電子部品データの監視を自動化する方法

Zachariah Peterson
|  投稿日 April 1, 2021  |  更新日 April 2, 2021
電子部品データ

電子部品について考えるとき、その仕様、場合によってはフットプリントやSTEPファイルについて考えるのは当然です。仕様やCADデータよりも多くのデータがコンポーネントに添付されているため、設計を欠陥なく作成、調達、製造できるように、すべてのデータを監視する必要があります。サードパーティサービスを使用したり、コンポーネント製造業者のWebサイトからデータを取得したりするのではなく、 Altium Designerのユーザーはより強力なオプションを使用してコンポーネントデータを常に最新の状態に保つことができます。

電子部品データの監視

ほとんどの設計者は、おそらくPCBライブラリの基本的な構造に精通しています。主なコンポーネントは、MPN、フットプリント、回路図シンボル、場合によってはシミュレーションファイルです。一部のコンポーネントでは、これらのデータが変更される危険性はありませんが、他にも変更される可能性のあるデータがあります。つまり、価格です。電子部品サプライチェーンはダイナミックな市場で、価格はいつでも変化します。価格設定は需要と注文の規模に基づいており、価格の小さな変更は価格設定の大きな違いになる可能性があります。

  • 在庫およびリードタイム:価格がすぐに変わるのと同じように、在庫やリードタイムも変化します。新しい設計でコンポーネントを使用したい者はいません。製造週のリードタイムが26週だと知るだけですから。
  • フットプリントおよびSTEPモデル:基板レイアウトで使用されるフットプリントおよびSTEPモデルは、さまざまな理由で変更される可能性があります。CADモデルに製造業者による修正が必要なエラーがあり、基板レイアウトでこれらを更新する必要がある場合があります。
  • ライフサイクル:一部のコンポーネントは製造から数年以内に廃止されるため、新しいバージョンに置き換える必要があります。

コンポーネントに関するこの情報を早期に集め、定期的に更新できる場合、再デザインのリスクが低くなり、コンポーネントの最新のサプライチェーン情報を常に入手できます。Altium Designerのユーザーは、コンポーネントを最新の状態に保つために使用できるいくつかの機能に慣れている可能性があります。

製造業者部品の検索パネル

Altium Designerで作業している場合、製造業者部品の検索パネルで部品番号を検索して、コンポーネントの更新を見つけることができます。これは、バリアントの比較、在庫の表示、価格の迅速な取得を行うための便利な方法ですが、CADモデルなどの他の部品データを自動的にチェックしたり、ライブラリに重複を置いたかどうかを確認したりはできません。しかしながら、ライブラリおよび基板レイアウトで交換する必要がある部品を見つけたら、製造業者部品の検索パネルを使用して、コンポーネントをすばやく検索し、最新の部品と交換することができます。

製造業者部品の検索、電子部品データ
The Manufacturer Part Search Panel automates data collection for your components and shows you important sourcing data.

ActiveBOM

生産の準備ができたら、ActiveBOMを使用して、コンポーネントの調達上の問題の概要をすばやく確認できます。これは、古い設計を生産工程に向けて準備する際の調達に最適ですが、CADデータが更新されたかどうかを自動的にチェックできないため、理想的ではありません。設計者の中には、製造およびアセンブリの準備を開始するときに、デザイン段階の最後にActiveBOMを使用する者もいります。それでも、ActiveBOMを早期に使用すると、基板レイアウトの作成を開始する前に、在庫切れコンポーネントと廃止/製造中止コンポーネントを特定でき、すべて自動的に実行されます。

Octopart(電子部品検索エンジン)

通常は新しい部品の購入に使用されますが、Octopartは上記のすべての領域のコンポーネント情報のための優れたリソースです。特に重要なのは、ライフサイクル、価格、在庫です。これらはすべてOctopartの検索結果に含まれています。

Octopartの電子部品データ
You can use Octopart’s search results to see updated component information.

