無償評価版

無償評価版をダウンロードして、ニーズに最適なAltiumソフトウェアをお探しください

購入方法

設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

ダウンロード

PCB設計およびEDAソフトウェアの最新版をダウンロードしてください

  • PCB DESIGN SOFTWARE
  • Altium Designer

    回路図とレイアウトのための完璧な環境

  • CircuitStudio

    エントリーレベルで、プロ仕様のPCB設計ツール

  • CircuitMaker

    コミュニティベースのPCB設計ツール

  • NEXUS

    チームによる素早いPCB設計

  • クラウド プラットフォーム
  • Altium 365

    Connecting PCB Design to the Manufacturing Floor

  • COMPONENT MANAGEMENT
  • Altium Concord Pro

    Complete Solution for Library Management

  • Octopart

    膨大なデー タが蓄積された、使いやすいコンポーネントデータベース

  • 拡張機能
  • PDN Analyzer

    簡単に使用できるシンプルな電源分配ネットワーク解析

  • 全ての拡張機能を見る
  • エンベデッド
  • TASKING

    組込みシステム開発のための世界的に有名な技術

  • TRAININGS
  • ライブコース

    世界中から利用できる教育トレーニングでベストプラクティスを学びましょう

  • オンデマンドコース

    自宅や会社から出ずに幅広い知識を身につけられます

  • ONLINE VIEWER
  • Altium 365 Viewer

    View & Share electronic designs in your browser

  • Altium Designer 20

    ストレスを感じさせない、プロ用Native 3D™ PCB設計

    ALTIUMLIVE

    Annual PCB Design Summit

    • フォーラム

      Altiumユーザーや熟練設計者がお互いに情報を交換できる場所です

    • ブログ

      Altiumが関心を寄せ、できればユーザーにも関心を持ってほしい話題についてのブログです

    • アイディア

      新しいアイディアをお送りいただいたり、Altiumツールに組み込んでほしい新しい機能に投票したりできます

    • バグの報告

      バグを報告いただき、どのバグが重要かを投票していただくことで、ソフトウェアの改善に役立てます

    • イベント情報

      AltiumLiveへ参加していただき、イベントをフォローできます

    • ベータプログラム

      ベータプログラムへの参加やAltiumのツールへの早期アクセスに関する情報をご覧になれます

    すべてのリソース

    ブログの記事からソーシャルメディアや技術白書に至るまで、最新のコンテンツを検索できます

    ダウンロード

    ニーズに合ったダウンロードオプションをご覧ください

    購入方法

    設計環境を改善するには、お近くの営業所にお問い合わせください

    • マニュアル

      各製品のマニュアルおよびバージョン情報などの詳細を閲覧頂けます

    • トレーニングとイベント

      世界中のあるいはオンラインのトレーニングイベントのスケジュールを確認し、登録できます

    • デザインコンテンツ

      コンポーネント、テンプレート、サンプルデザインなどを含む無料のデザインコンテンツで当社の膨大なライブラリを参照できます

    • Webセミナー

      オンラインでライブのWebセミナーに参加したり、オンデマンドのWebセミナーに簡単にアクセスできます

    • サポート

      Altiumからの各種のサポートやセルフサービスオプションにより、不明点や疑問を解決してください

    • 技術文書

      もれなく集められた技術白書により、技術および業界の最新動向を常に把握できます

    • ビデオ ライブラリ

      Altium Designer を素早く導入するためのチュートリアル ビデオを見る

    絶縁型電源と非絶縁型電源: 確実で正しい選択

    Zachariah Peterson
    |  March 9, 2018
    電力供給

    PCB設計者として働くうちには、規制機関の指示に従う必要がある場合もあります。医療、自動車、軍事、その他のいずれの分野でも、設計は必ず精査され、非常に厳しい規格に縛られます。通常、これらの規制を受ける場合、電源の絶縁(または非絶縁)は非常によく問題になります。 

    電源の絶縁は、基本的には文字どおり、電力供給対象回路の残りの部分から電源を分離することです。電源の絶縁は、明白な理由からこれらの規制機関の間で、特に医療分野において一般的です。非絶縁型電源で医療用プリント基板に電力を供給すると、危険な電気ショックが電源を通して伝わるリスクが高まり、ユーザーに(おそらく患者にも)危害が及ぶ可能性があります。

    絶縁型電源と非絶縁型電源についての理解(電圧低下が起こり得る場所、これらの電源を最適に動作させる方法)を深めることで、ユーザーに危害を与えずまた故障せず確実に動作する機器を滞りなく開発できるようになります。さあ、次の手術が行われる前にこれらの規制を十分に検討しましょう。 

    絶縁型電源

    繰り返しになりますが、絶縁型電源とは文字どおり、電力供給対象の回路の残りの部分から電気的に分離された電源です。これらの絶縁型電源の多くに対する「障壁」は、変圧器の使用によってもたらされます。 

