムの皆さんのサポートと励ましにも感謝いたします!
     

    Karnazes

     

    Ventilator Image

     

    Ventilator Image

     

    Ventilator Image

     

    Ventilator Image

     

    Ventilator Image

     

    Ventilator Image

     

    Ventilator Image

     

     

    About Author

    About Author

    Judy Warner has held a unique variety of roles in the electronics industry since 1984. She has a deep background in PCB Manufacturing, RF and Microwave PCBs and Contract Manufacturing with a focus on Mil/Aero applications in technical sales and marketing.
    She has been a writer, contributor and journalist for several industry publications such as Microwave Journal, The PCB Magazine, The PCB Design Magazine, PDCF&A and IEEE Microwave Magazine and is an active member of multiple IPC Designers Council chapters. In March 2017, Warner became the Director of Community Engagement for Altium and immediately launched Altium’s OnTrack Newsletter. She led the launch of AltiumLive: Annual PCB Design Summit, a new and annual Altium User Conference. Judy's passion is to provide resources, support and to advocate for PCB Designers around the world.

    most recent articles

    Back to Home