3D PCB設計ソフトウェア

Zachariah Peterson
|  投稿日 November 20, 2020
3D PCB設計ソフトウェア

フラット設計だけでなく、基板全体の設計が可能です。

細かな機構設計に対処するために、いまや複数の試作を作成する時間はありません。設計中は、PCB設計が他のハードウェアとともにシステムの筐体にどのように適合するかを完全に把握できる必要があります。3D PCB設計ソフトウェアを活用すれば、基板の回路図を最適に表示して、設計を最初の段階から正しく進めることができます。

3D設計ソフトウェアが実現する表示の改善

通常、使用できる設計スペースは技術の進歩に伴って小さくなります。航空宇宙であれ、IoTであれ、あらゆる分野の設計でPCBの密度が高くなり、ますます狭い空間に部品が詰め込まれるようになっています。納期も短かくなっていることを踏まえると、サイズや適合性、コネクタの配置をチェックするために、PCBの試作をいくつも設計している余裕はもはやありません。ここで必要なのは、コンピューター ベースの設計ツールを使ってコンポーネントの配置を確認しながら、基板のレイアウト作業を進められるようにすることです。とはいえ、環境に関連するさまざまな留意事項やマルチボード システムの要件に対応するために必要な可視化を、ソフトウェアでどのように実現できるでしょうか?

設計を3Dで表示してチェック

いろいろなソフトウェアツールを試している時間はありません。必要なのは、設計中に使用できるネイティブの3D表示とチェック機能です。3D PCB設計ソフトウェアを使用すべき理由の一部は次のとおりです。

PCB設計の3D表示

デザインをリアルタイムで表示、回転できることで、より効率的な作業を行えます。

3D PCB設計内での作業

PCBのコンポーネントが3D環境でどのように適合するか表示できるのは、最初の一歩にすぎません。2D表示で調整を行った後、簡単に3D表示に切り替えてスタックアップの状態を確認できるため、これまでよりもすばやくコンポーネントの配置について検討できます。不一致がある場所や部品を最適に配置する方法をリアルタイムで確認して、問題を効率的に解決することも可能です。では、PCBレイアウトでエラーを可視化して問題を明確にすることで、どのように回路設計の作業を向上できるでしょうか?

完全に機能する3D設計環境

配線に変更を加えるために、3D表示から離れる必要はありません。コンポーネントは3DのシミュレーションでPCBに配置できます。

PCB設計でのPDNAの3D表示

シミュレーションや解析のソフトウェアも、わかりやすい表示を念頭に搭載されています。

3D CAD設計ソフトウェアのダウンロード

作業を完了するために必要なツールやシミュレーターを大量にダウンロードする必要はもうありません。Altium Designerでは、通常の2D表示での作業を3D表示に切り替えて続行できます。統合された物理的な設計の検証にも対応しているため、外部のMCADシステムは不要です。今、PCB設計ソフトウェア以外に、いくつのツールを使用されていますか?

作業のすばやい完了を実現する直感的な設計ソフトウェア

Altium Designer 18の直感的なインターフェースでは、他のCADアプリケーションに切り替えることなく、3D環境で効率的に作業を進めることができます。

3D環境では、設計内容をリアルタイムで表示できるだけでなく、次の設計段階や基板同士の調和を明確に可視化することが可能です。設計をもっとわかりやすく表示して、コンポーネントがどこにどのように収まるかを把握したい場合は、Altiumの充実した3D PCB設計ソフトウェアへの移行をぜひご検討ください。

筆者について

筆者について

Zachariah Petersonは、学界と産業界に広範な技術的経歴を持っています。PCB業界で働く前は、ポートランド州立大学で教鞭をとっていました。化学吸着ガスセンサーの研究で物理学修士号、ランダムレーザー理論と安定性に関する研究で応用物理学博士号を取得しました。科学研究の経歴は、ナノ粒子レーザー、電子および光電子半導体デバイス、環境システム、財務分析など多岐に渡っています。彼の研究成果は、いくつかの論文審査のある専門誌や会議議事録に掲載されています。また、さまざまな企業を対象に、PCB設計に関する技術系ブログ記事を何百も書いています。Zachariahは、PCB業界の他の企業と協力し、設計、および研究サービスを提供しています。IEEE Photonics Society、およびアメリカ物理学会の会員でもあります。

最新の記事

Altium Roadshow 2022 Tokyo - Day 2 Altium Roadshow 2022は、アルティウム製品の最新動向およびテクノロジーを紹介するイベントです。リリースされたばかりのAltium Designer 22の新機能など、米国で年1度に開催するPCB設計サミット「AltiumLive」で紹介されるコンテンツをいち早くご案内します。第2日目は、マルチボード・プロジェクトのシステム設計、クラスやルームの概念に焦点をあてたベストプラクティス、ドキュメンテーション、MCADのコラボレーションについて紹介します。 このビデオでは次の内容について解説します: マルチボード・プロジェクトのシステム設計 Altium Designerを使用してMCADの制約を満たしながら基板間インターフェースを実現する方法を示しながら、複数のPCBのシステム設計と実装について深く掘り下げます。 Altium Designer ベストプラクティス (Part 2) このセッションでは、クラスやルームの概念を駆使することにより設計要件を予め整理し、デザインルールへ落とし込む工程について紹介します。さらに各ルールの複雑な標的の設定やそれぞれの優先順位付けを構築し、検証する方法を解説します。またOutput Jobsを介してのActiveBOM、Draftsman、部品座標データや 基板製造ファイルの設定、及びAltium 365 Workspaceにおける最終的な製造へのリリース用ファイルの生成にも焦点をあてます。 製造と実装のためのドキュメンテーション ビデオを見る
Altium Roadshow 2022 Tokyo - Day 1 Altium Roadshow 2022は、アルティウム製品の最新動向およびテクノロジーを紹介するイベントです。リリースされたばかりのAltium Designer 22の新機能など、米国で年1度に開催するPCB設計サミット「AltiumLive」で紹介されるコンテンツをいち早くご案内します。第1日目は、シミュレーション、回路設計機能に焦点をあてたベストプラクティス、コンポーネントライブラリについて紹介します。 このビデオでは次の内容について解説します: Altium Designer 22の紹介 このセッションでは、Altium Designer 22のエキサイティングな改良点についてご案内します。シミュレーション結果/測定の改善、デザインルールに含まれるデジグネータの自動更新、IPC-4761経由のサポート、Draftsmanの改善、回路図のクロスリファレンス、トレースグロスなどが含まれます。 シミュレーションを用いた設計分析 本セッションでは、動作点、AC/DCスイープ、波形表示/編集を伴う過渡状態シミュレーションのための更新フローと回路セットアップを紹介します。 Altium Designer ベストプラクティス (Part 1) 本セッションでは、回路設計を階層的にトップダウンまたはボトムアップで構成することのメリットと、回路図ディレクティブとPCBプランニングが基板レイアウトに与える影響についてレビューします。さらに、回路図ではなくPCBにてクラスを作成することの危険性についても言及します。 ビデオを見る
ホームに戻る