    変圧器は、本質的には非常に大きな磁石です。この磁石は通常、交流電流を入力として、下流の要件に応じて電圧を上げ下げすることを目的としています。絶縁の利点は、この磁石が文字どおり磁気を帯びた防護壁の働きをすることです。それにより、変圧器を通過しようとする大きなサージ電流が遮られます。そのため、変圧器の下流に接続されたものが保護、つまり「絶縁」されます。

    前述のように、絶縁型電源は多くの場合、規制が厳しい業界で必要とされます。しかし、絶縁するために大きな磁石を使用するケースが大半であることから、スペースを確保する要件は難しくなります。ただし、多くの場合、使用時に感電の危険があるデバイスよりも大きくても絶縁されて安全なデバイスを選ぶでしょう。

    これらの絶縁型電源を使用した場合のもう1つの注意事項は、効率という形で現れます。これらの変圧器は、非絶縁型電源ほどは効率的でないというだけではありません。この非効率性は、変圧器自体の物理特性に起因しています。鉄心を「手段」として使用すると、金属を通じて空気中に熱が放散されるため、エネルギーの一部が失われてしまうことに注意する必要があります。

    電源変圧器
    絶縁型電源では、通常、このような変圧器を使用します。

    非絶縁型電源

    基板から電源を絶縁する手段が明らかになりましたので、設計チェーンから変圧器を取り出すと絶縁型電源がただちに非絶縁型電源になることは、予想外ではありましたがかなり明白になりました。これらの電源は通常ICチップを使用して電力を安定化しています。

    電源を絶縁しない基板設計は、特に規制機関の規制がない分野では一般的です。しかし、設計プロセスを通じてエンドユーザーを考慮することを強くお勧めします。電源の動作に異状をきたし、すぐには忘れられないほどの電気ショックを大切なお客様に与えることで引き起こされる裁判沙汰の1つや2つは減らせるかもしれません。

    これらの非絶縁型電源の設計の利点は多々あります。何よりも、筐体内に大きな磁石を設置する必要がないため(絶縁型電源に比べて)空間的な余裕が増えます。[ご注意: アルティウムは、あらゆる変圧器に対応可能です。アルティウムはどのような形状とサイズの磁石にも対応します。]

    過負荷回路
    非絶縁型電源は、設計の間、常に感電の危険があります。

    冗談はさておき、繰り返しになりますが大きく効率の悪い磁石を使用する必要がないため、電源の効率の向上からさらなる利益を得ることができます。これらの磁石は、最近は人気があるようには思えません。これらの非絶縁型ユニットの多くは95パーセントの効率を十分達成できます。

    それらの非絶縁型電源を絶縁型電源(場合によっては互いに物理的に分離しています)の下流に配置することが一般的に行われていることは注目に値します。これは、やや複雑ではありますが、安全要件をクリアする適切な保護を実現できるという利点があります。この1つの例として、下流の少数の機器(非絶縁型)に電力を供給する独立した医療用電源(絶縁型)があります。

    それで、結局どちらが適しているのでしょうか?

    事実、恩恵、用途をご紹介しましたが、どちらのタイプがご自分の用途に適しているか分かりましたか?これは、おそらく少数の具体的な要因によって決まりますが、コインのどちらかの面を得るために多くの選択肢があることは明らかです。

    絶縁型電源では、他で必要とされるスペースの多くを諦める必要があり効率もやや低下するが保護が可能になり、非絶縁型電源では空間的余裕と効率を得られるが保護をあきらめるという(潜在的な危険を伴う)代償を払う必要があるという事実は、選択すべきものを知識に基づいて判断するための十分な情報を提供します。

    Altium Designerのような基板設計CADは、絶縁型/非絶縁型電源の設計と配線に非常に便利です。電流密度解析ツール、PDN Analyzerのような優れた機能を使用すると、設計のどの部分の電源分配も詳しく解析できます。

    どちらの電源設計が適しているかさらに詳細をご希望の場合、今すぐ電流密度解析ツールPDN Analyzerの無償評価版をリクエストしましょう!

     

    About Author

    About Author

    Zachariah Peterson has an extensive technical background in academia and industry. Prior to working in the PCB industry, he taught at Portland State University. He conducted his Physics M.S. research on chemisorptive gas sensors and his Applied Physics Ph.D. research on random laser theory and stability.His background in scientific research spans topics in nanoparticle lasers, electronic and optoelectronic semiconductor devices, environmental systems, and financial analytics. His work has been published in several peer-reviewed journals and conference proceedings, and he has written hundreds of technical blogs on PCB design for a number of companies. Zachariah works with other companies in the PCB industry providing design and research services. He is a member of IEEE Photonics Society and the American Physical Society.

    most recent articles

    Back to Home