Altium Designerの無料PCB ViewerでCAD図面を表示

Zachariah Peterson
|  投稿日 March 8, 2021
Altium Designerの無料PCB ViewerでCAD図面を表示

Altium Designerの無料PCB Viewer(期間限定)を使用すると、PCB設計とCADソフトウェアの連携がさらにすばやく容易になります。CADの図面を表示できる優れたソフトウェアでは、作成したすべての設計ファイルに読み取り専用で安全にアクセスし、チームのメンバー全員が便利なツールで共同作業できます。ここでは、回路図、PCBフットプリント、BOM、製造ファイルを使用しながら、設計プロセスの次の作業について連絡できます。これにより、フットプリントの作成、コンポーネントの配置、オブジェクトのプロパティの定義、レイヤースタックアップの構築、デザインルールの適用に必要なリソースをより効率的に使用できるようになります。

Altium Designer

豊富なシミュレーション機能など、豊富な設計ツールが用意されているPCB設計ソフトウェア パッケージ

PCB設計を成功させるためには、チームのメンバーとコンピューターベースの設計ツールの連携が不可欠です。大規模なプロジェクトでは、予定どおりに予算内で製品を市場投入するために、異なる場所にいる何百人もの設計者や技術者、製造担当者、サプライチェーンのスタッフが協力して仕事を進めます。多忙なスケジュールを踏まえると、共同作業の促進とCADファイルへの容易なアクセスを可能にする直感的なツールが必要です。

ただし、こうした共同作業を実現するためには、多くの問題を克服する必要があります。チームメンバーにはメールのメッセージや連絡に使ったメモなどをかき分けながら、問題を解決したり設計内容を見直したりする時間はありません。追跡システムが整備されていない場合は、設計データの複数のバージョンへの対処という問題に直面することになります。優れたCAD viewerやモデリングソフトウェアがあれば、それぞれの部門で同じフォーマットを使用しているように連携できます。

統合設計環境によって時間とコストを節約することに焦点が置かれている基板設計CADのAltium Designerでは、すべての設計者が基板への変更を同時に確認できます。同じ回路図、PCBレイアウト、選択したコンポーネントを表示できるため、異なる画面を見ていることで発生する問題を削減することが可能です。また、PCB Viewerの管理されたプロジェクト機能では、スムーズなコミュニケーションと共同作業が実現します。プロジェクトで同じソースを使用できるため、データの整合性も確保されます。また、変更管理も採用されているため、承認された変更だけをチームの全員が確認できます。PCB Viewerに搭載されている機能は、システム全体で一貫性を維持し、設計のライフサイクルでの標準化アプローチを推進することに役立ちます。

設計プロジェクトを容易に進めるためのドキュメント

無料PCB Viewerでは、チームの全員が1つのドキュメントや複数ページの設計製品ドキュメントを使用したり、デザインワークスペースでグループ化された複数のCADモデルを同時に表示したりすることができます。たとえば、PCB Viewerのドキュメントエディターでは、回路図、PCB、ガーバー、OpenBus、CAM、OutJobのドキュメントを表示できる一方、テキストエディターでは、組み込まれたソースファイル、VHDLファイル、スクリプトファイルを確認できます。

Altium DesignerのPCB Viewerが他社ツールと異なる点は、その簡素性と機能性です。チームのメンバーは、どこにいても適切なコマンドを使って、ドキュメント、プロジェクト、デザインワークスペースを開けます。また、ドキュメント、プロジェクトファイル、デザインワークスペースファイルをドラッグして、PCB Viewerに直接ドロップできます。また、オブジェクトのプロパティを選択、表示、拡大できるほか、レポートの作成や印刷にも対応しています。許可されるのは閲覧のみで編集はできないため、正確なドキュメントが確実に維持されます。

回路図エディターのメインのデザインウィンドウでは、設計プロジェクトの基礎を成す回路図シートを確認、印刷できます。また、このエディターだけで利用できるメニューやツール、機能も提供され、電気的な違反や製図の違反のチェック、レポートの作成、質の高い回路図の作成に活用できます。Altium Designerの優れた回路図編集ツールでは、シートに含まれるオブジェクト間の物理的なつながりが認識され、複数のシート間の論理的な接続が確立されます。公開された回路図は、メインのデザインウィンドウにタブ形式で表示されます。

