mmからmilへの単位の切り替えとその他のPCB設計に関連する測定プリファレンス

Altium Designer
|  投稿日 August 3, 2018  |  更新日 December 16, 2020

mmからmilへの切り替え時に使用する、両単位で測定できるものさしの画像

 

かつては、PCB設計者が使用する計測単位は、設計者がその時点で住んでいる場所によって異なっていました。標準的な計測単位は、次第にメートル単位になり始めましたが、問題は、多数の古いデータシートや設計にインチ単位が使用されていたことです。設計者は、常に2つの単位を変換するため、メモ帳、電卓、アスピリンをそばに備えなければなりませんでした。

設計者にとって画期的なサポートとなったのは、CADプログラムに、ソフトウェア内で計測単位を切り替える機能が組み込まれ始めたことです。これによって、手作業で変換する必要がなくなりました。Altium Designerは、ユーザがmmからmilに簡単に切り替えられるPCB設計システムの好例といえます。PCBを設計する場面では、このような柔軟性が、その他の多数のシステム設定やプリファレンスとともに、多くの時間を節約し、頭痛のタネを解消してくれます。時間の節約につながるこれらの機能について、簡単にご説明します。
 

回路図でのmmからmilへの切り替え

最初にAltium Designerを開くと、スナップグリッドに移る前に、回路図での作業のためにいくつかのプリファレンスを設定できます。これらのプリファレンスにアクセスするには、Altium Designerの右上隅にある、下図のようなギアアイコンをクリックします。開いている回路図シートのこれらのプリファレンスには、[Tools] プルダウンメニューから [Preferences] を選択してもアクセスできます。

 

mmからmilへの切り替え操作における、Altium Designerのプリファレンスボタンのスクリーンショット

Altium Designerで [Preferences] ダイアログを開く

 

[Preferences] ダイアログボックスでは、Altium Designerのさまざまなツールを最初に開いたときの動作を設定することができます。回路図において、シートテンプレートからPCBライブラリのコンポーネントへのズームイン方法にいたるまで、あらゆる動作を設定できます。測定単位については、下図のように、他の設定もできます。

 

mmからmilへの切り替え操作における、Altium Designerの回路図プリファレンスのスクリーンショット

Altium Designerの回路図プリファレンスの単位は、3か所で設定できます。

 

上図のように、Altium Designerでは、新しい回路図に対する単位プリファレンスを3か所で設定できます。1つ目は回路図のメインの単位で、[Preferences] ダイアログの [General] で設定できます。2つ目はグリッドの単位設定、3つ目はデフォルトのプリミティブの単位設定です。

ただし、回路図での作業中、プリファレンスで設定されている単位に限定されることはありません。[View] プルダウンメニューの [Toggle Units] コマンドを使用することで、作業しながら即座に手間なく単位を変更できます。下図の [View] プルダウンメニューの [Toggle Units] コマンドをよく見てください。「Units」の「U」に下線が引かれているのがわかります。これは、キーストロークでこの文字を入力しても、同様に単位を切り替えられることを示します。この場合、コマンドは [View] プルダウンメニューにあるので、単位を変更するには<V>+<U>を押す必要があります。

 

mmからmilへの切り替え操作における、Altium Designerの回路図の単位切り替えコマンドのスクリーンショット

[View] プルダウンメニューの [Toggle Units] コマンド

 

レイアウトでのmmからmilへの切り替え

Altium DesignerのPCBレイアウトでは、状況が少し異なります。以前のバージョンのAltium DesignerのPCBエディタでは、[Board Options] メニューで単位を変更していました。このメニューは [Properties] パネルに移動しました。このパネルには [Panels] ボタンからアクセスできます。もう1点お知らせしておくべきことがあります。Altium Designerは、測定単位系を指す語を、「Metric(メートル)」および「Imperial(インチ)」ではなく、「mm(ミリメートル)」および「mil(ミル)」に変更しました。

PCBエディタの測定単位を変更しようとしている場合や、インチ単位でコンポーネントやトレースを表示する必要がある場合は、基板オプションに移動する必要があります。基板の測定単位を変更するには、[Properties] パネルを開いて下部までスクロールします。下図のように、パネルの [Other] セクションに単位が表示されています。

 

mmからmilへの切り替え操作における、Altium Designerの [Properties] パネルのスクリーンショット

Altium Designerのレイアウトツールの [Properties] パネルでの単位切り替え

 

単位を変更すると、セッションウィンドウの左下隅に表示されている位置およびグリッドのデータが更新されます。下図を見ていただくと、ある測定単位を別の測定単位に切り替えるとデータが変わることを確認できます。このデータは、回路図エディタの同じ場所にも表示されます。

 

mmからmilへの切り替え操作における、Altium Designerの位置およびグリッドの表示のスクリーンショット

Altium Designerで使用中の単位の表示

 

Altium Designerのレイアウトツールの測定単位を変更するには、他にもいくつかの方法があります。下図のように、[View] プルダウンメニューの [Toggle Units] コマンドを使用できます。回路図同様、キーストロークのショートカットの組み合わせ<V>+<U>を使用して単位を変更することもできます。単位を変更するための、ほかのレイアウトオプションもあります。キーストロークのショートカット<Q>を使用する方法です。

 

mmからmilへの切り替え操作における、Altium Designerのレイアウトの単位切り替えコマンドのスクリーンショット

Altium Designerのレイアウトツールの [View] ≫ [Toggle Units]

 

Altium Designerの別の場所でも、同様に計測単位を変更できます。例えば、レイヤ構成マネージャでは、スタックアップの作成に使用されている単位を切り替えることができます。
 

生産性を高めるシンプルなコントロール

Altium Designerでは、作業中の単位のほかにも、作業環境を変更するための簡単なコントロールを多数用意しています。例えば、スナップグリッドの設定および切り替えで使用するスナップグリッドに対するさまざまなコントロールがあります。レイアウトでは、[View Configuration] パネルを使用してレイヤ表示のコントロールや切り替えが可能です。このパネルは、ショートカットキーの<L>を小文字で入力して簡単にアクセスすることができます。2Dと3Dを切り替えるには、下図のように [View] プルダウンメニューを使用するか、ショートカットキーの<2>または<3>を使用します。

 

mmからmilへの切り替え操作における、Altium Designerのレイアウトの2Dおよび3Dコマンドのスクリーンショット

Altium Designerでは2D表示と3D表示を簡単に切り替えることができます。

 

Altium Designerは、どのような操作をしていても、設計者の作業が楽になるよう構成されていることがおわかりいただけます。測定単位の簡単な切り替えはその一例です。Altium Designerを初めてお使いになる設計者の皆様にとって、このような構成がよいスタートを切るために役立つことがあれば幸いです。使用経験のない方は、Altium Designerが提供する機能についてご一読ください。Altium Designerが最も生産性に優れた強力なPCB設計ツールのひとつであることがおわかりいただけます。

PCB設計ソフトウェアとしてのAltium Designerは、作業を迅速化して生産性を高める、使いやすい機能を多数備えています。今後のPCB設計にAltium Designerの利用をご検討されており、さらに詳しくお知りになりたい方は、アルティウムのエキスパートにお問い合わせください。

筆者について

筆者について

Altium Designerは、回路・基板設計から基板製造・実装までの一貫したソリューションを単一の環境で提供するPCB設計総合プラットフォームです。

最新の記事

ホームに戻る