開発者は、Octopart APIと統合して内部部品データベースを更新する軽量のWebアプリケーションを構築できます。これにより、PythonスクリプトやDjangoを簡単に処理できます。基本的なWebページを作成して、Octopartのデータを使って部品を監視し、内部データを更新することができます。これをAltium 365 Workspaceに同期すると、コンポーネント領域のすべての部品が最新の情報で更新されます。プロジェクトをAltium Designerでチェックアウトすると、プロジェクト内の部品データが最新の情報で更新されます。

Altium 365の情報

Altium DesignerのAltium 365、ActiveBOM、および製造業者部品の検索パネルは、Octopartからすでにデータを取得しています。しかしながら、すべてのデータが異なる方法で表示されるため、複数のチームメンバーがそのすべてのデータを1か所で確認することは困難です。Altium 365には、調達データ、技術データ、およびCADデータに関する重要なチェックを1つのウィンドウに表示する新機能が追加されました。

コンポーネントの正常性レポート

Altium 365は、コンポーネントの正常性レポートを使用して、電子部品データの監視に新しいレベルの自動化を実現します。すべてのAltium Designerユーザーは、 WebブラウザによってAltium 365 Workspaceからこのウィンドウにアクセスできます。ダウンロードする追加のアプリケーションはありません。次の画像は、Altium 365 Workspaceのコンポーネントの正常性レポートの例を示しています。

電子部品データAltium 365
Data can be shared at the individual user level or the Role level in Altium 365.

コンポーネントの正常性レポートを実行するときは、次の点に注意する必要があります。

  • 管理対象コンテンツのみ:コンポーネントの正常性レポートは、Workspaceに移行されたコンポーネント、またはWorkspaceでホストされているプロジェクトに存在するコンポーネントでのみ実行されます。ローカルマシンのライブラリにあるコンポーネントは、Altium 365に移行されない限りスキャンできません。
  • 使用済みコンポーネントと未使用コンポーネント:コンポーネントの正常性レポートは、管理対象PCBプロジェクトで使用されているコンポーネントにのみ限定できます。
  • データソース:Altium 365のサブスクリプションレベルに応じて、コンポーネントの正常性レポートを実行するためにさまざまなデータソースを使用できます。標準ライセンスはOctopart 経由でコンテンツを受信するのに対し、ProユーザーはIHS Markit または内部データベースからコンテンツを受信できます。

コンポーネントの正常性レポートを実行した後は、これらの各領域を調べて、どのコンポーネントをトリアージして修正する必要があるかを確認できます。上に表示のウィンドウから、一部のコンポーネントに調達情報が添付されていない(定義済み部品の選択なし)、在庫不足(在庫問題)、または廃止になるリスク(危険なライフサイクルのステータス)があることがわかります。ライブラリには重複もあり、最新のコンポーネントテンプレートを使用していないコンポーネントもあります。

コンポーネントの問題の解決

上記の問題を特定したら、各領域をクリックして、コンポーネントの問題を解決する方法を確認してください。Altium Designerのユーザーが利用できるこの新機能を使えば、設計者は新しいデザインを作成するときに電子コンポーネントデータを手動で更新する必要がなくなります。新しい設計の作成を開始する前に、 Webブラウザのコンポーネントの正常性レポート領域を定期的に確認することを推奨します。頻繁に使用されるコンポーネントがライフサイクルの終わりに近づくか、在庫がなくなる可能性があるため、設計者はこの可視性をできるだけ早く必要とします。

基板設計プロジェクトの設計、共有、および管理を行う際は、サードパーティのアプリケーションやサービスを使用せずに、Altium 365®プラットフォームを使用します。 Altium 365の電子部品データ管理機能は、 Altium Designer® のデザインツールと統合されており、セキュアな環境でデザインを簡単に作成して共有することができます。

ここでは、Altium 365とAltium Designerでできることについて、その一部を紹介したに過ぎません。より詳細な機能の説明については、製品ページまたはオンデマンドのWebセミナーをご覧ください。

筆者について

筆者について

Zachariah Petersonは、学界と産業界に広範な技術的経歴を持っています。PCB業界で働く前は、ポートランド州立大学で教鞭をとっていました。化学吸着ガスセンサーの研究で物理学修士号、ランダムレーザー理論と安定性に関する研究で応用物理学博士号を取得しました。科学研究の経歴は、ナノ粒子レーザー、電子および光電子半導体デバイス、環境システム、財務分析など多岐に渡っています。彼の研究成果は、いくつかの論文審査のある専門誌や会議議事録に掲載されています。また、さまざまな企業を対象に、PCB設計に関する技術系ブログ記事を何百も書いています。Zachariahは、PCB業界の他の企業と協力し、設計、および研究サービスを提供しています。IEEE Photonics Society、およびアメリカ物理学会の会員でもあります。

最新の記事

ホームに戻る