出力ファイルの管理が可能なPCB Viewer

  • 高度な機能性が確保されているPCB ViewerのPCBエディターでは、使いやすいツールや機能を使って、PCB設計のチェックのほか、レポートや実装図の作成を行えます。PCBドキュメントが有効になった後は、PCBエディターのメインの設計ウィンドウでデータを2Dモードと3Dモードの両方で表示できます。公開されたPCBドキュメントは、このウィンドウにタブ形式で表示されます。
    無償評価版を利用できるAltium DesignerのPCBエディターの詳細については、こちらをご覧ください。
  • 設計チームは、PCBの設計と製造を結びつけるガーバーファイルをいつでも使用できなくてはなりません。PCBエディターでは、ガーバーファイルを元のデザインに変換する機能があり、その後に読み込んだファイルは、PCB Viewerで閲覧できます。そのため、チームの全員が読み取り専用のドキュメントに安全にアクセスし、設計を見直したり、同僚から貴重な意見をもらったりできます。
    Altium Designerが実現する容易な製造出力ファイルの作成方法については、こちらをご覧ください。 
  • 無料のPCB Viewerでは、公開されている出力ジョブ設定ファイルから入手したさまざまなレポートやプリントアウトを使用できます。こうしたレポートとしては、BOMやコンポーネントの相互参照などの主要な出力が挙げられます。この機能では、レポート、実装図、合成画、PCBのプリント、回路図のプリント、合成ドリルドローイング/ガイド、パワープレーンのプリント、最終アートワークのプリントなど、多数の図面やプリントを表示、作成できます。ファイルで定義される出力ジョブエディターと出力生成機能では、製造と設計に関する情報にアクセスできます。このエディターでは、出力の機能と事前定義された出力生成機能を反映するカテゴリーに出力ジョブファイルが分類されます。
    Altium Designerの出力ジョブエディターの詳細については、こちらをご覧ください。(※英語)

 Altium Designerでの回路設計

回路基板の出発点

要求に応じたプロジェクト統合のカスタマイズ

PCB Viewerのワークスペースパネルには、情報や制御機能が表示されます。中央のパネルで設計に関する情報を確認すれば、効率的なオンラインのワークフローを確立できるようになります。コンピューターベースの設計/製図ツールでは、Altium Designerで検証済みの100社を超えるサプライヤーの部品情報など、基板に関するすべての情報が1つの便利な場所にまとめて表示されます。CAD viewerや関連するCADファイルは、設計を最終的な製造段階に進めるのに役立ちます。

プロジェクトの規模にかかわらず、各パネルでは特定のドキュメントエディターごと、またはシステム全体で制御機能や関連情報を表示できます。ドキュメントウィンドウ、パネル、ツールバーを設計環境に合わせてカスタマイズし、ご自身のデスクトップレイアウトとして保存することもできます。たとえば、プロパティパネルからオブジェクトの属性やパラメーターにアクセスできるようにすることも可能です。また、ライブラリパネルでは、コンポーネントの検索と配置をすばやく実行できます。

リアルタイムのコストに関する意思決定の迅速化

  • 大規模なPCB設計プロジェクトで意思の疎通を図る鍵は、正確な情報でしょう。Altium Designerの無料PCB Viewerでは、チームの全員がサプライヤー検索パネルからサプライヤーのデータをライブ検索できます。ここでは、サプライヤーの部品に関連するキーワードを入力して [Search] を選択すると、検索条件に一致するすべての部品が、結果領域に表示されます。また、高度なフィルター機能も用意されています。ライブ検索では、コンポーネントの価格や陳腐化などの情報をリアルタイムで追跡、確認できるため、これまでよりもすばやく意思決定を行えるようになります。また、リアルタイムのサプライヤーリンクでは、評判のよいサプライヤーが提供する部品の正確な価格、数量、パラメーター情報を確認できます。
  • PCB Viewerでは、サプライヤーのwebサービスを直接、利用できます。ここでは、対応しているサプライヤーのデータベースを検索して結果を確認できます。Altiumアカウントにログインする必要はありません。複数のサプライヤーにアクセスして製品や価格を比較すれば、コストの節約にもつながります。 システムでサプライヤーを有効にするだけで設定ダイアログのサプライヤーページが開き、PCB Viewerからサプライヤーのデータベースを検索できます。サプライヤーデータへのライブリンクではアクセスが制限されているため、別のサプライヤーリンクが作成されたり、サプライヤーデータがインポートされたりすることはありません。
    Altium Designerが提供しているサプライヤーデータの詳細については、こちらをご覧ください。
  • Altium DesignerのPCB Viewerでは、情報が一元化されるため、Altium Vaultへ便利にアクセスできます。また、PCB Viewerでは、コンポーネント情報が同期され、それと同時に回路図シンボル、PCBフットプリント、BOMの登録に加えられた変更が反映されます。包括的な統合という目標は、Altium Designerの無料PCB Viewerで実現します。
    Altium Designerの無料PCB Viewerの詳細については、こちらをご覧ください。

 Altium Designerで提供される統合設計環境

連携を促進する設計ツール

設計の見直しにかかる時間を短縮する使いやすいツール

設計チームには、電子製品の全ライフサイクルに対応するツールが必要です。Altium DesignerのPCB Viewerでは、デザインをすぐに見直しできるため、同僚からすぐにフィードバックを受けられます。PCB Viewerでは、基板設計者、技術者、機械設計者、製造担当者、CADライブラリ管理者など、チーム内のすべてのメンバーに同じアクセス権が付与され、効率的で完全な1つのワークフローが確立されます。Native 3Dによる設計では、PCBを可視化して機構設計のフローをPCB設計に統合できます。

設計データへの読み取り専用の容易なアクセスに加え、PCB Viewerでは、Altium Designerで作成したドキュメントや設計プロジェクトの印刷、クロスプローブ、検証も行えます。

統合によって誕生した強力なPCB設計ソフトウェア

CADモデルを安全に維持しながら、設計をすばやく簡単に編集できます。最新の製図/モデリングソフトウェアは単なるアプリケーションではありません。Altium Designerでは、専門的なCADモデルが提供されています。また、DXFファイルのインポートなど、必要なファイルを完全に統合することも可能です。

Altium Designerの無料PCB Viewerは、「タダより高いものはない」という格言を根底から覆し、共同作業とサービスの意味を大きく変えています。登録したアカウントでAltiumにログインすると、AltiumLiveコミュニティサイトでPCB Viewerをダウンロードしていただけます。アカウントがない場合は、[Create Account] から作成できます。

筆者について

筆者について

Zachariah Petersonは、学界と産業界に広範な技術的経歴を持っています。PCB業界で働く前は、ポートランド州立大学で教鞭をとっていました。化学吸着ガスセンサーの研究で物理学修士号、ランダムレーザー理論と安定性に関する研究で応用物理学博士号を取得しました。科学研究の経歴は、ナノ粒子レーザー、電子および光電子半導体デバイス、環境システム、財務分析など多岐に渡っています。彼の研究成果は、いくつかの論文審査のある専門誌や会議議事録に掲載されています。また、さまざまな企業を対象に、PCB設計に関する技術系ブログ記事を何百も書いています。Zachariahは、PCB業界の他の企業と協力し、設計、および研究サービスを提供しています。IEEE Photonics Society、およびアメリカ物理学会の会員でもあります。

最新の記事

Altium Roadshow 2022 Tokyo - Day 2 Altium Roadshow 2022は、アルティウム製品の最新動向およびテクノロジーを紹介するイベントです。リリースされたばかりのAltium Designer 22の新機能など、米国で年1度に開催するPCB設計サミット「AltiumLive」で紹介されるコンテンツをいち早くご案内します。第2日目は、マルチボード・プロジェクトのシステム設計、クラスやルームの概念に焦点をあてたベストプラクティス、ドキュメンテーション、MCADのコラボレーションについて紹介します。 このビデオでは次の内容について解説します: マルチボード・プロジェクトのシステム設計 Altium Designerを使用してMCADの制約を満たしながら基板間インターフェースを実現する方法を示しながら、複数のPCBのシステム設計と実装について深く掘り下げます。 Altium Designer ベストプラクティス (Part 2) このセッションでは、クラスやルームの概念を駆使することにより設計要件を予め整理し、デザインルールへ落とし込む工程について紹介します。さらに各ルールの複雑な標的の設定やそれぞれの優先順位付けを構築し、検証する方法を解説します。またOutput Jobsを介してのActiveBOM、Draftsman、部品座標データや 基板製造ファイルの設定、及びAltium 365 Workspaceにおける最終的な製造へのリリース用ファイルの生成にも焦点をあてます。 製造と実装のためのドキュメンテーション ビデオを見る
Altium Roadshow 2022 Tokyo - Day 1 Altium Roadshow 2022は、アルティウム製品の最新動向およびテクノロジーを紹介するイベントです。リリースされたばかりのAltium Designer 22の新機能など、米国で年1度に開催するPCB設計サミット「AltiumLive」で紹介されるコンテンツをいち早くご案内します。第1日目は、シミュレーション、回路設計機能に焦点をあてたベストプラクティス、コンポーネントライブラリについて紹介します。 このビデオでは次の内容について解説します: Altium Designer 22の紹介 このセッションでは、Altium Designer 22のエキサイティングな改良点についてご案内します。シミュレーション結果/測定の改善、デザインルールに含まれるデジグネータの自動更新、IPC-4761経由のサポート、Draftsmanの改善、回路図のクロスリファレンス、トレースグロスなどが含まれます。 シミュレーションを用いた設計分析 本セッションでは、動作点、AC/DCスイープ、波形表示/編集を伴う過渡状態シミュレーションのための更新フローと回路セットアップを紹介します。 Altium Designer ベストプラクティス (Part 1) 本セッションでは、回路設計を階層的にトップダウンまたはボトムアップで構成することのメリットと、回路図ディレクティブとPCBプランニングが基板レイアウトに与える影響についてレビューします。さらに、回路図ではなくPCBにてクラスを作成することの危険性についても言及します。 ビデオを見る
ホームに戻る